CPU情報

10nm Tiger LakeのL2キャッシュデザインと同様に、未リリースのIntel 6コアCPUがアップグレードされたキャッシュで表示されています

投稿日:

未リリースのIntel CPUがSiSoftware Sandraデータベースに表示され、この6コアプロセッサーは通常のチップのように見えるかもしれませんが、そのキャッシュ設計は完全に新しいアーキテクチャ設計を指しています。

Intelの14nm CPUに関してバックポートが行われているといううわさで、これがCoreシリーズまたはXeonのいずれかの次世代製品になる可能性があります。

 

Intelのリリースされていない6コアCPUは興味深いキャッシュ設計を備えており、おそらくコアまたはXeonの次世代製品になる可能性があります

したがって、この6コアパーツの詳細について説明すると、プロセッサは6コアと12スレッドを備えており、Intelは6コアと12スレッドプロセッサを以前にリリースして以来、特別なものではありません。 Core i7 8700KといくつかのXeonパーツは、6コアと12スレッドを提供します。

9th Gen Coffee Lakeリフレッシュファミリにはマルチスレッド6コアパーツはありませんが、今後の10th Gen Comet Lake-Sパーツにはそれらのいくつかが含まれます。

※ クリックすると別window・タブで開きます

 

未リリースのIntel 6 Core CPUがSiSoftwareデータベースに表示され、既存のCPUと比較してまったく新しいキャッシュ構造が採用されています。 (画像クレジット:Momomo_US

クロック速度に関しては、チップのクロック速度は3 GHz、IMCは2.2 GHzです。

このプロセッサには名前が付いていないため、これはエンジニアリングまたは初期のサンプルのかなり標準です。

ここで興味深いのは、テストされたプラットフォームが、Supermicroのデュアルソケット設計であると思われることです。

特定のプラットフォームは、SuperMicro X12DAi-N SMC X12です。

このマザーボードの詳細はありませんが、2つのチップが搭載されていることが明確に述べられています。

また、SiSoftwareデータベースはこれらのプロセッサをCoreシリーズ製品(Core i3 / Core i5 / Core i7)の一部として検出するため、このリークを少し奇妙にしていますが、一般的に2Sプラットフォームのサポートを特徴とするXeon製品は、Xeon製品として表示されます。

これは、これらのチップのESの性質が原因である可能性があり、サポートされていないため、ソフトウェアはチップを適切に検出することで混乱しています。

次に重要な詳細は、プロセッサが9 MBのL3キャッシュと、驚くことに、この6コアプロセッサで7.5 MBのL2キャッシュに切り上げられるコアあたり1.25 MBのL2キャッシュを備えていることです。

Intel 9th Gen製品はコアあたり256KBのL2キャッシュを備え、Core-Xシリーズはコアあたり1MBのL2キャッシュを備え、10nm Ice Lake CPUはコアあたり512KBのL2キャッシュを備えています。

チップがそのL2キャッシュと一致する唯一のアーキテクチャは、初期のGeekbenchリークで発見されたのと同じ1.25 MBのL2キャッシュを備えた今後のTiger Lakeラインアップです。

Tiger Lake CPUは来年10nm ++プロセスノードでの発売が予定されており、既存の第9世代CPUで2 MB、Core-X CPUで1.375 MBと比較して3 MBのアップグレードされたL3キャッシュを備えています。

ただし、コアあたり3 MBはリストされている6コア製品で18 MBのL3キャッシュを意味するため、L3キャッシュはTiger Lakeアーキテクチャと一致しません。

一方、9 MBのL3キャッシュを備えており、コアあたり1.5 MBのL3キャッシュが既存の14nm製品よりも低いことを示しています。

現在、いくつかのリークで噂されているように、この6コアチップは、14 nm(Tiger LakeからRocket Lake)にバックポートされる10nmコアアーキテクチャのバックポートの最初の調査になる可能性があります。

バックポートは10nm ++テクノロジーを14nm +++にシフトすることを意味するため、このリークで示されているように、より小さなL3キャッシュ設計など、いくつかの変更が見られる可能性があります。

それ以外の場合は、来年プラットフォームに搭載するIce Lake(E)ファミリに搭載された未リリースのXeon製品を指しているだけかもしれません。

6コアプロセッサとは何か、また新しいチップアーキテクチャを使用するか、キャッシュの変更を変更してXeonの一部とするかについての考えをお聞かせください。

ソース:wccftech - Unreleased Intel 6 Core CPU Shows Up With Upgraded Cache, Similar To 10nm Tiger Lake’s L2 Cache Design

 

解説:

未リリースのCore i製品の6コアCPUがそれまでと違ったキャッシュ構成になっていたという話です。

このCPUはTiger Lakeの半分のL3キャッシュを備えており、10nm++で製造されるTiger Lakeの14nm+++版ではないかと言われています。

ただし、マザーボードがSuperMicroの2ソケットマザーのため、サーバー用のXeonを誤検出しているのではないかとという推測もされています。

これがComet LakeなのかRocket Lakeなのかサーバー用のCPUなのかわかりませんが、今からリークしているならばComet Lakeの可能性もあるのではないかと思います。

Rocket Lakeであればいくら何でも早すぎるのではないでしょうか。

もし仮にこれがRocket LakeであればComet Lakeは本当につなぎになるということになります。

来年の4月というリークが出たComet Lakeはかなり短命になる可能性が出てきました。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

 

Core i7

 

Core i5

 

Core i3

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.