CPU情報

AMD Zen 3 CPUは、Zen 2アーキテクチャと比較して17%のIPC向上、Ryzen 4000の「Vermeer」CPUを搭載し、Ryzen 3000を超える大幅なパフォーマンスアップグレードを特長としています。

投稿日:

AMDは間もなくRyzen 4000およびEPYC Milan CPU向けのZen 3コアアーキテクチャを発表します。

Zen 3アーキテクチャは、パフォーマンスが大幅に更新されると予想されており、Zen 3が第3世代RyzenおよびEPYC Rome CPUを搭載したZen 2アーキテクチャを大幅に上回る2桁のIPC向上をもたらすことが報告されています。

 

Zen 3コアを搭載したAMD Ryzen 4000 CPUは、浮動小数点が50%増加し、IPCパフォーマンスが17%増加すると言われています

Zen 3コアの主要な機能は、Zen 2を大幅にアップグレードするアーキテクチャ自体です。

AMD自身によると、Zen 3の設計は、まったく新しいCPUアーキテクチャ、大幅なIPC向上、およびこれまでにない高速なクロックをもたらします。

Red Gaming Techによると、彼らの情報源は、Zen 3がZenロードマップに進化的なアップデートをもたらし、Zen 2に対するIPCの別の大きなジャンプを提供すると指摘しました。

Zenアーキテクチャの整数ユニットと浮動小数点ユニットの両方を活用する混合操作では、Zen 3は平均で17%のIPC向上を実現できることが指摘されています。

また、整数演算は平均で10〜12%増加しますが、浮動小数点演算はパフォーマンスが最大50%増加する可能性もあります。

整数演算はほとんどの一般消費者向けアプリが使用するものですが、浮動小数点の重いアプリケーションでは、Zen 3は業界、特にサーバー市場(HPC /データセンター)にとって大きなゲームチェンジャーになる可能性があります。

 

また、EPYCプレゼンテーションでキャッシュデザインに大きな変更があり、Zen 3は、Zen 2に比べて各Zen 3コアがアクセスできるキャッシュを本質的に2倍にする統合キャッシュデザインを提供することを示しました。

Zen 2では、CCDに32 MBのL3キャッシュが含まれていても、各CCDは2つのCCXで構成され、各CCXには個別の16 MB L3キャッシュがあります。

Zen 3を使用すると、32 MB + L3キャッシュ全体が両方のCCXで利用可能になります。また、Zen 3はスライドで指摘されているように32 MBを超えるキャッシュを搭載できることに注意してください。

たとえば、Ryzen 9 3950Xの現在のベース周波数は3.5 GHz、ブースト周波数は4.7 GHzであり、その後継機は潜在的に4 GHz前後のベース周波数と5 GHz前後のブースト周波数を備えている可能性があるとしましょう

しかし、結局のところ、AMD自体が宣伝している最大クロック速度ではなく、CPUがより長い期間保持できる最大クロック速度です。

Ryzen 9 3950Xは、4.4-4.5 GHz前後のクロックを保持できますが、現在も一連の更新(AGESA BIOS)は作業中です。

Ryzen 4000プロセッサの本当のテストは、広告されたクロック速度を保持する能力であり、これはRyzen 3000 CPUを購入した多くのユーザーにとってわずかな懸念の原因でした

それでも、これらのチップから得られるパフォーマンスは素晴らしいものであり、CPUとその基礎となるアーキテクチャを比較するとき、クロック速度だけが最近の指標ではないことを示しています。

AMD Ryzen 4000 CPUとX670プラットフォームは、AMDがRyzen 3000ラインを最近完成したばかりであるため、2020年末までに出荷される予定です。

2020年8月から10月は、新しいRyzenシリーズの発売の可能性のある時期になると思いますが、待つ必要があります。

AMD CPUロードマップ(2018-2020)

Ryzen
ファミリー
Ryzen
1000 Series
Ryzen
2000 Series
Ryzen
3000 Series
Ryzen
4000 Series
Ryzen
5000 Series
アーキテクチャーZen1Zen1/Zen+Zen2/Zen+Zen3Zen4
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+5nm/6nm?
ハイエンド
サーバー
(SP3)
EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'EPYC 'Genoa'
最大サーバー
コア数/
スレッド数
32/6432/6464/128不明不明
ハイエンド
デスクトップ
(TR4)
Ryzen Threadripper
1000 Series
Ryzen Threadripper
2000 Series
Ryzen Threadripper
3000 Series
(Castle Peak)
Ryzen Threadripper
4000 Series
Ryzen Threadripper
5000 Series
最大HEDT
コア数/
スレッド数
16/3232/6464/128不明不明
メインストリーム
デスクトップ
(AM4)
Ryzen 1000 Series
(Summit Ridge)
Ryzen 2000 Series
(Pinnacle Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Matisse)
Ryzen 4000 Series
(Vermeer)
Ryzen 5000 Series
最大
メインストリーム
コア数/
スレッド数
8/168/1616/32不明不明
APU(AM4)N/ARyzen 2000 Series
(Raven Ridge)
Ryzen 3000 Series
(Picasso 14nm Zen+)
Ryzen 4000 Series
(Renior)
Ryzen 5000 Series
20172018201920202021?

 

Red Gaming Techが共有する新しいロードマップもあり、2022年までのAMDのCPUリリース計画を指摘しているようです。

ロードマップは大まかな見積もりに基づいていますが、ここで考慮すべきいくつかの良い情報があります。

まず、EPYC Milanプロセッサーがありますが、これは2020年中頃に姿を現し、SP3ソケットとのピン互換性、PCIe 4.0サポート、120から225WのTDPを備えた最大64コアのSKU(可能性あり)、8タイルのうち9タイトルMCMデザインを提供します。

Zen 3 CCDと単一のダイは、EPYC RomeのようにI / O専用です。

次に、Ryzen 4000およびRyzen Pro 4000 'Vermeer'シリーズがあります。これらのシリーズは、AM4ソケットのサポートとPCIe 4.0 / DDR4メモリの互換性を備えています。

Zen 3ベースのRyzen 4000 CPUはCCXあたり8コアを提供し、Ryzen 3000プロセッサーとして2つのCCDと1つのI / Oダイ構成を保持すると言われています。

しかし、Tomshardwareとのインタビューで、AMDのCTOであるMark Papermasterの声明は、次世代のメインストリームチップでさえコアカウントが増加する可能性があることを指摘しています。

Markの回答は、32個のコアがRyzenプラットフォームで意味をなすかどうかを尋ねられたメインストリームデスクトップのラインナップに対するものでした。 完全な返信は次のとおりです。

 

「主流のスペースには差し迫った障壁はありません。その理由は次のとおりです。ソフトウェアがマルチコアアプローチを活用するための時間です」とPapermaster氏は言います。

「しかし、私たちはそのハードルを乗り越えました。現在、ますます多くのアプリケーションがマルチコアとマルチスレッドを利用できるようになっています。」

「短期的には、コアの飽和点は見当たりません。コアを追加するときは、アプリケーションがそれを利用する前に追加したくないので、非常に思慮深くする必要があります。
そのバランスを保つ限り、私たちはその傾向を見続けると思います。」

AMD CTO、Tomsハードウェア経由のMark Papermaster

それ以外にも、EPYC Genoaについての言及があります。これについては、ここで詳しく説明し、Ryzen 5000シリーズプロセッサについて詳しく説明します。

両方のZen 4ベースのプロセッサラインアップはまったく新しいプラットフォームに基づいており、Ryzen 4000はAM5ソケットをサポートし、EPYC GenoaチップはSP5ソケットをサポートします。

ソース:wccftech - AMD Zen 3 CPUs Allegedly Features 17% IPC Gain Over Zen 2 Architecture, Ryzen 4000 ‘Vermeer’ CPUs To Feature Huge Performance Upgrade Over Ryzen 3000

 

解説:

Rocket Lakeと正面からぶつかるRyzen4000の情報のまとめ

一説によると最大コア数が8コアになると言われているRocket Lakeと正面からぶつかるRyzen4000シリーズの話です。

これによるとIPCは最大17%向上し、浮動小数点演算は50%向上、TDPは据え置きでしょう。

これがプロセス進化の力だと言わんばかりの力業で、Intelを引き離しにかかります。

2世代離されると14nmでついていくのは厳しいでしょう。

Intelはシングルスレッドの進化に賭けるようですが、性能のミスマッチが一番大きくなるのはこのRocketLake世代と思われます。

Zen2から17%のIPC向上がハッタリでなければ、シングルスレッド性能自体がTigerLakeとそんなに変わらないではないかと思います。

Rocket LakeはTigerLakeの14nmバックポートと言われています。

TigerLakeと同じIPCを装備していたとしても互角か少し上程度でしょう。

その上でコア数で負けるというのは致命的だと思います。

これがプロセスの力ですね。

Intleが爆撃機から爆撃しようとしているところに宇宙にある衛星からレーザーで狙い撃ちするようなものです。

圧倒的技術の差というのは一定まで開くと設計では対抗できなくなってきます。

地上からいくら攻撃しようとしても衛星までは届きません。

仮に届いたとしても撃ち落されるだけということになります。

今のIntelとAMDの戦いはつまるところこういう戦いです。

IntelがRyzenに追いつくには同等の技術(10nm、7nm)がどうしても必要になるということです。

 

新発売!Ryzen 3000XTシリーズ

「Ryzen 7 3800XT」をAmazonで検索

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

 

Ryzen 7

 

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen5 1600AF(12nm、Zen+コア)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

created by Rinker
AMD
¥27,980 (2020/08/05 19:23:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥40,400 (2020/08/05 19:23:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

Ryzen5

created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/08/05 19:23:34時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
AMD
¥19,980 (2020/08/05 19:23:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.