GPU情報

RTX 3080がデスクトップでクラッシュする問題は、AIIB設計のコンデンサの選択が原因である可能性が高い

更新日:

Igor's Labは、RTX 3080の所有者のためのデスクトップの問題に最近のクラッシュの原因となる可能性があるとする興味深い調査記事を掲載しました。

一つには、Igor氏は、NVIDIA AIBのパートナーが自分たちのデザインを準備し、徹底的にテストするのに十分な時間がなかったために、発売のタイミングが通常よりもはるかにタイトだったことに言及しています。

これは、実際のゲーム/グラフィックのワークロードテスト以外に、RTX 3080グラフィックスカードの実際のテストや品質保証は、ほとんどが電源オンと電圧安定性テストに限定されていたことを意味します。

Igor氏によると、これのもう一つの理由は、実際の「リファレンスボード」PG132デザインであり、これは、パートナーがカスタムカードを構築するためのリファレンス、「ベースデザイン」として使用されている。ここで重要なのは、NVIDIAのBOM(※)は、明らかに実装されたコンデンサのパワークリーンアップとレギュレーションの点で選択肢を残しているということだ。

※ BOMとは、製造業で用いられる部品表の一形態である。製品を組み立てる時の部品の一覧と、場合によっては階層構造を表す。製品の見積もり時点から、設計、調達、製造、メンテナンスにまで利用され、多岐にわたる近年のものづくりにおいて、BOMは極めて重要である。 ウィキペディアより

ベースデザインには、電圧レール上の高周波数をフィルタリングするための6つのコンデンサ(NVVDDとMSVDD)が搭載されている。

ここに搭載されるコンデンサには、さまざまなレベルの能力を持つ数多くの選択肢があります。

POSCAP(導電性高分子タンタル固体コンデンサ)は、一般的にSP-CAP(導電性高分子アルミ電解コンデンサ)よりも品質が悪く、MLCC(積層セラミックチップコンデンサ、グループで配置しなければならない)に取って代わられています。

下の図は、NVIDIAのGA-102チップが搭載されているBGAアレイの下に採用されている回路配置で、PCB裏面の中央部に相当します。

 

 

下の画像では、NVIDIAとそれのAIBがどのようにこのレギュレータ回路を設計したかを見ることができます(NVIDIA Founders' Edition、MSI Gaming X、ZOTAC Trinity、ASUS TUF Gaming OCの順に、私たちのレビューの高解像度のティアダウンから)。

NVIDIAのFounders' Editionの設計では、4つのSP-CAPと2つのMLCCグループ10個の個々のコンデンサをそれぞれ中央に配置したハイブリッドコンデンサの配置を使用しています。

MSIは、中央に1つのMLCCグループを配置し、5つのSP-CAPが残りのクリーンアップ作業を保証しています。

ZOTACは、6つのPOSCAP設計(これは、MLCCよりも品質が悪いということを覚えている)で、最も安い方法(彼らのカードも最も安い理由の一つかもしれません)を取りました。

ASUS は、しかし、6 つの MLCC の配置で彼らの TUF を設計 - この電源回路領域で行われた節約がありませんでした。

 

デスクトップのクラッシュ問題は、これらの両方の問題に関連している可能性が高いです。

また、これは、より低い周波数 (およびこれは一般的に 2 GHz のマーク以下に滞在するためのブースト周波数につながる) でより少ないブロードバンド周波数の混合が起こっているので、50-100 MHz のアンダークロック時にいくつかのカードがクラッシュしなくなる理由も正当化されるでしょう、これは、POSCAP ソリューションがかろうじてであっても、その仕事をすることができることを意味します。

ソース:techpowerup - RTX 3080 Crash to Desktop Problems Likely Connected to AIB-Designed Capacitor Choice

 

 

解説:

RTX3080が特定のゲームで落ちる問題はAIBが選択しているパーツ(コンデンサ)の選択に問題がある?

と言う疑惑があるようです。

例ではZOTACが安めのパーツを使っているという話が上がっています。

この手のAIBによって差がつくという話は久しぶりに聞きました。

初期の製品はリファレンスデザインを踏襲するものであり、パーツの選択の余地がほとんどなかったTuringと比較すると、AIBの選択の余地がかなりあるような体制に変更になっているようです。

Ampereはメーカーによっても当たり外れがあると言うことになります。

 

※ 情報追加です。

以下のツイートが参考になりました。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥149,000 (2020/10/20 10:37:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.