CPU情報

Intel Core i9-10900K CPU 10コアCPU、最大125W TDPのロックを解除すると、クロック速度がこれまでよりも速くなります!

更新日:

Intelは常にほとんどの部品でTDPエンベロープを95W未満に保ちましたが、AMD Ryzenプロセッサーの脅威に直面したとき、手袋を脱いでフラッグシップでマニア向けの製品を125W(Videocardz経由でMomomoより)に放つことにしたようです。

95W製品はすでに5.1GHzターボに到達できるため、125W製品がどのように見えるかしか推測できません。

さらに高い全コアターボと大幅に高い持続ブーストクロックを検討している可能性があります。

これは、Intelがクロック速度の最大の優位性を示す1つの部分です。

 

Intelの主力Core i9-10900K CPUは125W TDPにロック解除され、同社のクロック速度の優位性を誇示します

Intelの14nmプロセスは、現存する最も成熟したノードの1つであることはよく知られています。

超高歩留まりと非常に高いクロック速度を維持できるダイ品質により、Intelはプレイブックに残っている唯一のエースを利用するしか選択肢がありません。14nmプロセスの可能性を最大限に引き出します。

Intel Core i9 10900Kはこの14nmノードで製造され、通常95Wで最大になる他のメインストリームプロセッサとは異なり、最大125Wでロック解除されます。

これにより、プロセッサはすべてのコアではるかに高いクロック速度を維持し、これまでよりも高速になります。

5.1 GHz +ブーストクロックがすべてのSKUに共通であり、ほとんどのプロセッサが恥ずかしいオールコアブーストであることは驚くことではありません。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

Intelの第10世代Comet Lake-Sシリーズは、同社のZ490チップセットでホストされ、8コアの制限を超えて10コアに移行する同社初のメインストリームプラットフォームとなります。

Intelがこの価格設定をどのように選択したかに応じて、CML-SはAMDのRyzenラインナップに問題を引き起こす可能性がある数少ないプラットフォームの1つです。

リークされたスライドは、Intelがメインストリームプラットフォームのマニア側を125Wに拡張することを計画していることを示しています(必要に応じて95Wに設定するオプションを使用)。

ラインナップのメインストリームとメインストリームの部分は65Wで、低電力のラインナップは25Wです。

Core i9-10900K、Core i7-10700K、およびCore i5-10600Kはすべて125W TDP製品です。

Intelは、95W TDPの制限は一般的な電源の品質を考慮するとほとんど意味がないことを正しく認識しています。

30Wを追加すると、クロック速度の維持に大きな違いが生じ、既存のシステムとの互換性にほとんど違いはありません。

その上、これらのターゲット市場は通常、30W以上を容易に処理できる過剰なPSUに通常依存する愛好家/ゲーマーです。

OEMビルドでさえ、このわずかな増加で完全に問題ないはずです。

CML-Sプラットフォームは、2020年上半期に着陸すると噂されており、おそらく2020年初頭にCES 2020で発売される予定です。

これは、10nmプロセッサが2020年後半に市場に出始める前に、Intelの14nmプロセスの最後の繰り返しになる予定です。

仕様が信じられる場合(そして、このリークが不正確になる理由はない)、Intelの14nmは、会社の歴史の中で最も成功したプロセスの1つとして、大成功を収めるでしょう。

 

これまでインテルの第10世代プロセッサーについて知られていること

以下は、第10世代Comet Lake-Sファミリーの主要なプラットフォーム機能の一部です。

  • 最大10個のプロセッサコアで性能を強化
  • 最大30 PCH-H高速I/Oレーンでポートの柔軟性を強化
  • 最大40個のPCIe 3.0レーン(16 CPU、最大24 PCH)
  • プレミアム4Kコンテンツをサポートするメディアおよびディスプレイ機能
  • 統合+ディスクリートIntel Wireless-AC(Wi-Fi / BT CNVi)のサポート
  • Intel Wi-Fi 6(Gig +)サポート
  • 拡張されたコアとメモリのオーバークロック
  • 統合USB 3.2 Gen 2x1(10 Gb / s)サポート
  • Intel Rapid Storage Technology(Intel RST)
  • プログラマブル(Open FW SDK)クアッドコアオーディオDSP
  • モダンスタンバイのC10およびS0ixサポート

Intel Core i9-10900KおよびCore i7-10700 125W 10th GenデスクトップCPU

Intel Core i9-10900KおよびCore i7-10700Kは、それぞれ10コア/ 20スレッドおよび8コア/ 16スレッドプロセッサですが、どちらも125WのTDPを備えています。

i9-10900Kおよび10700Kは、それぞれ20MBおよび16MBのL2キャッシュを備えており、両方のプロセッサのクロック速度は不明ですが、それぞれ少なくとも5.1 GHzおよび4.8 GHzです。

 

Intel Core i5-10600 125W 10th GenデスクトップCPU

仕様に関しては、Core i5-10600は6コアおよび12スレッドプロセッサであり、3.3 GHzのベースクロックと4.5 GHz(シングルコア)になる可能性が高いブーストクロックを備えています。

これはCore i5-10500よりも少し高速です。Corei5-10500は6コアおよび12スレッドチップですが、ベースクロックは3.2 GHz、ブーストクロックは4.3 GHz(シングルコア)です。
TDPは125Wです。

 

Intel Core i5-10400、エントリーレベル6コアおよび12スレッドデスクトップCPU

Core i5-10400は、エントリーレベルの6コアおよび12スレッドの10番目のGenデスクトップCPUです。

このチップは、3.5 GHzのベースクロックと4.1 GHzのブースト周波数を備えていると言われています。

繰り返しになりますが、これは、同じクロック速度で6つのコアと6つのスレッドを備えた、以前にリリースされたCore i5-9400の2.90 GHzベースと4.1 GHzブーストに対する優れたブーストです。

 

Intel Core i3-10300 65W 4コアおよび8スレッドデスクトップCPU

最後に、Core i3-10300があります。これは、3.7 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを持つ4コアと8スレッドCPUです。

現在、Core i3-9300と比較して、Core i3-10300の実際のベースクロックは同じですが、ブーストクロックが-100 MHz未満です。

ただし、i3-10300には4つの余分なスレッドがあり、Core i3-9300にはないため、100 MHzの低い周波数を説明できます。

ソース:wccftech - Intel Unleashing Core i9-10900K CPU 10-Core CPU, Unlocked Up To 125W TDP, Clock Speeds Will Higher Than Ever Before!

 

解説:

さらに爆熱になり、高いシングルスレッド性能を目指すComet Lake-S

Ryzenはマルチスレッド性能、Coreはシングルスレッド性能にフォーカスした設計になっていることは当サイトに来られるような熱心な方ならわかっていると思いますが、Comet Lake-Sでは公称TDPを上げてでもシングルスレッド性能を上げることにしたようです。

今まで125Wは最上位モデルの情報しかおりてきていませんでしたが、Comet LakeではすべてのK付き、ロック開所モデルがTDP125Wになるようですね。

実用上16コア32スレッドが必要かどうか疑問があることも併せて、少なくとも第9世代よりはかなり競争力のある製品に生まれ変わりそうです。

そのほか、全てのモデルがマルチスレッド化されることは既報の通りです。

管理人の感想としては現行の9900Kも実態は正直言ってTDP95Wの枠に収まっているとは言い難く、TDP125Wにするのはやむを得ないと思います。

次のRokcet Lakeまでは14nmと言われていますので、なかなか苦しいモデル展開になると思われますが、SkyLakeアーキテクチャーの焼き直しとしては行きつくところまで行ったのではないでしょうか。

2020年になってようやくIntelの反撃が始まったというところでしょうか。

前回までのリークでも話が出ていましたが、Comet Lake世代からワークステーション向けのチップセットも発売されます。

これはおそらく、Cascade Lakeが死産だったことをIntelが公式に認めているということに他ならないのではないかと思います。

Cascade Lake自体があまり出回ってないようですが、負けるとわかってる戦線に物資を投入できるほど余裕がないのではないかと思います。(笑

事実上Threadripperに負けを認めて戦略的撤退を進めている最中といったところだと思います。

この状況からCascade Lake-APはHEDTに下す気が無いことがよくわかります。

IntelがHEDTで反撃を行うのは次のプラットフォームからでしょう。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.