GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Edition "Ada Lovelace" グラフィックスカード 開封&ファーストインプレッション

投稿日:

発売まであと1週間となったNVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionグラフィックスカードのファーストルックをお届けしたいと思います。

NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionグラフィックスカードの開封プラスファーストインプレッション

NVIDIAは、GeForce RTX 4090 GPU(またはBFGPU)のFounders Editionを私たちを含む複数のプレス関係者に送りました。

Founders Editionのグラフィックカードは、私たちがレビューのために準備した巨大なカスタムモデルのラインナップと一緒に存在することになります。

しかし、今日、私たちが提供できるのは、これらのカードの箱の開封とファーストルックのみです。

NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionは、絶対的なマンモスのようなデザインです。

より重く、また、ヒートシンクにいくつかの最適化が施されており、その中に座っているAda Lovelace GPUが涼しく、静かに動作するようになっています。

NVIDIA GeForce RTX 4090 "Ada Lovelace" Founders Edition グラフィックスカード開封の儀

それでは早速、この巨大なグラフィックカードを開封し、まずは梱包から見ていきましょう。

NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionは、重さ約6Kgの直方体の大きな箱に入っている。

箱全体はマットブラックで、左上にNVIDIAのロゴ、その下にGeForce RTX 4090のロゴがあるのが特徴だ。

箱を縦にめくると、Xbox Series Xのゲーム機に似ていることがわかり、高さも同じです。

側面にはFounders Editionのクーラーの輪郭が描かれています。

箱を縦にめくると、Xbox Series Xのゲーム機に似ていることがわかり、高さも同じです。側面にはFounders Editionのクーラーの輪郭が描かれています。

箱の上部と下部は2つの独立した仕切りとなっています。上部が開き、最終的には長方形のようになります。

パッケージの中央には、NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionグラフィックスカードが配置されており、このパッケージデザインにおけるNVIDIAのクリエイティブな試みを見ることができます。

箱を開けると、いよいよNVIDIA GeForce RTX 4090グラフィックスカードが目に飛び込んできますが、相変わらず壮観な姿をしています。

このカードは一見、RTX 3090 Ti Founders Editionと同じデザインに見えますが、少しアップデートされたバージョンなので、これから説明します。

カードの下には蓋があり、引っ張ると簡単にもう一つ別のパッケージが出てくる仕組みになっています。

16ピン(12VHPWR)コネクタを推測された方は、正解です。これはNVIDIAブランドのアダプターで、16ピン1個から8ピン4個のコネクターが付属しています。これは、チップに最大600ワットの電力を供給するための定格です。

以下は、16ピンコネクタの外観です。

すでにいくつかの記事で見聞きしているかもしれませんが、コネクタには12本の標準的なピンと4本の小さなピンがあることに注意してください。

箱から出して、ようやくAda Lovelaceの補助電源機構をよりよく理解し始めることができます

NVIDIA GeForce RTX 4090 "Ada Lovelace" Founders Edition グラフィックスカード クローズアップ

NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionは、真のBFGPUです。

あなたのPCの中でかなりのスペースを占める、大きな塊のカードです。

NVIDIA GeForce RTX 4090 "Ada Lovelace" Founders Edition グラフィックスカード クローズアップ

NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Editionは、真のBFGPUです。あなたのPCの中でかなりのスペースを占める、大きな塊のカードです。

シュラウドの底面には、メインヒートシンクを覆う3枚のプラスチックパネルが見えますが、一番大きなパネルには「RTX 4090」のブランドロゴが描かれています。

カードの裏面は、大きなアルミダイキャストのパーツで囲まれており、中央で「X」の形をしています。

このカードは、2軸フロースルー設計を採用しています。このデザインは、シュラウドの異なる面(前面と背面)に、互いに直交するように配置された2つのファンを組み込んでいます。

底面のファンで、バックプレートのアルミフィンから空気を押し出す。

見ての通り、カードはデザイン的に超厚く、この厚みはすべてシュラウド内を通る巨大なアルミフィンとヒートパイプを保持するためにあるのです。

LEDを搭載したカードには、素敵な「GeForce RTX」ロゴを見つけることができます。

同様のLEDは、背面のシュラウド内でも見つけることができます。

カードに同梱されている前述の12VHPWRプラグを使用する16ピンの電源コネクタが1つ付属しています。

新しいFounders Editionクーラーは、10%大きいファンサイズと10%大きいフィン容積を備えています。

これはすべて、カードが超冷却され、超静音で動作するのを助けるためです。

今回も、新しいフォントスタイルのRTX 4090のロゴを目にすることができます。

これは、すべてのRTX 40シリーズのカードに適用されます。

NVIDIAは、そのアルミフレームの余白を取り、角を削って、より大きなファンを搭載するためのスペースを確保しました。

カード前面にはアルミ製のヒートシンクがあります。この大きなヒートシンクブロックは、カードの動作を維持するために本格的な冷却が行われていることを表している。

シュラウド前面の4本のアルミアームの1本には、「RTX 4090」のロゴがきれいに刻まれているんですよ。

最後に、このカードはPC上で動作させたときに非常に高級感があり、非常に素晴らしいということだけをお伝えします。

現時点では、温度、騒音、電力、性能の数値について話すことはできませんが、それらもすぐに提供されることになるでしょう。

また、現在用意されている数種類のカスタムモデルについても少し紹介したいと思います

レビューの日には少なくとも4つのカスタムモデルを用意する予定ですが、今はこの2つを楽しんでください。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

NVIDIA GeForce RTX 4090「公式」スペック - 1599ドルの米国価格

NVIDIA GeForce RTX 4090は、144個のSMのうち128個のSMを使用し、合計16,384個のCUDAコアを搭載する予定だ。

96MBのL2キャッシュを搭載し、合計512個のTMUと176個のROPを持つ、まさに正気の沙汰とは思えないGPUが登場する。

クロックは、TSMC 4Nプロセスを使用していることを考慮し、ベース2230MHz、ブースト2520MHzとされています。

NVIDIAは、オーバークロックで3GHz以上の速度を実現すると主張していますが、これについては、こちらで詳しく説明しています。

このカードは、出荷時に最大83 TFLOPsのFP32馬力を提供することができます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで開きます。

 

メモリのスペックとしては、GeForce RTX 4090は24GBのGDDR6X容量を搭載し、384bitバスインターフェイスで21Gbpsの速度で動作するクロックとなる。これにより、最大で1TB/sの帯域幅を実現します。

これは既存のRTX 3090 Tiグラフィックスカードと同じ帯域幅で、消費電力に関しては、TBPは450Wとされている。

カードは、最大600Wの電力を供給する16ピンコネクタ1個で駆動する予定です。

カスタムモデルでは、より高いTBPのターゲットが提供される予定です。

NVIDIA GeForce RTX 4090 GPUは、NVIDIAとカスタムカードパートナーのデザインが一般公開される10月12日に正式発売されます。

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ公式スペック:

グラフィック
カード名
NVIDIA GeForce
RTX 4090
NVIDIA GeForce
RTX 4080 16G
NVIDIA GeForce
RTX 4080 12G
NVIDIA GeForce
RTX 3090 Ti
GPU名Ada Lovelace AD102-300Ada Lovelace AD103-300Ada Lovelace AD104-400Ampere GA102-225
製造プロセスTSMC 4NTSMC 4NTSMC 4NSamsung 8nm
ダイサイズ608mm2378.6mm2294.5mm2628.4mm2
トランジスタ数760億459億358億280億
CUDAコア数16,3849,7287,68010,240
TMU数 /
ROP数
512 / 176320 / 112240 / 80320 / 112
Tensor /
RT コア数
512 / 128304 / 76240 / 60320 / 80
ベースクロック2230 MHz2210 MHz2310 MHz1365 MHz
ブーストクロック2520 MHz2510 MHz2610 MHz1665 MHz
FP32 Compute83 TFLOPs49 TFLOPs40 TFLOPs40 TFLOPs
RT TFLOPs191 TFLOPs113 TFLOPs82 TFLOPs78 TFLOPs
Tensor-TOPs1321 TOPs780 TOPs641 TOPs320 TOPs
メモリ要領24 GB GDDR6X16 GB GDDR6X12 GB GDDR6X12 GB GDDR6X
メモリバス幅384-bit256-bit192-bit384-bit
メモリ速度21.0 Gbps23.0 Gbps21.0 Gbps19 Gbps
メモリ帯域幅1008 GB/s736 GB/s504 GB/s912 Gbps
TBP450W320W285W350W
価格 (希望小売
価格 / FE版)
$1599 US$1199 US$899 US$1199
発売時期2022/10/122022/112022/112022/03/29

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 4090 Founders Edition “Ada Lovelace” Graphics Cards Unboxing & First Impressions

 

 

 

解説:

RTX4090FE、開封の儀

いやあ、いいですねえ。

事前にRTX4090が手に入る環境と言うのを私も手に入れてみたいものです。

言葉はもういらないでしょう。

nVidiaが公式で出しているリファレンス版「Founder's Edition」の開封の儀です。

FE版は3スロットのようで、巨大ではありますが、ちゃんと3.2スロットなどではなく、3スロットにキッチリ収まるサイズになっているようですね。

RTX4090は私はもう無理ですかね。

今世代からASKが代理店としてFE版を販売するということなので、国内にもいくらか流通するものと思います。

実際にどのくらいの数が流通するのかは不明です。

日本人はブランド大好きですから、一定の人気を得る可能性はあるんじゃないでしょうか。

というわけで、RTX4090を購入される方はなかなか参考になると思います。

 

 

ここからはちょっとRTX4080以下への感想。

コメントで意見をもらって気が付いたのですが、RTX4070とされていたものが、RTX4080 12GB版として売られるようですね。

と言うことはRTX4070はAD104のカットダウン版と言うことになり、GA104とほとんど変わらないCUDAコア数となり、クロックが上がって分の性能がアドバンテージになるという考え方でよいのかなと思います。

Ada Lovelace世代は何かちょっと渋いなと言う感じがします。

もちろんRTコアとTensorコアはバージョンアップされていますので(エードウェアエンコーダーも?)その分は丸々アドバンテージになるわけですが、そこに納得できるかできないかでお得感が違ってくる可能性はありますね。

Ampere世代ではRTX3060までが冷遇されていましたが、Ada Lovelace世代ではそれがRTX4070にまで広がりそうな気配です。

ぜひともRadeonやARCにはこの辺で差をつけてシェアを伸ばしていってほしいです。

GTX1060はラインナップ中最もワッパとコスパが優れていたので大ヒットしました。

ARCはまだラインナップがそろってないので判断できかねますが、少なくともRadeonに関してはRDNA2世代で言えばRX6600/XT(の後継版)をバーゲン価格で出せば一定のシェアは取れるのではないかと思います。

不思議なことにSteam調査ではまた7%前後のシェアをGTX1060が占めています。

この層を買い替えさせるのは圧倒的にお得なモデルを設定するしかないのかなと思います。

 

 

 

 

 

nVidia RTX4090(Amazon検索リンク)

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥92,180 (2022/11/26 05:02:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/11/26 05:15:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/11/26 05:30:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.