その他

AMDの第4世代Ryzen 9 4900HおよびRyzen 7 4800H APU、2020年初頭に最大8コア/ 16スレッドが登場– Ryzen 7 4800HS APUがASUSゲーミングノートブックに登場

投稿日:

3DMarkベンチマークで最初のチップがリークした1日後に、より多くのパワーAMD Ryzen 4000 APUが発見されました。

Renoir APUファミリの一部である新しいプロセッサは、2020年初頭の発売を予定していた予想よりも多くのコアとスレッドを提供します。

 

AMD Ryzen 9 4900HおよびRyzen 7 4800Hは8コアと16スレッドをパック-7nm Zen 2アーキテクチャと高速クロックVegaグラフィックス

昨日、Ryzen 7 4700U APUのリークにより、15W Ryzen 4000 UシリーズSKUの一部を見ることができました。

今日、私たちは3つの45W SKUを検討していますが、そのすべてにいくつかの強力な仕様があり、Intelの第9世代モビリティSKUに匹敵します。

詳細は、ユーザーが45W Ryzen 4000 APUラインナップの上位SKUがRyzen 9 4900HとRyzen 7 4800Hになることを明らかにしたMobile01フォーラムから来ています。

Ryzen 9 4900HおよびRyzen 7 4800Hは、8つのコアと16のスレッドを備えていると言われています。

他の詳細な仕様はありませんが、それは既存のRyzen第3世代APUラインナップのコアとスレッドの2倍のバンプです。

Ryzen 7 3750Hは、4つのコアと8つのスレッドを備えています。

これにより、AMDはIntelのCore i9 Hシリーズのラインアップと同等になります。

また、Ryzen 9 4900HとRyzen 7 4800Hの2つのチップは、ベースクロックが2.30 GHzで、ブーストクロックが最大4.80 GHzのチップであるCore i9-9880Hと同じように動作することも言及されています。

これらのチップの両方が、+ 200 MHzブーストクロックを備えた旗艦Core i9-9980HKに近づいても驚くことではありません。

これは、AMDのZen 2アーキテクチャがIntelの高クロックプロセッサに対応するためのクロック速度を必要とせず、IPCの利点がギャップを埋めるのに十分であることを示しています。

また、AMD Ryzen 4000 APUの消費電力はIntelチップよりも大幅に低いと述べられていますが、7nm APUの密度により温度がわずかに上昇します。

そのため、AMDの第4世代45W APUを搭載したゲーミングノートブックでの強力な冷却が期待できます。

AMD Ryzen 4000 APU 45Wモバイル版ラインナップ:

Renoir
モバイル
45W
リビジョンCU数SKU
TDP
想定市場プロダクト
マスター
からのリーク
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C5
1636_REV_C512 or 13 Cus
(B12)
45W一般RENOIR NB
RYZEN 9
B12 45W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D5
1636_REV_D512 or 13 Cus
(B12B)
45Wビジネス
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C6
1636_REV_C610 or 11 Cus
(B10)
45W一般RENOIR NB
Ryzen 7
B10 45W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D6
1636_REV_D610 or 11 Cus
(B10B)
45Wビジネス
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics C7
1636_REV_C78 or 9 Cus
(B8)
45W一般RENOIR NB
RYZEN 5
B8 45W FP6
AMD
Radeon(TM)
Renoir
Graphics D7
1636_REV_D78 or 9 Cus
(B8B)
45Wビジネス

AMD Ryzen 4000 APUがリストされたASUSゲームノートブック

Ryzen 9 4900HとRyzen 7 4800Hに加えて、Ryzen 7 4800HSはオンライン小売業者によってリストされており、ASUSの今後のGA401IVラップトップで紹介されています。

Ryzen 7 4800HSは、Ryzen 7 4800Hの電力最適化バージョンのようで、わずかに低い電力バジェットで低いクロック速度を提供します。

このラップトップには16 GB DDR4メモリ、Windows 10も搭載されており、14インチディスプレイをサポートしています。

Ryzen 4000 APUを使用すると、ラップトップベンダーは、デュアルチャネルモードで最大3200 MHzの速度の高速メモリを搭載したAMDノートブックデザインを最終的に構成できるようになり、全体的な生産性とタスクが大幅に向上します。

ASUSラップトップは現在、1600.27ユーロでリストされており、約1800米ドルです。

これらは今のところプレースホルダーであり、最終的な小売価格ははるかに低くなる可能性があります。

Ryzen 7 4800H、Ryzen 7 4800HS、Ryzen 5 4600H、およびRyzen 5 4600HSも同じ小売店で発見されており、ASUSのさまざまなゲームノートブックで構成されています。

以下はすべてのリストです。

※ Asus GA401IU/R7-4800Hの販売ページSS。後のモデルはリンク先で確認してください。

ソース:wccftech - AMD’s 4th Gen Ryzen 9 4900H & Ryzen 7 4800H APUs With Up To 8 Core / 16 Threads Coming in Early 2020 – Ryzen 7 4800HS APU Spotted & Listed in ASUS Gaming Notebooks

 

解説:

製造プロセスで負けるということはどういうことか

Intelが供給を絞ったゲーミングノート向け高性能CPUで8コア16スレッドのRyzen9採用モデルが欧州でショップのリストに登場したようです。

このモデルのは末尾にHが付くモデルでRyzen 7 4800Hなどの名称がつけられているようです。

GPUはオフにしてモバイル版のGeforceと組み合わせてもよいでしょうし、使いどころはいくらでもあるという感じではないでしょうか。

OEMはDellをはじめIntelの供給不足で業績を下方修正せざるを得なくなっていますので、モバイルRyzenの高性能化は渡りに船という感じではないでしょうか。

今回は製品の供給不足も効いていますが、Intel CPUの代わりが務まったのはひとえにTSMCの7nmのおかげです。

製造プロセスで負けるというのはこういうことです。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.