GPU情報

IntelはDG1 GPUのうわさをこっそりと呼び返します。「ハミング」が近日中に登場します。

投稿日:

1人のChrisが叙事詩の中から消え、別のChrisが脚光を浴びるようになりそうです。

IntelのChris Pirillo氏は、DG1が問題に直面し、キャンセルの可能性に直面しているといううわさをこっそり否定する陽気な小さな曲を投稿しました。

Pirilloは確かに曲を運ぶことができますが、私はメッセージが大声で明瞭に歌われることが本当に面白かったです:

DG1がハミングするだけでなく、近日中にリリースされる予定です。

これは、CES 2020で公開(またはティーザー)が表示されることを意味します。

 

Intel:DG1 GPUは順調に機能しており、まもなく提供されます

インテルのDG1 GPUは、グラフィックスの世界への参入を強化するため、最近最も期待されている発売の1つです。

Ponte VecchioはTitans(ahem)を排除するGPUですが、DG1は(デスクトップ)GPU二社占有を三社占有にするという同社の夢を実現します。

先に進む前に、IntelのChris Pirilloによる完全なメッセージを以下に示します。

完全な内容は次のようになります。

GPUはa-humminです

DG1はまだa-cominです

アプリはすべて殺します

私の好きな方法

ようこそ、

Intel Graphics Odyssey

IntelはDG1の発売に拘っており、DG1に関する問題(または予想以上の問題)があるという噂にはメリットがなく、GPUはすぐに登場することを暗示しているようです。

以前の噂では、DG1 GPUをTiger Lake +25%のパワーエンベロープに入れ、TDPはわずか25Wでした。これは、適切に価格設定されれば素晴らしいニュースです。-そして、Intelのマネーパワー(ahem x2)を考慮して-間違いなく起こると予想されます。

実際、リークの提供元は、この特定のGPUが使い捨て価格で設定され、Intelが市場に参入し、基本的にすべてのゲーマーの財布に食い込む最低限のゲームパフォーマンスを提供できることを示唆しています。

これは、Intelがこれまでやってきたこととはまったく対照的な戦略ですが、AMDとIntelが最近役割を入れ替えたように見えます。

Intelは最近、AMDのシリコンデザインリーダーであるMasooma Bhaiwalaを採用し、同社の個別のGPUの取り組みのリーダーを担当しました。

ボブ・スワンの最近のコメントは、会社が何をするかに関係なく、GPUセグメントに多様化することを完全に決定していることを明らかにしています。

同社のCEOは、CPU側で90%のシェアを維持するというIntelの従業員の考えを打ち破りたいと言っているだけでなく、代わりに全分野の半導体に集中してほしいと言っています。

Intelが四半世紀の大部分で初めてトレーニングホイールを搭載することで事態は非常に厳しくなりますが、1つ確実なことは、2022年のIntelがすべて計画どおりであれば、印象的なラインナップが1つあることです 。

ソース:wccftech - Intel Sneakily Fires Back At DG1 GPU Rumors: ‘Humming’ Along And Coming Soon!

 

解説:

先日出たIntel Xeはキャンセルの危機にあるという話から一転、今度はXeはきちんと発表され、発売されるという話が出てきました。

Xeがどうなるのかはわかりませんが、新製品の立ち上げにはたとえIntelであっても様々な困難に直面するという点でこれらの噂は興味深いです。

Xeは最高でもRTX2070-RTX2080程度の性能というのは変わらないです。

ひょっとしたらGTX1660Tiくらいの性能かもしれません。

この辺は出てみないとわからないと言ったところです。

AIBメーカーが作るのを嫌がってリファレンスモデルしか出ないという話もあります。

この話が本当なら、ちょっと危ないかもしれません。

AIBが手をかけるのはXeの第二世代からということになるんですかね。

Xeは記事中にもある通り、安売りされる可能性が非常に大きいです。

新規自供の立ち上げにはものすごい力が必要ですが、これもその一環です。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.