GPU情報

疑わしいAMD次世代フラッグシップナビ「Radeon RX」GPU仕様のリーク-5120コア、24 GB HBM2eメモリ、2TB/s帯域幅

投稿日:

AMDの次世代「Radeon RX」Navi GPUアーキテクチャに基づいているとされる未発表のGPUが、SK Hynixに情報源があり、この新しい2020フラッグシップデザインの仕様を記載した情報シートを提供したと主張するTwitterユーザーCyberPunkCatによってリークされました

AMDの次世代フラッグシップ「Big Navi」GPUがリークしたとされる-80 CU、5120コア、24 GB HBM2Eメモリ、2TB/s帯域幅

AMDは、2020年にAMDが次世代7nm+ NaviとRadeon RXグラフィックスカードの7nmリフレッシュ・ラインアップの両方をすでに約束していることを以前のレポートから知っています。

7nmリフレッシュ・ラインアップは既存のグラフィックスカードをより細かく調整されたデザインに置き換えるものであり、マニアは待望の「Big Navi」チップを搭載する予定の7nm+ GPUのラインアップを本当に楽しみにしています。

Q:リサ、PCおよびデータセンター向けに、2020年の残りの期間に発売する新しいGPUのアイデアを教えてください。

LS:はい。 2019年に、GPUで新しいアーキテクチャを開始しました。

これはRDNAアーキテクチャであり、それはNaviベースの製品でした。

これらは2020年に更新されることを期待する必要があります-そして、2020年のラインナップの一部となる次世代のRDNAアーキテクチャがあります。

ですから、私たちはそれについて非常に興奮しており、フィナンシャル・アナリスト・デイ(投資家向け説明会)にそれについてさらに話します。

データセンターのGPU側では、今年後半にいくつかの新製品が登場することを期待する必要があります。

Big Navi Radeon RX GPUの重要な機能の1つは、RyzenがCPUセグメント全体を破壊したのと同様に、4Kゲームセグメントを破壊することです。

これらはAMDによるいくつかの大胆な主張ですが、もしこれらのリークされた仕様が通り抜けなければならないなら、これらの主張はそれほどフェッチされないかもしれません。

「Radeon 5000シリーズでは、今日のPCゲーマー全体の90%を実質的にカバーしています」とChandrasekhar氏は言います。

「それが、4Kが現在ない理由です。それは、それらの大部分が1440pと1080pであるためです。」

「それは、4K対応GPUが登場しないという意味ではありません。今後も登場しますが、ここでは、大部分のゲーマーに焦点を当てたいと考えています。」

「Ryzenに似ています」と彼は言います。「私たち全員が繁栄するRadeon GPUエコシステムを必要としています。それでは、4Kを追いかけて、同様に4Kを混乱させるのでしょうか? 絶対に、あなたはそれに頼ることができます。しかし、それは私が今言うことができるすべてです。」

-PCGamesN

 

AMDのBig Navi「Radeon RX」マニアGPUの疑わしい仕様

 

美味しい部分を話すと、仕様はSK Hynixに特別に提供されたドキュメントでリークしました。

このドキュメントがどれだけ正当であるかは言えませんが、一見するとかなり信頼できるように見え、仕様はもっともらしいようです。

ドキュメントには、コード名「D32310 / 15」の特定のGPU構成が記載されています。

これがNaviなのか他の何かなのかを知る方法はありませんが、これについては少し後で説明します。

発生する最初の質問は、これが実際にAMD GPUであることをどのように知るかです。

最近のレポートを見ると、今月、同様のコードネームを持つAMD GPUがRRA認定に合格しました。

私の同僚が収集した証拠に基づいて、それは確かに新しい旗艦のNavi GPUのように見え、今日リリースされたAMDのすべてのRadeon RXゲーミンググラフィックスカードよりも高速になる可能性があります。

驚いたことに、このドキュメントには完全なGPUおよびメモリ構成が記載されています。

GPU自体については、80個のコンピューティングユニットに詰められた5120個のストリームプロセッサを検討しています。

GPUは、合計320のTMUと96のROPで構成されています。

チップ上のL2キャッシュサイズも12MBの巨大です。

これは、NVIDIAの主力製品であるTesla V100 GPUとTitan RTXの2倍のキャッシュです。

また、Navi 10 GPUベースのAMD独自のRadeon RX 5700 XTの3倍のキャッシュサイズです。

この部分のクロックは記載されていませんが、メモリ構成がリストされています。

メモリに関しては、24 GBの高性能HBM2eを検討しています。

GPUは4096ビットのバスインターフェイスを備え、伝えられるところによれば最大2テラバイト/秒に相当する帯域幅を備えています。

新しいHBM2e規格は、NVIDIAとAMDの両方からの新しいHPCパーツの到着が予想されているため、SK HynixとSamsungの両方が今年生産を加速してしばらく前に発表されました。

興味深いことに、このリークが真実を保持している場合、AMDはフラッグシップゲーミンググラフィックカードでHBM2デザインに戻っているようです。

 

AMD Next-Gen Radeon RX「Big Navi」GPUが主張する仕様:

グラフィック
カード
AMD 'Big Navi'
Graphics Card
Radeon
RX 5700 XT
50th Anniversary
Radeon
RX 5700 XT
Radeon
RX 5700
Radeon
RX 5600 XT
Radeon
RX 5500 XT
GPU
アーキ
テクチャー
7nm+ Navi
(RDNA
2nd Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
ストリーム
プロセッサー
5120 SPs2560 SPs2560 SPs2304 SPs2304 SPs1408 SPs
TMUs / ROPs320 / 96160 / 64160 / 64144 / 64144 / 6488 / 32
ベース
クロック
不明1680 MHz1605 MHz1465 MHzTBD1670 MHz
ブースト
クロック
不明1980 MHz1905 MHz1725 MHzTBD1845 MHz
ゲーム
クロック
不明1830 MHz1755 MHz1625 MHzTBD1717 MHz
演算性能18-20
TFLOPS
10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPsTBD5.19 TFLOPs
メモリ容量
種類
24 GB
HBM2e
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
6 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
メモリ
バス幅
4096-bit256-bit256-bit256-bit192-bit128-bit
メモリ
帯域幅
2TB/s448 GB/s448 GB/s448 GB/s288 GB/s224 GB/s
TBP~275W235W225W180W~150W130W
価格
(米ドル)
不明$449 US$399 US$349 US$279
-$299 US?
$169 US
(4 GB)
$199 US
(8 GB)
発売不明4365343653436532020年1月?43745

最近、AMDはNaviポートフォリオ全体でGDDR6に切り替えましたが、HBM2設計を採用したRadeon VII以降、AMDのラインにはハイエンドグラフィックスカードはありません。

Radeon R9 Furyシリーズ以降のすべてのAMDフラッグシップがHBM/2メモリを搭載していることに留意してください。

フラッグシップモデルのNaviが同じことをするのも驚くことではありません。

ただし、ここで考慮しなければならないことがいくつかあります。

12-hiスタックでは24 GB 4096ビットが可能ですが、AMDは、2019年8月に12-hiスタックを使用する際にいくつかの設計上の障害を明らかにしたため、計画を変更し、HBM2eが提供しなければならない限界に向かっている可能性があります。

 

ベンダーはHBMを最大12段までスタックできますが、AMDのMacriは、すべてのベンダーが8段までスタックすることを信じています。

「スタックを上昇させると、容量と抵抗の制限があります。 周波数を高く保つためにビアの別のスタックを追加する場所にヒットするポイントがあります。

それはデザインの余分な領域を作成します。 密度コストのバランスを維持しようとしています」と彼は言いました。

セミエンジニアリング経由

ちょうど指摘するために、SK Hynixは確かに4 Gb/s HBM2eスタックを持ち、TwitterユーザーHans De Vriesによるリークへの返信で述べられているように、先週ISSCC-2020で展示しました。

翻訳

本当ならBig Naviになります。 Hynixは先週、ISSCC-2020で4Gb/s HBM2eスタックを示しました。

ダイスタックの場合は512 GB/秒で、この場合は3になります。

サムスンは、さらに高速な5Gb/s HBM2e(640GB/s)と8.5Gb/s LPDDR5 sdramを発表しました。

これは、NVIDIAがPascal向けの最高のGDDR5Xチップと、Turingラインナップ向けの最高のGDDR6チップを調達した方法と同様ですが、これはメモリメーカーに近しい仲であるためです。

HBM開発の主要パートナーの1つであるAMDは、同様のことを行い、自社の次世代フラッグシップ・ゲームGPU向けに最高のHBM2eダイを外部委託できます。

結論として、これらすべては完全にもっともらしいように見えますが、最終的には主力のNavi Radeon RX製品を非常に高価なグラフィックカードにすることになります。

私たちは、最近の愛好家向けのグラフィックスカードのほとんどの標準である、999ドルに近い価格について話しているかもしれません。

非常に初期のベンチマークおよびさまざまなレポートでは、未発表のRadeon RX GPUがRTX 2080 Tiよりも最大17%高速であり、主要なNavi製品のRadeon RX 5700 XTに比べて最大2倍のパフォーマンスの向上が見られています。

ただし、2020年にはAMDとNVIDIAの両方がGPUパフォーマンスの限界を押し広げ、次世代グラフィックスカードの最新ラインでこれまで見たものとは異なり、グラフィカルコンピューティングと演算能力の新しいレベルをもたらします。

ソース:wccftech - Alleged AMD Next-Gen Flagship Navi ‘Radeon RX’ GPU Specifications Leaked – 5120 Cores, 24 GB HBM2e Memory, 2 TB/s Bandwidth

 

解説:

最近は疑わしいリークが多いですが、Big Naviのうさん臭い仕様がまたリークしました。

5120SP、24GBのHBM2eメモリを搭載し、18~20TFLOPSの性能を誇るというものです。

疑わしいとされている部分はHBM2eメモリの仕様で、24GBという容量は仕様上あり得ないというか技術的困難が伴うとされています。

実際これがあり得るかあり得ないかでいえば、他の部分が妙に真実味がある仕様なので判断が付きません。

ただ、アーキテクチャーが進化してRX5700XTの倍の5120SPで18-20TFLOPSというのはちょっと低いかなと思います。

※ ちなみにGeforce RTX 2080 Tiは13.8TFLOPSです。

先日のAmpereの仕様よりは真実味があるのかなと思いますが、あくまでも参考程度にしておいたほうがよさそうです。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,984 (2020/10/01 01:55:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/10/01 06:02:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.