GPU情報

NVIDIA GeForce RTX 3060が新GPU GA106-302を静かに搭載、暗号通貨マイニングアルゴリズムのハッシュレートを再び制限へ

投稿日:

GeForce RTX 3060グラフィックスカードのように、暗号通貨のマイニングアルゴリズムを制限しようとするNVIDIAの最初の努力は無駄に終わりました。

今回、NVIDIAは、同じグラフィックスカード上に全く新しいAmpere GPUを静かに搭載することを計画しています。

NVIDIAのGeForce RTX 3060とAmpere GA106-302 GPUの組み合わせは、暗号通貨のマイニングを制限する

HKEPCによる報告(via Igor's Lab)では、NVIDIAがすでにGA106 GPUの全く新しいバージョンに取り組んでいることが報告されています。

この新しいGPUは「GA106-302」と呼ばれ、「GeForce RTX 3060」グラフィックスカードに搭載されている既存のGPU「GA106-300」を置き換える予定です。

この新しいGPUを製造する主な理由は、暗号通貨の採掘者がグラフィックスカードのマイニングハッシュレート機能を完全に解除できないようにするためです。

NVIDIA GeForce RTX 3060」は、ゲーミンググラフィックスカード不足に対抗するために、グリーンチームが初めてこのような制限を課したグラフィックスカードでした。

原理的には、マイニングリミッターは、最も収益性の高い暗号通貨アルゴリズム、例えばETHやEthereumにおけるハッシュレートを制限することで機能し、マイナーがGeForce RTX 3060グラフィックスカードを購入することは、価値提案の観点からはあり得ないことでした。

しかし、GeForce RTX 3060グラフィックスカードが発売されるやいなや、カード自体がまだ十分な利益を上げているだけでなく、NVIDIA自身が開発者ページに掲載したBETAドライバ(470.05)によって、「クラックされない」はずのハッシュレートリミッターがバイパスされてしまいました。

このニュースは瞬く間に広まり、現在ではGeForce RTX 3060をマイニングに利用する大規模なマイニング事業者が複数存在します。ゲーム分野向けに設計されたグラフィックカードが、今ではほとんどがマイニングリグに搭載されています。

また、信頼できるリーカーであるKopite7kimi氏は、新しいAmpere GPUのSKUはRTX 3060だけに向かうものではないと報告しています。

実際、Ampere GA102およびGA104 GPUをベースにしたNVIDIA GeForceの全ラインナップにも、暗号通貨アルゴリズムのハッシュレートを制限する新しいリビジョンが適用される見込みです。

新しいGPUが具体的にいつ発売されるかはわかりませんが、NVIDIAがすでに述べているように、既存のモデルは影響を受けません。

新しいNVIDIA GA106-302 GPUがもたらすものについて、Igor's Labからいくつかの洞察が得られました。

それによると、このGPUには新しいデバイスIDが採用され、NVIDIAは現在公開されているすべてのドライバを制限して、この次期チップのサポートを削除するとのことです。

暗号通貨のマイニングをロックし、ハッシュレートの制限を再び実施する新しいドライバのみが利用可能で、NVIDIAは今回のドライバのリリースを注視しているとのことです。

最初の試みと比較して、どれだけうまくいくか見ものです。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 3060 To Silently Get New GA106-302 GPU, Will Once Again Limit Hash Rate In Cryptocurrency Mining Algorithms

 

 

解説:

あくまでも技術的な制限にこだわるnVidia

ダミーのHDMIコネクタを挿すだけで簡単に突破されることが明らかになったマイニングハッシュレートリミッターですが、今度はチップそのものに手を加えてマイニングのハッシュレートが出ないようにする新バージョンのチップGA106-302-A1が登場するようです。

ただし、BIOSで突破可能な場合、一時しのぎにしかならないと思います。

一時期アマゾンで中華の業者がGTX1050Tiに偽装したGTX660を販売していたことがあるのを知っている方もいると思います。

中華の業者は何でもやるので、時間はかかっても恐らく何らかの突破口を見つけてマイニングに使うのではないかと思います。

こういうのは鼬ごっこなので、効果があるのかないのかは不明です。

最初にハッシュレートリミッターが出たとき、「絶対に鳥羽不可能」と言われていましたが、あっさり突破されてしまいました。

こちらもしばらく暫く保つのではないかと思いますが、いずれ突破されると私は予想しています。

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.