GPU情報

噂:NVIDIAはRTX 3090 GPUでトラバーサルコプロセッサを導入することを計画している

更新日:

NVIDIAは、Coreteksのビデオによると、RTX 3090 GPU(とそのファミリー)でトラバーサルコプロセッサと両面PCBを含む革命的な新しいアイデアを導入することを計画しています。

これが本質的に意味することは(それが本当であることが判明した場合)、RTX 3080やRTX 3090のような今後のグラフィックカードは、片面にGPUコアを搭載し、もう片面に第2のコプロセッサを搭載した両面PCBを特徴とするということです。

これが本当かどうかは分からないし、技術的なメリットがあり、過去にCoreteksが信頼できることを証明してきたので、投稿しただけです。とはいえ、この記事はまだ非常に多くの噂であり、あなたの健康には良くないが、大量の塩分を摂取することを強くお勧めします。

※ 「大量の塩分を取る」=「割り引いて考える」の慣用表現ですが、日本語に直すとジョークの部分の意味が通じなくなるのでそのまま訳します。(笑

 

NVIDIAのRTX 3080とRTX 3090には、トラバーサルコプロセッサを搭載した両面PCBが搭載される?

ビデオの中でCoreteksは、RTX 3000シリーズのユニークな新しいデザインと、それがどのように実際に彼の結論を示唆するものであるかを超えて行きます。

Igor氏は、私たちが見たヒートシンクはDVTまたはデザイン検証テストの一部であり、NVIDIAが検討している2-3のデザインのうちの1つに過ぎないことをすでに確認していることを覚えておいてください。

しかし、NVIDIAがデザインをわずかに変更したとしても、今回は何か違うことが起こっているという弱い証拠でしかない。

情報源によると、NVIDIA社が底部に1つ、上部に1つのファンを搭載しているのは、1つのチップではなく、2つのチップ上のエアフローを容易にするためだという。

Coreteksは、このチップは、カードのレイトレーシング能力を助けるトラバーサルコプロセッサと呼ばれるものではないかと推測している。

RTX 2000シリーズのチップ内に埋め込まれていたRTXコアを知っていますか? さて、このソースによると、今回はPCBの反対側にある別のコプロセッサに配置されているようです。

私が彼のビデオが技術的なメリットがあると言った理由の一つは、NVIDIAが2018年にレイトレーシングを支援するためにトラバーサルコプロセッサの特許を取得したことです - それは彼らがGPUのAmpereシリーズでそれを実装しているのに十分な時間です。

NVIDIAは、しばらくの間、コプロセッサを標準GPU ASICと組み合わせることを検討しているようで、そうすることで、コアダイの中にRTXコアを詰め込んでからGPUを構築する際に、より経済的なアプローチを取ることができるようになるだろう。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

さらに詳細には、本明細書の例示的な非限定的技術は、例えばリアルタイムのレイトレーシングのために、加速データ構造を効率的にトラーバースするためのハードウェアベースのトラバーサルコプロセッサに関する。

より詳細には、例示的な非限定的技術は、レイトレーシングを加速するための専用ハードウェアを提供する。

非限定的な実施形態では、ハードウェアコプロセッサ(本明細書では「トラバーサルコプロセッサ」、またはいくつかの実施形態では「ツリートラバーサルユニット」または「TTU」と称される)は、レイバウンディングボリューム交差テスト、レイプリミティブ交差テスト、およびレイ「インスタンス」変換を含む、インタラクティブなレイトレーシングをサポートする特定のプロセスを加速する。

ROBUST, EFFICIENT MULTIPROCESSOR-COPROCESSOR INTERFACE」のNVIDIA特許

このアプローチがより経済的だと言ったときの意味も説明しておこう。

コアGPUダイ上にRTX領域を確保するというオリジナルのアプローチは、RTX部品を廃棄するのが難しく、非常に無駄が多いものでした。

元のGPUコアを純粋に保ちながら、レイトレーシングコアを新しいダイに移動させることで、NVIDIAはほとんど無駄なく、自由で経済的にチップを廃棄することができます。

 

また、コプロセッサをスタンドアロンのAICカードとして出荷することも可能になります。

昔のPhysX AICカードを覚えていますか?もしこの噂が本当だとしたら、非レイトレーシングGPUで強力なレイトレーシング性能を発揮できるRTXレイトレーシングAICカードが出てくるかもしれません(NVIDIAのものに限られそうですが)。

これは、非常に実現可能なビジネスモデルであり、それにお金を払いたくないユーザーにコストを追加することなく、レイトレーシングのための会社のプッシュを大幅に強化するものです。私は1つのために私の指が交差していると心からこれが真実であることが判明することを願っています - イノベーションは、常に信じられないほどエキサイティングです。

ソース:wccftech - Rumor: NVIDIA Planning To Introduce A Traversal Coprocessor With The RTX 3090 GPU

 

解説:

nVidiaが特許を取ったトラバーサル・コプロセッサとは何者か?

RTX3090のPCBは両面実装になり、裏側にトラバーサル・コプロセッサと言う新しいプロセッサが搭載されるといわれています。

このトラバーサル・コプロセッサの詳細はわかりませんが、ゲーマー的な解釈では「レイトレーシングのアクセラレーター」と言う解釈でよいと思います。

かつてあったPhysXと言う物理計算のアドインカードのように、このトラバーサル・コプロを搭載した単体レイトレーシングのアクセラレーターカードも予定されているようです。

もしこの話が本当だとしたら、古のXX90ナンバー復活は、Core i9やRyzen 9と言った最高モデルを示す9ナンバーのCPUと組み合わせる最高のGPUを示すほか、トラバーサルコプロセッサと言うもう一つのプロセッサを搭載した2Chip構成のGPUを示すナンバーであることになります。

この話が本当だとすると、Ryzen Threadripperの豊富なI/Oレーンが生きてくることになるのではないかと思います。

どのくらいの帯域が必要とされる物かどうかまだわかりませんので、断言はできませんが、PCI Express4.0 X8相当の帯域で足りなければ、高価なHEDTで組む意味が一つ増えることになるでしょう。

またComet Lake-SまでのPCI Express3.0のままだと厳しいのかなと思います。

もっともPhysXが消えていったようにトラバーサル・コプロセッサーも将来的にはGPU内部でレイトレーシングに十分な演算性能が内蔵できれば、いずれは消えていくのかもしれません。

しかし、現状ではゲーム向けリアルタイム・レイトレーシングは出たばかりの技術であり、十分な速度が担保されているとはいいがたい状況です。

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

RTX2000SUPERシリーズ

 

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

RTX2080Ti最安

RTX2080Ti OCモデル

 

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.