CPU情報

Intel Core i5-10400 6コアCPUの写真、NDA情報のリーク

投稿日:

Uniko’s Hardwareには、今後登場するIntel Comet Lake-Sプロセッサの非エンジニアリングサンプルの最初の写真があります。

Intel Core i5-10400

インテルのComet Lake-Sはすぐそこにあります。

インテルは、メインストリームセグメント向けに10コアCPUを初めて発売します。

Core i5シリーズは、最大6個のコアと12個のスレッドを備えています。

下のプロセッサの画像は、シングルスレッドアプリケーション用に最大4.3 GHz、すべてのコアがアクティブな場合に最大4.0 GHzでクロックされる6コアと12スレッドを備えたCore i5-10400です。

Coffee Lake-RのCore i5-9400と比較して、後継製品ではハイパースレッディングが有効になっているため、スレッド数が2倍になりました。

非Kシリーズは65W TDPですが、KおよびKFモデルは公式に125Wになります。

この値は明らかに高くなると予想されるため、実際の消費電力とは等しくなりません。

Intel第10世代Core-S Comet Lake Sシリーズ(2月20日)

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ターボ
Max Turbo 3.0全コア
ターボ
Thermal
Velocity
Boost
TDP
i9-10900K 10C/20T 3.7 GHz 5.1 GHz 5.2 GHz 4.8 GHz 5.3/4.9 GHz 125W
i9-10900KF 10C/20T 3.7 GHz 5.1 GHz 5.2 GHz 4.8 GHz 5.3/4.9 GHz 125W
i9-10900 10C/20T 2.8 GHz 5.0 GHz 5.1 GHz 4.5 GHz 5.2/4.6 GHz 65W
i9-10900F 10C/20T 2.8 GHz 5.0 GHz 5.1 GHz 4.5 GHz 5.2/4.6 GHz 65W
i7-10700K 8C/16T 3.8 GHz 5.0 GHz 5.1 GHz 4.7 GHz無し 125W
i7-10700KF 8C/16T 3.8 GHz 5.0 GHz 5.1 GHz 4.7 GHz無し 125W
i7-10700 8C/16T 2.9 GHz 4.7 GHz 4.8 GHz 4.6 GHz無し 65W
i7-10700F 8C/16T 2.9 GHz 4.7 GHz 4.8 GHz 4.6 GHz無し 65W
i5-10600K 6C/12T 4.1 GHz 4.8 GHz無し 4.5 GHz無し 125W
i5-10600KF 6C/12T 4.1 GHz 4.8 GHz無し 4.5 GHz無し 125W
i5-10600 6C/12T 3.3 GHz 4.8 GHz無し 4.4 GHz無し 65W
i5-10500 6C/12T 3.1 GHz 4.5 GHz無し 4.2 GHz無し 65W
i5-10400 6C/12T 2.9 GHz 4.3 GHz無し 4.0 GHz無し 65W
i5-10400F 6C/12T 2.9 GHz 4.3 GHz無し 4.0 GHz無し 65W
i3-10320 4C/8T 3.8 GHz 4.6 GHz無し 4.4 GHz無し 65W
i3-10300 4C/8T 3.7 GHz 4.4 GHz無し 4.2 GHz無し 65W
i3-10100 4C/8T 3.6 GHz 4.3 GHz無し 4.1 GHz無し 65W

※ 末尾Kはロック解除(OC可能)モデル、末尾Fは内蔵GPU無しモデル

 

Intel 10th Gen Coreシリーズは4月中か?

このサイトはまた、今後のシリーズの発売時期に関する最初のNDA情報をリークしました。

公開されたスライドには、導入日が設定されていないため、暫定的な禁輸情報が含まれているようです。

代わりに、5週間の導入期間が与えられます。これは4月13日に始まり、6月26日に終了します。つまり、新しいシリーズは来四半期に予定されています。

ソース:Videocardz.com - Intel Core i5-10400 6-core CPU pictured, NDA information leaked

 

解説:

いよいよ第10世代コアが4月に発売か?

第10世代コアのCore i5の写真とNDA情報の一部がリークしました。

それによると、発売はやはり4月(以降?)になるようです。

すでに当初予定(本来の予定はおそらく、2019年中だったと思われるが・・・)の2020年Q1から後ろにずれており、これ以上ずれるとRocket Lake-Sにも影響が出るので4月中に発売してほしいところです。

自作市場ではAMDのRyzen3000シリーズが圧倒的高評価を得る中、Comet Lake-Sを購入される方はたぶん相当のIntelファンだと思います。

もはやRyzen 9 3950Xにすら負けて大きく価値を落としたLGA2066を購入するよりはこちらを買ったほうが良いと私は思います。

ただ、今回のマザーボードは次のRocket Lake-Sも使えるといわれていますので、前評判がさんざんのComet Lake-Sはコスト的にはお得なモデルといってもよいでしょう。

噂のThermal Velocity Boostですが、こちらについては大きめのケースと余裕のある電源、360mmラジエーターの簡易水冷以上の冷却システムがないと本領を発揮できないものと思います。

Intelの10コア製品が欲しいという方は、定格運用や、i9-10900を購入するのもよいのではないでしょうか。

一方、Core i5/i7やRyzen5/7などのミドルレンジ製品の購入を検討されている方にとっては正直どっちでもよいのかなと思います。

コア数/スレッド数はIntel、AMDともに変わりません。

どちらでも好きなほうを選んでよいのではないかと思います。

このクラスの製品を求める方は無理にNVMe Gen4 SSDを求めないでしょう。

であれば、どちらもほとんど変わらないということになります。

プラットフォームが共通といわれているRocket Lake-Sは8コアまでになるといわれており、わたくしはシングルスレッド性能が大幅に向上するのではないかと推測しています。

シングルスレッド性能重視、ミドルレンジ帯までならIntel

マルチコア性能重視、ハイエンド狙いならAMDという感じでしょうか。

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.