GPU情報

IntelのエントリーレベルGPU「ARC Alchemist DG2-128」は、ベース35Wと最大50WのTDP制限を採用し、NVIDIAのRTX 2050に真っ向から対抗する予定

投稿日:

※ タイトルの間違いではなく、nVidiaのRTX2050はモバイル向けに設定されているモデルです。2000番台の型番がついていますが、中身はAmpereです。

 

NVIDIAが最近発表したGeForce RTX 2050は、誰も求めなかった奇妙なGPUですが、グリーンチームは本当にそれを必要としており、その理由はIntelのモバイルセグメント向け次期ARC Alchemist DG2-128グラフィックスチップにあります。

IntelとNVIDIAは、エントリーレベルノートブックセグメントでバトルアウト:ARC Alchemist DG2-128は、35W TDPを特徴とし、GeForce RTX 3050とNavi 24に挑戦します。

NVIDIAは、ディスクリートGPUセグメントにおいて、すでにIntelとの今後の競争の熱に直面しているようです。

最近発表されたGeForce RTX 2050とMX500シリーズGPUは、AMDのRembrandt APUとIntel ARC Alchemist DG2-128 GPUに対するグリーンチームの回答であるように見える。

NVIDIAは、どちらのチップの性能数値も共有していませんが、最近のリーク情報では、既存のAPUやエントリー層の製品に対して圧倒的な性能数値を示しています。

現在、Intelは、GeForce RTX 2050 4GBグラフィックスカードに対抗するために、ARC Alchemist DG2-128 GPUを温めているようです。

Moore's Law is Deadによる最新のリークでは、Xe-HPGアーキテクチャをベースにしたIntelのエントリーレベルモビリティGPUは、ベースTDP 35W&最大PL2定格50Wを特徴とすると報告されている。

Intelが、CPUの電力制限のナンバリングをGPUに持ち越したのは興味深い。

これは、RTX 2050モバイルと同様のTDP設計で30~45Wの定格を持つエントリーレベルGPUの位置づけとなる。

また、NVIDIAのGeForce RTX 2050のバスインターフェイスが64bitであることに注目してほしいが、これはAMDのNavi 24やIntelのARC 128のエントリレベルGPUの64bitバスインターフェイスと非常によく一致しています。

しかも、これらのGPUは、いずれも2022年第1四半期(春)の発売を予定しています。

NVIDIAは、エントリークラスのセグメントできちんとした市場グリップを得ようと必死なようだが、このセグメントではIntelが2番手で非常に強力な競合として登場するので、NVIDIAだけでなくAMDにとっても、状況は難しくなるかもしれません。

AMDは、APUのおかげでまだある程度の市場シェアを維持するでしょうが、しかし、Intelがより高速なXe GPUを搭載したより高速なチップを出すまでで、そこから先は厳しくなると思います。

NVIDIAがARCをかわすには、製品のポジショニングを積極的に行うか、モバイル向けチップの価格を下げるしかありません。

Intel Xe-HPG 128 EU GPU搭載 ARC Alchemist ゲーミング・グラフィックス・ラインナップ

そして最後に、Intel Xe-HPG Alchemist 128 EU(8 Xe Cores)パーツをご紹介します。

1024コアのフルファットSKUを搭載した2つの構成があり、それぞれメモリ容量が6GBと4GBの96bitと64bitバリエーションが用意されています。

96EU(768コア)、4GB GDDR6メモリを搭載し、64ビット・バス・インターフェースで提供されます。このチップは、約2.2~2.5GHzのクロックスピードと75W以下の消費電力を特徴とし、エントリーレベル・セグメント向けのコネクタレス・グラフィックスカードが登場することを意味しています。

以下は、DG2-SOC2をベースに予想されるARC 128 EUのすべてのバリエーションです:

  • 128 EU (1024 ALUs) / 6 GB @ 最大16 Gbps / 96-bit / ~75W (Desktop)
  • 128 EU (1024 ALUs) / 4 GB @ 最大16 Gbps / 64-bit / 35-30W (Mobile)
  • 96 EU (768 ALUs) / 4 GB @ 最大16 Gbps / 64-bit / ~35W (Mobile)

性能は、GeForce GTX 1650とGTX 1650 SUPERの間に収まる見込みですが、レイトレーシング機能が搭載されています。

IntelがAMDやNVIDIAに対して持ちうる大きなアドバンテージは、これらのカードによって、現世代のカードで完全に見捨てられた250ドル以下の市場に参入できるかもしれないことです。

GeForce RTX 3050 シリーズは、これまでラップトップしかリリースされておらず、RTX 3060 は 329 ドルでメインストリーム Ampere セグメントに対応していますが、RX 6600 は約 329 ドルでその主な GPU 競争相手となっています。

このGPUは、DG1 GPUベースのディスクリートSDVボードに非常に似ていますが、Alchemistは、より改善されたアーキテクチャ設計を持ち、第1世代のXe GPUアーキテクチャよりも確実に性能が向上しています。

このラインナップは、スペックから見て、間違いなくエントリーレベルのデスクトップ用ディスクリート市場に向けたものとなるだろう。

インテルARC AlchemistとNVIDIA GA106 & AMD Navi 24 GPUの比較

グラフィック
カード名
Intel
ARC A350?
NVIDIA GeForce
RTX 2050
AMD Radeon
RX 6500 XT
Intel
ARC A380?
NVIDIA GeForce
RTX 3050
GPU名ARC Alchemist
DG2-128
NVIDIA GA107AMD Navi 24ARC Alchemist
DG2-128
NVIDIA GA106
アーキテクチャーXe-HPGAmpereRDNA 2Xe-HPGAmpere
製造プロセスTSMC 6nmSamsung 8nmTSMC 7nmTSMC 6nmSamsung 8nm
ダイサイズ~155mm2不明不明~155mm2276mm2
FP32演算
コア数
8 Xe Cores16 SM Units16 Compute Units8 Xe Cores24 SM Units
FP32演算
ユニット数
10242048102410243072
メモリバス幅64-bit64-bit64-bit96-bit128-bit
メモリ容量
・種類
4 GB GDDR64 GB GDDR64 GB GDDR66 GB GDDR68 GB GDDR6
TDP35-50W30-45W~75W~75W~75W
発売時期2022Q12022Q12022Q22022Q12022Q1

ソース:wccftech - Intel’s Entry-Level ARC Alchemist DG2-128 GPUs To Feature 35W Base & 50W Max TDP Limits, Will Go Head-To-Head Against NVIDIA’s RTX 2050

 

 

 

解説:

ARC Alchemistの情報がリーク

今回はIntelのA380はモバイル向けのnvidia RTX2050に対抗するものになるだろうという話が出ています。

RTX2050は型番こそ2000番台ですが、モバイル用のAmpereになります。

nVidiaは低価格モデルは付加価値の高いモバイル向けのみとするようですね。

かなり合理的な判断だと思います。

DDR5の登場で内蔵GPUの性能が大幅に上がることが予想されるため、低価格帯のモデルの性能が上がり、今後、下位のモデルはどんどん消滅する方向でしょう。

RTX2050のような64bitバスのモデルはlovelace世代では消滅するかもしれません。

また、IntelのdGPUであるXeもその状況を後押ししています。

RTX3050も出ないかもしれないと言われてきました。

デスクトップ向けの低価格帯のモデルは付加価値が低く安値で販売することを求められるため、今後はモバイル向けにシフトしていき、DDR5が普及しきった後は消滅と言う流れだと思います。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.