CPU情報

Intel Z490マザーボードは5月までに発表されます

投稿日:

さて、IntelのAIBの1つから、同社が5月にZ490マザーボードを発表する準備をしていると聞きました。

明確にするために、これは5月にあなたが彼らに手を触れることができることを意味しないかもしれません、ちょうど彼らがこの時間の間に発表されるというだけです。

IntelのZ490マザーボードは、改良されたVRMソリューションを搭載する予定であり、先行モデルよりもわずかに高価になります(約3%を考えてください)。

独占:第10世代Comet Lake-S(14nm)向けのIntel Z490マザーボードは、改善されたVRMを搭載し、5月までに発表されます。

IntelのZ490シリーズマザーボードには、同時期に発売予定の同社の新しい14nmベースのComet Lake Sラインアップが搭載されます。

しかし、インテルは今年後半に10nmプロセッサーを発売する予定であり、この特定のシリーズの供給ロジスティックスがAIBにとって問題になると予想されているため、ここで事態が複雑になります。

Comet Lake用の新しいLGA 1200パッケージとソケットの詳細:

  • Comet Lakeは、より高いピン数のパッケージに移行します
  • Comet Lake LGAには、レガシープラットフォームとの下位互換性はありません
  • ILMの寸法や熱ソリューションの保持に変更はありません
  • Comet Lake LGAは、電力供給を改善し、将来のインクリメンタルI/O機能をサポートします
  • ピン1の向きは同じままですが、ソケットキーイングは左にシフトしています

以前のリークは、Intelが5月までに導入される400シリーズのボードを備えた新しいソケットに実際に移行していることを示しています。

LGA 1200ソケットの寸法はLGA 1151ソケット(37.5mm x 37.5mm)と同じですが、ソケットのキーイングが左側に移動し、Comet LakeはCoffee Lakeマザーボードと電気的または機械的に互換性がなくなりました。

 

要約(リーク):インテルの第10世代Comet Lake-Sファミリーについてこれまでにわかっていること

以下は、第10世代のComet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • パフォーマンスを強化する最大10個のCPUコア
  • 最大30のPCH-H高速I/Oレーンによりポートの柔軟性が向上
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi/BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig+)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel Core i9-10900KおよびCore i7-10700 125W 10th GenデスクトップCPU

Intel Core i9-10900KおよびCore i7-10700Kは、それぞれ10コア/ 20スレッドおよび8コア/ 16スレッドプロセッサですが、どちらも125WのTDPとなります。

i9-10900Kおよび10700Kは、それぞれ20MBおよび16MBのL2キャッシュを備えており、両方のプロセッサーのクロック速度は不明ですが、それぞれ少なくとも5.1 GHzおよび4.8 GHzです。

 

Intel Core i5-10600 125W 10th GenデスクトップCPU

仕様に関しては、Core i5-10600は6コアおよび12スレッドプロセッサであり、3.3 GHzのベースクロックと4.5 GHz(シングルコア)ブーストクロックである可能性が高いといわれています。

これは、6コアおよび12スレッドチップであるCore i5-10500よりも少し高速ですが、ベースクロックは3.2 GHz、ブーストクロックは4.3 GHz(シングルコア)です。

TDPは125Wとなります。

 

Intel Core i5-10400、エントリーレベル6コアおよび12スレッドデスクトップCPU

Core i5-10400は、エントリーレベルの6コアおよび12スレッドの10番目のGenデスクトップCPUです。

このチップは、3.5 GHzのベースクロックと4.1 GHzのブースト周波数を特長としています。

繰り返しになりますが、これは以前にリリースされたCore i5-9400の2.90 GHzベースと4.1 GHzブーストよりも優れたブーストで、同じクロック速度の6つのコアと6つのスレッドがありました。

 

Intel Core i3-10300 65W 4コアおよび8スレッドデスクトップCPU

最後に、3.7 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを持つ4コアと8スレッドのCPUであるCore i3-10300があります。

現在、Core i3-9300と比較して、Core i3-10300の実際のベースクロックは同じですが、ブーストクロックは-100 MHz未満です。

ただし、i3-10300には4つの余分なスレッドがあり、Core i3-9300にはないため、100 MHzの低い周波数を説明できます。

 

Intel 10th Gen Core Comet LakeデスクトップCPUファミリー:

 

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
シングルコア
ブースト
Turbo Boost
Max 3.0
(Single-Core)
全コア
ブースト
キャッシュTDP価格
Intel Core
I9-10900K
10/203.7 GHz5.1 GHz
5.3 GHz (Velocity)
5.2 GHz4.8 GHz
4.9 GHz (Velocity)
20 MB125W不明
Intel Core
I9-10900
10/202.8 GHz5.0 GHz
5.2 GHz (Velocity)
5.1 GHz4.5 GHz
4.6 GHz (Velocity)
20 MB65W不明
Intel Core
I9-10900T
10/202.0 GHz4.5 GHz不明不明20 MB35W不明
Intel Core
I7-10700K
8/163.8 GHz5.0 GHz5.1 GHz4.7 GHz16 MB125W不明
Intel Core
I7-10700
8/162.9 GHz4.7 GHz4.6 GHz4.8 GHz16 MB65W不明
Intel Core
I7-10700T
8/162.0 GHz4.4 GHz不明不明16 MB35W不明
Intel Core
I5-10600K
6.124.1 GHz4.8 GHz無し4.5 GHz12 MB125W不明
Intel Core
I5-10600
6.123.3 GHz4.8 GHz無し4.4 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10600T
6.122.4 GHz4.0 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10500
6.123.1 GHz4.5 GHz無し4.2 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I5-10500T
6.122.3 GHz3.7 GHz無し不明12 MB35W不明
Intel Core
I5-10400
6.122.9 GHz4.3 GHz無し4.0 GHz12 MB65W不明
Intel Core
I3-10350K
4/8不明不明無し不明8 MB125W不明
Intel Core
I3-10320
4/83.8 GHz4.6 GHz無し4.4 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10300
4/83.7 GHz4.4 GHz無し4.2 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100
4/83.6 GHz4.3 GHz無し4.1 GHz8 MB65W不明
Intel Core
I3-10100T
4/82.3 GHz3.6 GHz無し不明8 MB35W不明
Intel Pentium
G6400
2/43.8 GHz3.8 GHz無し不明4 MB65W不明
Intel Pentium
G6400T
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明4 MB35W不明
Intel Celeron
G5900
2/43.2 GHz3.2 GHz無し不明2 MB65W不明
Intel Celeron
G5900T
2/43.0 GHz3.0 GHz無し不明2 MB35W不明

ソース:wccftech - Intel Z490 Motherboards Will Be Announced By May

 

解説:

Z490が5月に発表

まあ、CES2020で発表できなかった時点で、お察しだったわけですが、実質半年遅れということですね。

5月まで遅らせるのであればComputexに合わせたほうがメリットがあるような気がします。

しかし、AIBはQ1発売という言葉を真に受けてある程度マザーボードを生産していたのではないでしょうか。

そもそもマザーボード自体はCESで展示できる状態になっており、Intelの最終的な鶴の一声で展示取りやめになったといううわさが流れていました。

ぶっちゃけ、純粋なわたくしの予想ですが、10コアで5GHz以上回る個体がろくに取れてないと思うので、5月に発表できるのかどうかも怪しい感じですね。

なかなかに厳しい状況ですね。

最初は1月発売、Q1発売、2月発売、4月発売、5月発売と順調に後ろにずれていっています。

当初の予定より半年の猶予があるわけですから、さすがにComputexには間に合わせると思うのですが、それができなかった場合、年末商戦も怪しいです。

振り返ってみると2019年の末にRyzen大攻勢が始まっているにも関わらず、Core i9-9900KSをのんびり作っている時点でおかしかったわけですが、これで10コアの歩留まりが上がってないことは確定ですね。

AIBもすでにマザーボードを設計・生産に入っているのでキャンセルすることはないと思いますが、最悪、Comet Lake-SはZen3と正面衝突する可能性も出てきたと思います。

Computexに出せなかったらもう競争力はないと思います。

ぶっちゃけ、最下位モデルのAPU「Renoir」にすら敵うかどうか怪しいレベルです。

モバイル版は8コア16スレッドがラインナップされていますので、デスクトップ版も8コア16スレッドまで出る可能性があります。

AMDはTSMCの7nmがAppleのSoCから解放されて自由に使えるようになるといわれています。

売るものがなくなったOEMはAMD製品に殺到することになるかもしれません。

人間は霞を食べて生きていくわけにはいきませんから、売るものがなくなったからと言ってあきらめるわけにはいきません。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.