GPU情報

AMD Navi 21、22、23の大規模な技術仕様がリーク - 最上位機種のNavi 21 GPUは80CUを搭載する

投稿日:

AMDの次期GPU「Navi 21」「Navi 22」「Navi 23」の技術仕様が、redditユーザーのstblr氏(Videocardz経由)によってリークされました。これは、ユーザーが苦労して正確に見えるものをまとめて管理しているリークの絶対的なマザーロードです。

この情報は、MacOに搭載されているドライバからリバースエンジニアリングされたもので、おそらく合法的なものだと思われます。

私たちはこの情報が不正確であると信じる理由がないので、これを噂としてマークすることはありません。

Navi 21: 80 CU、2.2 GHzブーストクロック、22.5 TFLOPsの演算能力

表から、Navi 21 GPU(おそらくRX 6900 XT)は80CUであることがわかります。SPに対するCUの比率が同じであると仮定すると、5120ストリームプロセッサを見ていることになります。

現在、Navi 21には、さらに2つのバリエーション、21aと21bがあり、前者は2.2GHzまでクロックアップするようだ。

これは、カードの単精度計算性能を22.5TFLOPsの堅実なものにするだろう。比較のために、NVIDIA RTX 3080の単精度計算性能は29.8 TFLOPsです。

このカードは、AMDが正しく価格を設定した場合、絶対的な勝者になる可能性があります。

電力の 22 TFLOPs は、平均的な 4k ゲーマーのための十分以上であり、何か vRAM の 16 GB は、AAA ゲームを介してそれを引き裂くことになります。

しかし、AMDはDLSSに代わるものを開発する必要がある。

Navi 22: 40 CU、2.5 GHzのブーストクロックと12.8 TFLOPsの演算能力

フラッグシップの弟分であるNavi 22 GPUは40CUとなる。

これは(同じCU対SP比と仮定して)2560個のシェーダコアとなる。

しかし、印象的なことに、我々は最終的にNavi 22で2.5GHzのGPUをメインストリームで手に入れようとしているように見える。

高いクロックレートはまた、カードは、その重量クラスとクロックの計算の大規模な12.8 TFLOPsの上に方法をパンチするのに役立ちます。

これは、Xbox シリーズ X よりもわずかに多く、4k ゲームのために十分以上であるパフォーマンスです (設定を少しだけダイヤルダウンを気にしない場合)。

32 CU (2048 コア) を持つことになります Navi 23 の現在もあります。

しかし、それ以上の情報とクロック速度の情報はありません-これはおそらくこのGPUがまだパイプラインにあることを意味します。

項目Navi 10Navi 14Navi 12Navi 21Navi 22Navi 23Navi 31
num_se2124224
num_cu_per_sh1012101010810
num_sh_per_se2222222
num_rb_per_se8884444
num_tccs168161612816
num_gprs1024102410241024102410241024
num_max_gs_thds32323232323232
gs_table_depth32323232323232
gsprim_buff_depth1792179217921792179217921792
parameter_cache_depth1024102410241024102410241024
double_offchip_lds_buffer1111111
wave_size32323232323232
max_waves_per_simd20202016161616
max_scratch_slots_per_cu32323232323232
lds_size64646464646464
num_sc_per_sh1111111
num_packer_per_sc2224444
num_gl2aN/AN/AN/A4224
unknown0N/AN/AN/A1010810
unknown1N/AN/AN/A1612816
unknown2N/AN/AN/A80403280
num_cus (computed)40244080403280
項目Navi 10 aNavi 10 bNavi 14Navi 21 aNavi 21 bNavi 22
gfxclk (MHz)300 - 1000300 - 1000300 - 1900500 - 2050500 - 2050500 - 2500
uclk (MHz)100 - 750100 - 750100 - 875577 - 1089577 - 1089577 - 1089
socket_power_limit_ac[0] (W)180180110200238170
freq_table_gfx[0] (MHz)300300300500500500
freq_table_gfx[1] (MHz)140014001900205022002500
freq_table_uclk[0] (MHz)12410010010010097
freq_table_uclk[1] (MHz)500500500500500457
freq_table_uclk[2] (MHz)625625625625625674
freq_table_uclk[3] (MHz)875750875100010001000

 

AMD APU

リーカーはまた、AMDの次期APUに関する多くの情報を公開しました:

項目RenoirCezanneVan GoghRembrandt
num_se1111
num_cu_per_sh8886
num_sh_per_se1112
num_rb_per_se2224
num_tccs4444
num_gprs25625610241024
num_max_gs_thds32323232
gs_table_depth32323232
gsprim_buff_depth1792179217921792
parameter_cache_depth10241024512256
double_offchip_lds_buffer1111
wave_size64643232
max_waves_per_simd10101616
max_scratch_slots_per_cu32323232
lds_size64646464
num_sc_per_shN/A111
num_packer_per_scN/A224
num_gl2aN/AN/A44
unknown0N/AN/A86
unknown1N/AN/A44
unknown2N/AN/A812
num_cus (computed)88812

AMDのRadeon RX 6000シリーズGPUについて、これまでに分かっていること

RX 6000シリーズに関するかなり信頼性の高いリークがいくつかあり、仕様はどうやら以下のようです。

Navi 21ベースのRadeon RX 6900 XTは16GBのvRAMを搭載し、Navi 22搭載GPU(RX 6800 XTまたはRX 6700 XTと呼ばれるかもしれません)は12GBのvRAMを搭載します。

基本的に、両層のカードはRTX 3080よりも多くのメモリを持つことになります。

GPUの種類(Navi 21/22など)とvRAMの構成は多かれ少なかれ確認されているが、AMDが何を望んでいるかによっては、命名法が若干ずれる可能性があることを覚えておいてほしい。

RX 6000シリーズのフラッグシップ:RX 6900 XT(通称ビッグナビ)は、すでに同社からデザインがいじられているデュアルスロットカード。

リファレンスデザインは、RadeonのロゴがLEDで点灯し、背面ではなく側面から空気を吹き出すようになっている。

このカードは、デュアル8ピンコネクタ、USB Type C、HDMI接続1系統、DisplayPort接続2系統を搭載する。

ファンデザインはトリプルアクシャルテックファンで、大型のアルミヒートシンクが内部のすべてを冷却している。

この冷却設計は、前世代からのステップアップであることは間違いなく、性能を損なうことなく、より低温で動作するカードを実現します。

また、リテンションブラケットと一緒にバックプレートも装備しています。

一方、AMD Radeon RX 6800/6700シリーズは、(リファレンスデザイン上では)ホワイトブラックの美学が特徴で、オリジナルに比べてややコンパクトなフォームファクタとなる。

デュアルアキシャルテックファンのデザインを採用しており、中央には大きなRロゴが、側面には同じLEDライトのRadeonロゴを配置しています。

その兄のように、それはまた、側面から熱風を吹き出すように見える。このカードは、興味深いことに、デュアル8ピンコネクタを備えていますが、AIIBはこれを8+6にトーンダウンすることを決めたかもしれません。

このGPUは、より小さいNavi 22カードを搭載し、デュアル8ピンコネクタ、USB Type C、1つのHDMI接続、2つのDisplayPort接続など、大きなNaviバリアントと全く同じ豊富なIOセットを搭載しています。

AMDのRX 6000シリーズは、2020年10月28日にハードローンチとしてデビューする。

ソース:wccftech - AMD Navi 21, 22 and 23 Massive Technical Specifications Leak – Flagship Navi 21 GPU To Have 80 CUs

 

解説:

RDNA2 Navi 2Xの仕様の詳細がさらにリーク

先日の記事で上げた私独自の表を訂正しました。

Navi21Navi22Navi23
モデルRX6900/XTRX6800/6700RX6600/6500
愛称Sienna CichlidNavy FlounderDimgrey Cavefish
製造プロセスTSMC7nm+?TSMC7nm+?TSMC7nm+?
ダイサイズ505mm2?240mm2?216mm2前後?
CU数804032
SP数512025602048
ベース/ゲーム
/ブーストクロック
不明不明不明
メモリバス幅256bit192bit128bit
メモリ容量・種類GDDR6
/16GB
GDDR6
/12GB
GDDR6
/8GB・4GB?
メモリ速度16Gbps・14Gbps?16Gbps・14Gbps?14Gbps・12Gbps?
メモリ帯域幅512・448GB/s?384・336GB/s?224・192GB/s?
レイトレーシング対応対応?不明
AMD FidelityFX
+Upscan
対応対応?対応?
価格$549?不明不明
発売時期10月28日不明不明

Navi23の32CUと言うのがびっくりです。

これだとNavi22とあまりに差が無いので、モバイル用かMac用なのでしょうか。

Navi22にも選別落ち品と言うものがあるはずで、RX5700/XTの例を念頭に考えると、選別品2560SP/選別落ち品2304SP程度になると思われます。

そう考えると、Navi23の2048SPとはSP数にほとんど差がありません。

これが両方ともデスクトップ向けと言うのは無理があるのかなと思います。

今一つの可能性を考えると、RX5600XTのようにGeforceの同グレード対策で、SP数にほとんど差が無くてもメモリの帯域で差をつけると言うことですね。

こうすることで性能を伸ばしやすくして、Geforceが対抗策のモデルを出したときに後から対応できるようにするのではないかと思っています。

RX5600XTの発売時のメモリ14Gbps対応の混乱が記憶に新しいです。

若しくはRX5500XTのように選別品をMac用に出して、選別落ち品を単体GPU向けに出すかですね。

これだと、選別品2048SPに対して選別落ち品は1920SPか1792SPでしょう。

それにしても思い切った構成だと思います。

これだと仮にNavi21/22/23が出たとしても性能的にRX5700/XT・5600XT・5500XTがNavi2Xの下に収まりますので、ラインナップがそのまま生きる可能性が出てきました。

難しいのは価格ですね。

価格的にNavi21が8万円台、Navi22が6万円台、、Navi23が5万円台でしょうか。

RX5700XTが約5万円前後ですので、このくらいが丁度よいのかなと思います。

Ampereが出る前ならば、Navi21は10万円で売っても割安感がありましたが、RTX3080が出てしまった今となっては無理でしょう。

Navi22はNavi23とあまり差がありませんので、価格に関してはかなり頑張って欲しいところです。

しかし、全体的にメモリの帯域が不足気味だと思います。

実際、Navi10と性能が近いと思われるNavi23は128bitです。

Navi10は448Gbpsなのに対し、Navi23は224Gbpsと言うのはあまりに差がありすぎるので、メモリ帯域を仮想的に広げる新しい仕組みを搭載している可能性もあるのかなと思っています。(ただし願望込み)

 

また、地味にNavi31の仕様が一部載っていますが、相変わらず256bit、80CU、5120SPなのは戴けません。

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥65,756 (2020/10/22 02:12:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥43,300 (2020/10/22 06:38:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.