CPU情報

Intel Rocket Lake CPUの噂:5 GHzオールコアOC、ゲームとAVX-512パフォーマンスの大幅な向上が、B560がメモリオーバークロックを取得しつつ、Z490でホットなフルサポートを実行

更新日:

先週、Intelが正式にラインナップを発表して以来、IntelのRocket Lake CPUの噂が熱を帯び始めている。

Intelは、その第11世代Coreデスクトッププロセッサファミリー、コードネームRocket Lakeは、PCIe Gen 4.0をサポートして2021年の第1四半期に発売すると述べた。

他の詳細については言及されていないが、CES 2021に登場するのを待つ間、ITCookerやMebiuWなどのテックインサイダーからの噂は、IntelがSkylake以来のメインストリームデスクトッププラットフォームで初めてアーキテクチャを大幅にアップグレードすることに何を期待するのかを垣間見ることができる。

Intel Rocket LakeメインストリームデスクトップCPUの噂。大規模なアーキテクチャ変更、ゲーム性能の大幅な向上、8コア16スレッドで最大5GHzのオールコアOCを実現

どちらのソースも過去に信頼できる情報を投稿しており、ITCookerはAMD Ryzen 4000Gプロセッサをいち早くリークし、スペックやベンチマークなどの詳細を提供していました。

今回、ITCooker氏はIntelの第11世代Rocket Lake CPUの詳細を提供しています。

今回の詳細は、ITCookerがRocket Lakeのエンジニアリングサンプルを実行しているセットアップのスクリーンショットを投稿し、Z490マザーボード上でPCIe 4.0の機能を実演した数日後のことでもあります。

以下は、ITCookerが言及している噂の情報を簡単にまとめたもので、詳細を見ていきましょう。

  • PCI-e Gen 4.0プロトコルをサポート
  • AVX512 はより高い性能を達成することができます(しかし、それは 8 つのコアの下でも本当に熱く動作し、より高い消費電力につながります)。
  • L1キャッシュ、L2キャッシュともにサイズが大きくなっている。第10世代CoreがL1 32KB / L2 256KBなのに対し、第11世代CoreはL1 48KB / L2 512KBとなっている。
  • まとめ:第11世代Coreは14nmだが、性能に実質的な変化がある。
  • アーキテクチャによってゲーミング性能が向上している。第10世代Coreと比べるとかなり強くなっていますが、AMDが最大16コアなのに対してコア数が8コアしかないため、Cinebench R20やR15(マルチスレッド)ではAMDにはまだまだ及ばないです。
  • 全コアを5GHzまでオーバークロックで走らせるのは非常に簡単だ。
  • ハードウェア統合が必要なボードでPCIe 4.0対応のZ490マザーボードとのドロップイン対応。第11世代をオーバークロックするには、Z490のVRMで十分だ。

Intel第11世代Core "Rocket Lake "デスクトップCPU - アーキテクチャ、パフォーマンス、プラットフォームの噂

リーカーは、IntelのRocket Lake CPUがPCIe Gen 4.0プロトコルを完全にサポートすることを再び繰り返しているが、これはAMDが2019年後半からX570(Ryzen 3rd Gen)プラットフォームで提供しているもので、これは、AMDが2019年後半からX570(Ryzen 3rd Gen)プラットフォームで提供しているものである。

リーカーによると、第11世代Rocket Lakeのラインナップはまだ14nmプロセスノードに基づいていますが、主要なアーキテクチャのアップグレードがあり、我々は2015年に戻ってSkylake以来見てきた最大のものです。

アーキテクチャは、特にゲーム用にチューニングされているし、インテルは、ゲーム対通常のワークロードで大きな勝利を与えるでしょう。

ユーザーは、Intel 11th Genのラインナップが8コアと16スレッドで最大になる一方で、マルチコアパフォーマンスの性能は、各モデルあたりのコア数が増えることに加えて、より高速なSMTアーキテクチャを備えたAMDによって引き続き保持されると述べています。

前述したような変更点のいくつかは、Sunny CoveであるCypressコアアーキテクチャに、Willow CoveのDNAを少しだけ14nmに移植したものだ。CPUはL1が48KB(Skylakeの50%オーバー)、L2が512KB(Skylakeの2倍)のサイズを搭載するという。

興味深い点は、AVX-512の性能がRocket Lake CPUに大きくアップグレードされたことと、IntelがAVX-512のワークロードを中心にチューニングされた性能ベンチマークをリリースし、AMDに大きな打撃を与えるかもしれないということです。

しかし、AVX-512は、より高いパフォーマンスをネットしながら、それはまた、CPUがより熱く実行し、より多くの電力を消費する原因となり、既存のマザーボード上でハイエンドの電力供給をサポートする必要があります。

とはいえ、既存のZ490は第11世代CPUのサポートを提供するのに十分だと言われていますが、次世代の500シリーズマザーボードは、さらに優れた、より迅速な互換性を提供するでしょう。

IntelデスクトップCPUの世代比較:

Intel CPU
 ファミリー
製造
プロセス
CPUコア数
最大
TDPチップセットソケットサポート
メモリ
PCIe
サポート
発売
Sandy Bridge32nm4/835-95W6-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 2.02011
Ivy Bridge22nm4/835-77W7-SeriesLGA 1155DDR3PCIe Gen 3.02012
Haswell22nm4/835-84W8-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02013-2014
Broadwell14nm4/865-65W9-SeriesLGA 1150DDR3PCIe Gen 3.02015
Skylake14nm4/835-91W100-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02015
Kaby Lake14nm4/835-91W200-SeriesLGA 1151DDR4/DDR3LPCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm6/1235-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02017
Coffee Lake14nm8/1635-95W300-SeriesLGA 1151DDR4PCIe Gen 3.02018
Comet Lake14nm10/2035-125W400-SeriesLGA 1200DDR4PCIe Gen 3.02020
Rocket Lake14nm8/16?未確認400/500-Series?LGA 1200DDR4PCIe Gen 4.02020
Alder Lake10nm?16/32?未確認未確認LGA 1700DDR5PCIe Gen 4.0?2021
Meteor Lake7nm?未確認未確認未確認未確認DDR5PCIe Gen 4.0?2022?

インテル第11世代Core "Rocket Lake "デスクトップCPU - SKU、オーバークロックと価格の噂

オーバークロック性に関しては、第11世代Intel Rocket Lake CPUのラインナップは、全コアで5GHzのオーバークロックを提供すると予想されているが、青組はさらにブーストクロックを押し上げると予想されている。

MeibuWによると、Rocket LakeのCore i9チップは5.4-5.5 GHz(ES2 5.3 GHz)までターボできるとのことで、既存の10コアのCore i9-10900Kよりも少なくとも200 MHz高くなるという。

また、Core i9とCore i7のSKUは、8コアと16スレッドの同じコア数を共有するが、Core i7のSKUの方が低い周波数を期待できると報告されている。

Intelはまた、そのCore i5 SKUのための6コアと12スレッドを保持する可能性が高いでしょう。

価格面では、Core i7 Rocket LakeのSKUは400ドル以下と言われており、8コア16スレッドのSKUであるAMD Ryzen 9 5800Xに対して非常に競争力のある場所に置かれ、449ドルと少し高い価格で販売される予定です。

Core i5 Rocket LakeのSKUは、約250~300ドル(米国ドル)、またはAMD Ryzen 5 5600Xよりも若干低い価格で販売されます。

しかし、AMDは2021年の発売に向けてRyzen 5 5600も準備しているので、Core i5-11600Kの真のライバルになるかもしれません。

500シリーズのプラットフォームで行われる重要な変更点の1つは、B560シリーズのマザーボードにメモリのオーバークロックを追加することで、競合するB550製品よりも価値のあるものを提供する可能性があります。

繰り返すが、これらは今のところすべての噂であるが、過去にかなり正確な情報源から来ている。

Rocket Lakeの発売は2021年第1四半期に予定されており、今後数ヶ月のうちにもっと多くの情報が出てくることを期待しています。

ソース:wccftech - Intel Rocket Lake CPU Rumors: 5 GHz All Core OC, Huge Uplift in Gaming & AVX-512 Perf But Runs Hot, Full Support on Z490 While B560 Gets Memory Overclock

 

 

解説:

Rocket Lake-Sの情報がリーク

最上位SKUで全コア5.0GHz、シングルコアターボは5.4-5.5GHzへと言う驚くべき情報がリークしました。

Rocket Lakeは10%ほどのIPCが向上しているといわれていますので、SkyLakeに直すと全コア5.5GHz、シングルコアターボで6.0GHz相当になります。

AMDが頑張ってComet Lakeに追いつきましたが、またRocket Lakeで引き離されるという形になりそうです。

 

AMDのマルチコア戦略でCore-Xを潰されたIntel

元々、多コアCPU=高級モデルと言う戦略をとってきたのはIntelですが、マルチコア化が容易な構造を持つRyzenによって、デスクトップ、HEDTともに急速にマルチコア化が進み、Core-XはThreadripperとノーマルRyzenに押しつぶされる形で居場所を失ってしまいました。

これはRocket LakeのCore-X版が予定されていないことを考えれば、すぐに理解できる話だと思います。

Comet  Lakeの最大10コアからRocket Lakeは最大8コアとなかなか苦しい仕様になりました。

Core i9 /Core i7はともに8コアになり、クロックで差別化するようです。

Core i5は6コアですね。

そうしないとAMDのRyzen6/7に負けてしまいますので、いかんともしがたいところなのでしょうが、Core i7はなかなか存在感を発揮するのが難しくなりそうな仕様です。

 

Adobe Premiere Proがハードウェアエンコードに対応しましたので、主だった動画編集ソフトはほとんどハードウェアエンコードに対応し、CPUの用途からエンコードが無くなりつつあり、マルチコアの有用性が小さくなっています。

IntelはRocket Lakeのみならず、Alder Lakeも割り切って実質的に8コア16スレッドにしてしまいそうな感じです。(今のところは)

Alder Lakeも恐らくBigコアのシングルスレッド性能重視だと思います。

オマケのLittleコア8コア8スレッドは低学歴で頭の悪い人向けに無理やりくっつけたのでしょう

私も始発でPCパーツ店まで行き、6時間並んで発売日にRyzen 9 3950Xを買いました。

intel製品は低学歴で頭の悪い人は買わないはずなのですが、Intelは低学歴で頭の悪い人にも買ってほしいようです。(苦笑

Littleコアを有効にすると殆どの拡張命令が使えなくなるそうなので、Alder Lakeのウリになると思われるシングルスレッド性能にも影響を与えると思われ、本当に低学歴で頭の悪い人向けの仕様と言う感じです。

Intelの考えとは別に、急速に進んでしまったマルチコア化の波は押しとどめることは難しいでしょう。

一度手にした性能を手放すというのはなかなか難しいものがあります。

intelは長らく4コア8スレッドの製品しか出してきませんでした。

デスクトップにはマルチスレッド性能はあまり必要ないと考えていたからでしょう。

しかし、AMDがRyzenで8コア16スレッドの製品を出したとき、多くのユーザーは歓迎しました。

Intelはそう思っていなくてもユーザーの側は望んでいたと言うことになります。

8コア16スレッドまでしか意味がないと断ずるようなRocket Lake、Alder Lakeの仕様に対して、ユーザーがどのような評価を下すのか?

それが、CoreシリーズとRyzenの勝負の行方を左右することになると思います。

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.