GPU情報

AMD、Radeon RX 6000グラフィックスカードの発売に向けて十分なボリュームを確認

投稿日:

更新しました :Frankは供給保証をしていないと否定しています。どうやら賭けは、ペーパーローンチではないということだけだったようです。

AMDのゲーミングソリューションのチーフアーキテクトであるFrank Azor氏は、AMDのRX 6000シリーズは、発売時には誰でも十分な供給があることを確認しています。

同社はかなり前からRX 6000シリーズの発売を予告しており(直近ではFortniteのデモ)、新しいグラフィックカードは10月28日にハードローンチされると予想されています - ちょうど今から1ヶ月以上後のことです。

AMDが覆面広告する、Radeon RX 6000シリーズは10月28日に十分な供給でハードローンチ

AMDやNVIDIAのような企業が発売を発表するとき、それが単なるペーパーローンチになるか、ソフトローンチになる可能性が常にあります。

前者は、市場での入手可能性が後になってからの発表であり、後者は、限られた供給量での発売となります。

NVIDIAの場合、RTX 3080とRTX 3090のグラフィックスカードは、発売後すぐに在庫切れになってしまった。

これはTweaktownのAnthony氏も予測していたことで、私はこの記事の後半で独自のソースから詳細を確認し、追加することができます。

ツイッターのあるイライラしたユーザーが、AMDの10月28日の発表会はペーパーローンチになるのではないかと疑問に思っていると、フランクはすぐに答えた。

彼は、AMDの発売がペーパーローンチになるというユーザーの賭けに(10ドルで)喜んで応じてくれました。

フランクは信じられないほど情熱的な人物であり(彼への独占インタビューはこちらで読むことができます)、私たちはAMDの透明性とパブリックメッセージングの変化を気に入っています。

また、これは2つのことを確認するためのものでもあります。1)これはペーパーローンチではないこと、2)NVIDIAのRTX 30シリーズよりもはるかに多くの供給がユーザーに提供されることを同社は明らかに期待していること。

言い換えれば、彼らは非常に重くハードローンチをほのめかしているということです。我々はいくつかの供給のボトルネックが発生したり、物流の遅延が発生する可能性がありますが、私が読んでいるところでは、ゲーマーはかなり簡単にRadeon RX 6000シリーズのGPUに彼らの手を得ることを期待することができます心に留めておいてください。

出芽のETHマイニングカムバックが何かそれについて言うことを持っていないと仮定します。

あなたがNVIDIAで何が起こっているのかと疑問に思っている場合は、私はあなたのためにいくつかのジューシーな詳細を持っています。

NVIDIAは、実際には株主のために正しいことをしています。サムスンの8nmノードの最初のいくつかのバッチの収率は、予想よりも低く、高価である。

同社は、今後数ヶ月で歩留まり(したがって、ウェハーの価格)が大幅に改善されると予想している。株主を守るために、同社は最初の数バッチの注文には慎重になっており、それ以降のバッチについてはかなり高いボリュームの注文を出している。

我々は、大量注文がホリデーシーズン前にヒットを開始すると予想しています(再び、鉱夫はもちろんのこと、それをすべて食い尽くすことはないことを前提としています)。

これまでのところ、AMDのRadeon RX 6000シリーズGPUについてわかっていること

RX 6000シリーズに関するかなり信頼性の高いリークがいくつかあり、仕様はどうやら以下のようです。

Navi 21ベースのRadeon RX 6900 XTは16GBのvRAMを搭載し、Navi 22搭載GPU(RX 6800 XTまたはRX 6700 XTと呼ばれるかもしれません)は12GBのvRAMを搭載します。基本的に、両層のカードはRTX 3080よりも多くのメモリを持つことになります。

GPUの種類(Navi 21/22など)とvRAMの構成は多かれ少なかれ確認されているが、AMDが何を望んでいるかによっては、命名法が若干ずれる可能性があることを覚えておいてほしい。

RX 6000シリーズのフラッグシップ:RX 6900 XT(通称ビッグナビ)は、すでに同社からデザインがいじられているデュアルスロットカード。

リファレンスデザインは、RadeonのロゴがLEDで点灯し、背面ではなく側面から空気を吹き出すようになっている。

このカードは、デュアル8ピンコネクタ、USB Type C、HDMI接続1系統、DisplayPort接続2系統を搭載する。ファンデザインはトリプルアクシャルテックファンで、大型のアルミヒートシンクが内部のすべてを冷却している。

この冷却設計は、前世代からのステップアップであることは間違いなく、性能を損なうことなく、より低温で動作するカードを実現します。また、リテンションブラケットと一緒にバックプレートも装備しています。

一方、AMD Radeon RX 6800/6700シリーズは、(リファレンスデザイン上では)ホワイトブラックの美学が特徴で、オリジナルに比べてややコンパクトなフォームファクタとなる。

デュアルアキシャルテックファンのデザインを採用しており、中央には大きなRロゴが、側面には同じLEDライトのRadeonロゴを配置しています。

その兄のように、それはまた、側面から熱風を吹き出すように見える。

このカードは、興味深いことに、デュアル8ピンコネクタを備えていますが、AIIBはこれを8+6にトーンダウンすることを決めたかもしれません。

このGPUは、より小さいNavi 22カードを搭載し、デュアル8ピンコネクタ、USB Type C、1つのHDMI接続、2つのDisplayPort接続など、大きなNaviバリアントと全く同じ豊富なIOセットを搭載しています。AMDのRX 6000シリーズは、2020年10月28日にハードローンチとしてデビューする。

ソース:wccftech - AMD Confirms Volume For Radeon RX 6000 Graphics Card Launch

 

 

解説:

品薄のGeforceを煽るAMD

RX6900が10月28日に発売されることが決定しました。

今までは発表(ペーパーローンチ)か発売(ハードローンチ)か不明ですが、少なくともこの日にRX6900系は発売(ハードローンチ)されることが決定しました。

欲しがっているユーザーに対して十分な量が供給できない場合、ここでライバル製品があると機会損失が発生する可能性があります。

今はRTX3000シリーズが欲しくても買えないユーザーがあふれているので、AMDにとっては非常に重要な商機でしょう。

AMDはRTX3000シリーズよりも多くの、十分な製品を出荷するとしています。

最上位であるRX6900XTはRTX3070とほぼ同等の性能を持っていると思われます。

ここでRTX3070を買い逃したユーザーが大量に発生した場合、一部はAMDに流れてくるかもしれません。

そうはいってもGeforceでなければならないユーザーと言うのはそれなりの数いると思われますので、どのくらいの数がAMDに流れるのかわかりません。

しかし、圧倒的な性能を誇るAmpereに対して需要と供給のバランスという唯一勝っている点で、唯一無二、最大のチャンスが巡ってきているのは間違いありません。

丁度時期がクリスマス商戦であることもあって、ここはかなり気合を入れて、十分な量の製品を流して欲しいところです。

 

RX5700系の発売を例に考えると5120SPのRX6900XTと約4608(-10%)SPのRX6900無印が同時に発売される可能性が高いです。

理由はRX6900XTがフルシリコンの選別品だとすると、一定の数選別落ち品も出るからです。

ならば、同時に発売したほうが合理的でしょう。

RX6800/6700と言ったNavi22を使った製品も同時に発売されるかどうか迄はわかりませんが、RTX3070の一時出荷分が売り切れ、もう年内は手に入らないのではないというタイミングでの発売になります。

そのため、一定数はRadeonに流れるのではないかと思います。

また、Navi10はPolarisやVegaと違って非常に素晴らしいゲーム性能を誇り、同価格帯のGeforceと比較しても孫色はありません。

この発表イコール発売の電撃作戦は、欲しくてたまらない人たちの物欲を刺激する、近年のパッとしないAMDのRadeonにあっては異例なまでに優れたマーケティング手法だと思います。

時期も絶妙です。

これを狙ってやっているのであれば、Frank Azorさんはただものではないとしか言いようがないです。

 

nVidiaが下手にこの手法に反応しようものなら、ユーザーからは「いいからお前はちゃんと製品を市場に流せ」と反発を食らうこと必至です。

※ でもnVidiaはパラノイアなのでRTX3080 20GBやRTX3070 16GBを用意しているといわれています。

Radeonが十分に買える量を供給してくれれば、nVidiaの「歩留まりが上がるまで供給を絞る」と宣う間違った販売方法も改まるかもしれません。

nVidiaは最善の努力をしているとアナウンスしていますが、努力は一応していると思いますが、「最善」かどうかは疑わしいところです。(笑

 

更新の内容について:どうも十分な量を確保できるとは保証できないようですね。(笑

まあ、それは難しいので仕方ないのかなと言う感じです。

一例としてシェアを倍にするにはローンチ時にはそれまでの倍以上の製品を用意する必要があります。

しかし、小売店は倍の量は仕入れてくれないでしょう。客からオーダーがあれば追加でオーダーが入るでしょうが、機会損失を無くすにはあらかじめ用意しなくていけません。

倍や三倍の量を生産して、倉庫にストックしておくというのはAIBからの理解は得られないでしょう。

ですので、前年比2倍や3倍の結果を出すというのはよほどのことがない限り難しいと言うことです。

ローンチ時の需要を満たして、さらに少し余るくらいが理想だと思いますが、それには需要を先読みできる超人的な能力が必要になります。

メーカーは製品が余ることを何よりも恐れていますので、常に少ない量しか供給されません。

それが品不足になる原因の一つです。

もしこの問題が解決できるマーケティング担当がいたら天才ですね。(笑

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

MSI GeForce RTX 3090 GAMING X TRIO 24G

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥145,000 (2020/10/21 10:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.