ゲームについて その他

PlayStation 5はレイトレーシングにAMDハードウェアを使用していない可能性があります–噂

投稿日:

Xbox OneシリーズXと同様に、PlayStation 5はAMDのテクノロジーを搭載しており、

最近のリークによると、レイトレーシングのハードウェアソリューションは同社から提供されないようです。

有名なリーク情報提供者であるKomachi Ensakaは最近、コードネームがSparkman、Arden、Oberon、およびArielであるチップに関するいくつかの新しい調査結果を投稿しました。

最初の2つはXbox Series Xに関連すると噂されていますが、しばらく前に報告されたように、後者はPlayStation 5に関連すると噂されています。

SparkmanとArdenにはレイトレーシングと可変レートシェーディングがありますが、OberonとArielにはないため、新しい発見は非常に興味深いものです。

それらが実際にPlayStation 5コンソールに関連している場合、これはソニーがレイトレーシングと可変レートシェーディングにAMDテクノロジーを使用しないことを意味します。

そこで、@ KOMACHI_ENSAKAの調査結果を確認できます。

そのソースに関する限り、SparkmanとArdenの両方がRTとVRSについて言及していますが、OberonとArielは言及していません

PlayStation 5とXbox Series Xの両方はまだ完全には公開されていませんが、性能が非常に近いと噂されています。

最近のレポートでは、Sonyの次世代コンソールがパフォーマンスの面で先行していることが明らかになりましたが、このギャップはリリース前に解消される見込みです。

現在、PS5ではゲームのパフォーマンスが向上しています。 これはおそらくPS5開発ハードウェアとソフトウェアがより高度な状態にあるためだと思います。

Scarlettがより成熟した開発キットとソフトウェアを出荷したら、そのギャップを埋めることを十分に期待しています。

ハードウェアではなくソフトウェアがマイクロソフトの伝統的な専門分野であるため、言わなければなりません。

最終的にはより高度なDirectX開発ソフトウェアを提供する可能性が非常に高く、ハードウェアの能力が低くてもScarlettでのゲームの実行が向上する可能性があります。

プレイステーション5は来年世界中で発売されます。

問題の詳細が入り次第、最新情報をお届けしますので、最新ニュースをお楽しみに。

ソース:wccftech - PlayStation 5 May Not Be Be Using AMD Hardware For Ray Tracing – Rumor

 

解説:

PS5のレイトレーシングとVRSはAMDのものを搭載しない?

PS5関連チップとみられるOberon、およびArielにはVRSとレイトレーシングが搭載されていない可能性が高いということで、その場合、外付けのチップで賄うということになるのですかね。

コストがカギの一つを握るゲーム機において、APUの中に必要な機能をまとめられないというのは結構痛いのではないかと思います。

それでもPS3のようなことにはならないとは思いますが、Xobxと比較するとコスト的には不利になるでしようね。

ソフト的な技術では新型Xobxが有利とありますが、日本にいるとそういう感じはありませんね。

この辺は少しポジショントークが入ってるのかなと思います。

何にせよPS5は我々の思っているよりも異質なものになる可能性が十分にあるということです。

 

 

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.