CPU情報

2021年第2四半期までのIntelデスクトップのロードマップがリーク - 2021年下半期までHEDTアップデートなし、3月中旬にRKL-S

投稿日:

HDTechnologia (via Videocardz)が、2021年6月までのIntelマザーボードのロードマップと、それを使用するCPUプラットフォームのデスクトップロードマップをリークした。

いくつかの重要な豆知識としては、Rocket Lake Sは基本的に2021年3月の発売が確認されており(これはつい最近取り上げたばかり)、2021年6月までHEDTのアップデートがないことが挙げられています(少なくとも)。

Intelのロードマップは2021年6月までリークされ、AMDはZen3用の新しいマザーボードを計画していないと言われている。

Intelから2021年6月までHEDTのアップデートがないという事実は、実は先日投稿したリークにも当てはまります。

Rocket Lakeが2021年3月に登場するのであれば、HEDTは2020年第3四半期のいつかに登場するはずです。

IntelのHEDTラインナップは常にメインストリームのデスクトップよりも一時期遅れて更新されるので、2021年後半には我々が待ち望んでいたHEDTのアップグレードが見られるはずです。

IntelのHEDT側は現在も旧世代のアーキテクチャを採用しており、Willow Cove(基本的には10nm+をバックポートしたもの)は、クロック速度を犠牲にすることなく、パフォーマンスの大幅なアップグレードを意味するだろう。

IntelがHEDT側のRKLをスキップして、直接10nmに移行することを決定する可能性さえある--これは関係者全員にとって驚くべきことだろう。

ロードマップを見ると、X299のバーは次の8ヶ月間延長されています。つまり、Intelが同じソケットとプラットフォームで次世代のHEDTを展開する(可能性は低い)か、2021年の下半期までアップデートがない(可能性が高い)かのどちらかです。

500シリーズのマザーボード(Rocket Lake S時代の始まりを告げる)は2021年3月中旬に登場する。

また、ゲーミングフラッグシップのZ590や、H570、B580、H510マザーボードもその時期に上陸します。

これは、我々がRocket Lake Sのタイムフレームについて聞いたことと一致しています。

興味深いことに、W580とQ470マザーボードは、4月中旬、つまりこのしばらく後に発売します。

これは、Rocket Lake S が 14nm プロセス (したがってバックポートの確認) であることの二次的な確認としても機能します。

明確にするために、これはおそらくチップセットを指し、プロセッサではなく (ノードは通常、両方同じですが)。

ソースはまた、AMD はZen 3 のための新しいマザーボードに取り組んでいないし、代わりにリフレッシュで動作すると述べています。

これが当てはまる場合、AMDはZen4までDDR5を導入しないことを意味します。

Alder Lakeが実際にDDR5をサポートしている場合、これは、Intelが実際にDDR5およびPCIe5.0のサポートで勝る可能性がわずかにあることを意味します。

NVIDIAのハイエンドGPUも在庫切れで、2021年初頭まで大量に出荷されるとは予想されていない, それは来年がアップグレードのための究極の年になるように見えます - CPU側とGPU側の両方, 関係なく、あなたがどちらの陣営に属している. Zen、Navi、IntelのRocket Lake、およびNVIDIA Ampereパーツの次の新モデルが来年利用可能になると、ゲームのコストは大幅に下がるはずです。

ソース:wccftech - Intel Desktop Roadmap Through Q2 2021 Leaked – No HEDT Update Till 2H 2021, RKL-S In Mid March

 

解説:

intelの2021年6月までのロードマップがリーク

Rocket Lake-Sの発売は来年の3月と言うリークが出たので今更の話ですが、Intel500シリーズのチップセット搭載マザーも来年の3月予定になります。

また、X299はそのまま継続、小手先の改良ではThreadripperにはもはや敵わないことを暗に認めた形になります。

今はデスクトップもかなり押されていますので、そこまでする余裕がないのでしょう。

また、14nmの改良プロセスでいくら頑張ってもHEDTはどうにもならないこともわかっているのでしょう。

ちょっと驚くべきことに、同じソースからX670は出ないという話が上がっていることです。

正直、Thunderbolt3と有線LANの10/5/2.5GbEの標準搭載くらいはしてほしいのですが、AMDはここまで互換性重視路線で行くのですかねぇ。

これだとミドルハイのB550にハイエンドのX570が一部仕様で負けるモデルが存在することになるのでAMDにはもう少し頑張って欲しいところです。

単にリソースが足りないだけと言う可能性もありますが、こういうミスマッチはAMDらしいと言えばらしいです。

 

 

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.