CPU情報

AMD Ryzen 9 7950X CPU、SiSoftwareによる発売前レビューで10/10の満点評価を獲得

投稿日:

SiSoftwareは、来週の発売を控えたAMD Ryzen 9 7950X CPUの世界初となるレビューを公開しました。

来週発売されるこのフラッグシップ・チップは、世代を超えて性能が大幅に向上していることから、同誌は10/10の満点評価を与えています。

AMD Ryzen 9 7950X CPUが発売に先駆けてレビューされる 「インテルの超高性能ADLプロセッサーを粉々に打ちのめす」

今回のレビューでは、SiSoftwareは独自の結果を持っておらず、ユーザーやレビュアーがリテールチップの性能数値を提出している独自のデータベースからデータを取得したそうです。

CPUにAMD Ryzen 9 7950Xを使用したことだけが分かっており、それ以外のプラットフォームは明らかにされていません。

とはいえ、最終的な性能はこの結果と同等かそれ以上であると予想されます。

AMD Ryzen 9 7950X 16コア "Zen 4 "デスクトップCPU

まずフラッグシップとなるAMD Ryzen 9 7950Xは、前2世代から引き継がれた16コア32スレッドという健在ぶり。

ベース周波数は4.5GHz、ブーストクロックは最大5.7GHz(F-Max5.85GHz)で、シングルコアでブースト周波数5.5GHzのインテルのAlder Lake Core i9-12900KSより200MHz高速になると思われます。

このCPUは、発売時の価格が699USドルとなっている。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUのスペック(公式):

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ブースト
クロック
ブースト
クロック
(SC最大)
キャッシュTDP価格 (不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB (64+16)170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB (64+12)170W$549 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB (32+8)105W$399 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB (32+6)105W$299 US

SiSoftwareは、このチップをCore i9-12900K、Ryzen 9 5940X、Core i9-11900Kなど他のプロセッサーと比較しました。

パフォーマンスをまとめると、Zen 4コアを搭載したAMD Ryzen 9 7950Xは平均的なものです。

  • レガシー整数演算でRyzen 9 5950X(Zen 3)より42%高速
  • レガシー浮動小数点でRyzen 9 5950X(Zen 3)より30%高速
  • AVX-512でRyzen 9 5950X(Zen 3)よりも100%高速
  • ストリーミング(暗号化/ハッシュ化)テストにおいてRyzen 9 5950X(Zen 3)よりも30%高速
  • 非SIMD浮動小数点でRyzen 9 5950X(Zen 3)より48%高速
  • SIMD浮動小数点においてRyzen 9 5950X (Zen 3)より94%高速

このスコアを集計すると、AMD Ryzen 9 7950XはRyzen 9 5950Xと比較して74%、Intel Core i9-12900KのCPUと比較して61%高速化されたことになる。

また、CPUは2倍のパフォーマンス/コスト効率と7%の電力効率向上を実現する結果となりました。

  • Ryzen 9 5950X(Zen 3)よりも30%高い帯域幅を実現
  • Ryzen 9 5950X (Zen 3)よりも20%低いレイテンシ
  • コストあたり100%の性能向上
  • 1ワットあたりの性能が7%向上

 

AMDは、Intelがハイブリッド設計のためにAVX512 512-bit SIMDコンピューティング(および拡張機能)を廃止したタイミングで、代わりに革命的なZen4 CPUを投入してきたのです。

しかし、クロックの向上とコアの改善により、レガシーコードでさえも、Zen3よりも40%から100%(2倍)高速化し、Intelの最高級ADLプロセッサを打ち負かすことに成功したのです。AVX512の拡張機能(IFMA、VNNI)を使えば、さらに2.5倍の高速化が可能です。このCPUに処理できないものはありません。しかし、これは16C/32Tの最上位バージョンです。

価格的には、トップエンド(7950X)であれば、ローンチ価格が13%安く、従来のトップエンド(5950X)よりも2倍お得になっており、コストパフォーマンスが高い。Intelが対抗するには、かなり大幅な価格引き下げが必要でしょう。

ターボパワー(~240W)はIntelのADLに近く、(噂によると)Intelの将来のRPLよりもまだ低いようです。基本速度が非常に高く、CPUが非常に速いため、ターボを無効にするオプションもありますが、すべての人がそれに満足するわけではありません。

当然、新しい AM5 メインボードが必要ですが、競合製品よりも多くのアップデートが可能であることを期待します。これまでと同じように物事が進めば、64C/128T の Zen7 (!) になるかもしれません。DDR5メモリはもういくらか下がってきており、必要なメモリ帯域幅の改善をもたらし、USB 4.0は(非常に)高速な外部デバイスのために非常に必要です。将来のNVMeやGP-GPUコンポーネントのためのPCIe5サポートは言うまでもありません。

また、ワークロードが大きく、シングルCCX(8C/16T)版を狙うなら、L3キャッシュを大幅に拡大した3D-VCache版にも注目してください。

"果報は寝て待て "とはよく言ったもので、この場合、AMDは間違いなくその言葉を実現したのです。Intelがこれに勝つには、奇跡が必要でしょう。

SiSoftware経由

これは、Zen 3ベースのRyzen 5000ファミリーに対して非常に強力な数字であり、AMD Ryzen 7000チップが9月27日にリテール販売され、ユーザーがシングルコアおよびマルチコアワークロードで大きなアップグレードを楽しめるようになるのを待ち望んでいます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 7950X CPU Gets A Perfect 10/10 Rating In Pre-Launch Review By SiSoftware

 

 

 

解説:

驚きのニュース。

SiS softがZen4を高く評価しているようです。

Alderlakeとくらべて非常に高く評価されているようですね。

中でも全体的にZen3よりも高速化されていることに加えてAVX-512に対応しているところもかなり評価が高くなっている理由のようです。

AVX-512は元々Intelが作った命令群ですが、実行するとコアが過熱するということで、クロックの高いクライアントCPUでは非対応扱いになっていました。

AlderLakeの初期出荷分では有効にできたようですが、のちの出荷分で無効にされました。

もちろんですが、AVX-512はIntelが作った命令群ですのでそれなりに対応しているソフトはあります。

ゲームでは一部のコンシュマーゲーム機のエミュレーターで対応しているようです。

Zen4の評価はAVX-512の対応をどう考えるかで決まってくるところがあるのかなと思います。

AVX-512に対応している処理だと、皮肉なことにAlderLakeのみならず、RaptorLakeすらも圧倒するでしょう。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,689 (2022/10/05 04:39:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/10/05 04:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/10/05 05:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.