その他

AMDの収益:Ryzenのおかげで21億3,000万ドルの収益を記録しました(NASDAQ:AMD)

投稿日:

AMD(NASDAQ:AMD 47.51 -5.98%)は、第4四半期と2019年度の業績を発表し、収益は21億3,000万ドル、希薄化後の非GAAP EPSは32セントです。

※ GAAPは米国会計基準、非GAAPは非米国会計基準のことです。EPSは一株当たり当期純利益のことです。Dulited EPSは希薄化EPSのことで、潜在株式調整後 1 株当たり利益。希薄化(後)1 株当たり利益とも呼ばれる。こちらのEPSは、潜在的な株式数、たとえば、転換社債やワラント債、ストックオプションといった将来普通株に加算されることがわかっている株式数を発行株式数に加算して求めたEPS。

AMDの財務の詳細な収益プレビューと分析に追いつく:リンク

この記事の執筆時点では、AMDの株式は営業時間外に3%減少しています。これは、上記の収益プレビューで強力な可能性として挙げたものです。

記録的な高値近くで、AMDがわずかに収益を逃した場合、または第1四半期の予想を下回ったガイダンスを提供した場合、株価は明日崩壊する可能性があります。

AMDのガイダンスは第1四半期に約1億ドルほど軟らかく、2020年通年の予想粗利益率45%は、希望の47%に少し恥ずかしがっています。

重要なポイント:

  • EpycはまだEESCセグメントの大きな成長を牽引していません
  • コンピューティングとグラフィックス(RyzenおよびRadeon)は大きな利益を上げました
  • AMDは記録的な四半期を発表しました

ここでは、コンピューティングとグラフィックスが主役です。 AMDは、Ryzenデスクトップパーツが同セグメントの前年比69%増の主な要因であり、2018年第4四半期の9億8600万ドルから16億6200万ドルに増加したと述べました。

Navi GPUチップに基づいたRadeon 5700シリーズの追加により、このセグメントは間違いなく支援されましたが、このほとんどはRyzen 3000およびThrearipperプロセッサーの健全な需要によるものと考えられます。

ここでは、コンピューティングとグラフィックスが主役です。

AMDは、Ryzenデスクトップパーツが同セグメントの前年比69%増の主な要因であり、2018年第4四半期の9億8600万ドルから16億6200万ドルに増加したと述べました。

Navi GPUチップに基づいたRadeon 5700シリーズの追加により、このセグメントは間違いなく支援されましたが、このほとんどはRyzen 3000およびThrearipperプロセッサーの健全な需要によるものと考えられます。

EPYCはまったく目立たない...まだ

C&Gは前年比で69%成長しましたが、AMDのエンタープライズ、エンベデッド、セミカスタム(EESC)は、前年比で7%の大幅な減収となりました。

AMDは、PS4とXbox Oneがそれぞれのライフサイクルが寿命に近づいているため最も期待されていた、ゲーム機の需要が大幅に減少したこと原因だと考えています。まだEPYCは、その弱みを補い、C&G姉妹グループとともにこのセグメントを押し上げるほどの売れ行きはありません。

ただし、しばらくの間、EESCの収益を超えてください。 AMDのプレスリリースから:

営業利益は、前年の600万ドルの営業損失に対して、4500万ドルでした

前四半期の営業利益は6,100万ドルでした。 前年比の改善

主にEPYCプロセッサの収益が増加したことによります。 に比べて減少

前四半期は、セミカスタム売上の減少によるものです。

収益は減少するかもしれませんが、EPYCは収益性を高めるのに十分な影響を与えています。これは収益よりもAMDにとって重要なことです。

6,000ドルのEPYCチップについて話すと、ゲーム機メーカーのSonyとMicrosoftへの利益率の低いAPUの売上は見劣りします。

 

2020年の第1四半期のAMDは、売上高が約18億ドル、プラスマイナス5,000万ドル、前年比で約42%の増加、連続して約15%の減少を予想しています。

前年比の増加は、Ryzen、EPYC、およびRadeon製品の売上高の力強い成長によりもたらされると予想されます。

連続的な減少は、主に、季節性に加えて、次世代製品の増加に先立って緩やかになっているセミカスタム収益が無視できることによるものです。

AMDは2020年通期において、すべてのビジネスの力強さにより、2019年に比べて約28〜30%の収益成長を見込んでいます。

AMDは、2020年の非GAAP粗利益率は約45%になると予想しています。

私の意見では非常に良好な損益計算書であるにもかかわらず、AMDの株式は営業時間外の取引で数パーセント低下しているため、これらすべての期待がすでに株価に反映されている可能性があります。

明日は終日ボリュームが来るのを待って、ここから事態がどうなるのかを見る必要があります。

ソース:wccftech - AMD Earnings: Posts Record Revenue of $2.13 Billion Thanks to Ryzen (NASDAQ: AMD)

AMD logo

解説:

AMDは現実と期待や失望の間で揺れ動く不安定な評価の企業

AMDの好調な決算が発表された日の営業時間外に3%株価が下がったという話です。

基本的には上り坂のAMDですが、その評価は期待や失望、現実とのギャップの間で不安定に揺れ動いて、いまだ盤石といった風ではありません。

AMDのこれからの課題は製品の利益率をどのように改善していくかということだと思います。

すでに強いIntelやnVidiaはそれゆえに大ボリュームのゲーム機CPUの受注を断ったり、amazon、googleなどクラウドの案件がAMDに行ったりなど足元をすくわれたわけですが、利益率が低いまま放置しておくというのも株主に対する背信行為なわけです。

これからAMDがどのような方向に行くかわかりませんが、金が集まってきたら再投資して、独自のプラットフォームの上で顧客を囲い込みし、たくさんのパートナー企業を食わせていくというサイクルを回していかなくてはなりません。

今までAMDはFreeSyncや互換性のあるプラットフォームなどメジャー・メインのブランドに対するカウンターパートとしての存在価値を認められてきました。

しかし、ここから先は自分がカウンターを食らう側に移行しなくては発展は望めないということです。

AMDが強くなった時、どのような道を選ぶのか?これがAMDという企業の本質が出る時だと思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

新世代Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥49,984 (2020/09/29 01:55:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥42,000 (2020/09/29 05:58:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.