CPU情報

Intel Tiger Lake 10nm CPUがGeekbenchに表示されます– 4コア、1.2 GHzチップは6コア、1.6 GHz Comet Lake 10th Gen CPUよりも優れています

投稿日:

IntelのTiger Lake 10nm CPUはGeekbenchに再び登場し、既存のプロセッサと比較したシングルコアおよびマルチコアのパフォーマンスメトリックを強調しています。

Intel Tiger Lake CPUファミリは来年発売される予定で、最新のチップアーキテクチャと最新のXe GPUアーキテクチャを備えています

 

Geekbenchで測定されたIntel Tiger Lake 10nm CPUのパフォーマンス-より高いIPCは、6コア、1.6 GHz 14nm +++ CPUに勝る4コア、1.2 GHz 10nm ++チップにつながります

以前は、GeekbenchでTiger Lake-Y CPUエントリが見られました。

エントリーはかなり低かったのでエキサイティングなものではありませんでしたが、IntelのTiger Lake CPUが搭載される新しいキャッシュの再設計を指摘していました。

新しいエントリーは、15-25W TDP最適化ラインであり、TUM_APISAKによって発見されたTiger Lake-Uラインアップ用です。

4つのコアと1.20 GHz(基本周波数)のクロック速度を持つ8つのスレッドを備えた、新しいIntel Tiger Lake-Uエントリの同じ構成を検討しています。

Tiger Lake CPUは、コアあたり3 MBのL3キャッシュと、コアあたり1.25 MBのL2キャッシュを備えています。

これは、Tiger Lake-Uチップが合計12 MBのL3キャッシュと5 MBのL2キャッシュを備えていることを意味します。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

パフォーマンスの面では、2つの全体のスコアはほぼ同じです。 1つの構成には16 GBのLPDDR4メモリが含まれ、もう1つの構成には8 GBのDDR4 SODIMMが含まれます。

16 GB構成のスコアは、シングルコアで1162ポイント、マルチコアベンチマークで4047ポイントです。

8GB構成では、シングルコアで1189ポイント、マルチコアベンチマークで4274ポイントというより良いスコアがあります。

これらのスコアは両方とも、1か月前に見たTiger Lake-Y CPUよりもはるかに高く、テストしたときにこれらのチップはまだ開発の初期段階にあったことを強調しています。

いくつかの既存のプロセッサ、14nm Comet Lake-Uおよび10nm + Ice Lake-Uと比較して、Tiger Lake-Uプロセッサは有望なパフォーマンスを示します。

6コア、12スレッド、1.61 GHzのより高いベースクロックを備えた最速のCore i7-10710U Comet Lake-Uチップは、Tiger Lake-Uチップによるシングルおよびマルチコアパフォーマンステストの両方を超えています。

Ice Lake-UベースのCore i7-1065G7は、シングルコアおよびマルチコアのスコアが高い

しかし、1.5 GHzのより高いクロック速度も備えています。

さらに、シングルコアのスコアはTiger Lake-Uプロセッサーの手の届く範囲にあり、1.5 GHz 10nm ++の部品はIce Lakeベースのチップより簡単に優れた性能を発揮します。

 

Intel Tiger Lake-U Leaked Geekbenchのパフォーマンス:

CPUIntel Ice Lake-U
Core i7-1065G7
Intel Tiger Lake-U
(Config 1)
Intel Tiger Lake-U
(Config 2)
Intel Comet Lake-U
Core i7-10710U
Intel Ice Lake-Y
製造プロセス10nm+10nm++10nm++14nm+++10nm+
コア数/
スレッド数
4/84/84/86/124/8
ベース
クロック
1.50 GHz1.20 GHz1.20 GHz1.60 GHz1.20 GHz
シングルコア
スコア
1233118911621110146
マルチコア
スコア
4757427440474249529

Intel Tiger Lakeプロセッサは2020年に登場する予定で、アーキテクチャにいくつかの新しい変更が加えられます。

まず、現在Ice Lakeプロセッサで採用されているSunny Coveコアに代わる新しいWillow Coveコアを使用します。

新しいコアに加えて、上記のキャッシュの再設計、新しいトランジスタレベルの最適化、および強化されたセキュリティ機能が得られます。

また、Xe GPUアーキテクチャと組み合わせて、10nm ++ノードは、10nm +アーキテクチャの最初の反復と比較して、クロックを増加させる必要があります。

Intelは、10nm ++製品(Tiger Lake)を14nm +++(Rocket Lake)にバックポートするIntelに関する最近のうわさや話があります。 実質的な証拠が見つかった、

しかし、この製品は2021年の発売を目指しているため、この件に関するIntelからの公式の言葉はありません。

しかし、このロードマップがバックポートについて言及していることを考えると、モビリティプラットフォームで10nm ++ノードを利用するウィローコーブコアのバックポートを備えたRocket Lake CPUを実際に見ることができます。

ソース:wccftech - Intel Tiger Lake 10nm CPU Shows Up in Geekbench – 4 Core, 1.2 GHz Chip Outperforms 6 Core, 1.6 GHz Comet Lake 10th Gen CPU

 

解説:

モバイルCPUのリークなのであまり食指が動かなかったのですが景気の良くない情報が多いintel CPUの数少ない情報ですので、扱うことにしました。

リークしたGeekbenchの情報によるとTiger Lakeはベース1.2GHzのモデルでIce Lake1.6GHzと同程度の性能になるとのことです。

但し、当然ですが、ブーストクロックがわからない限り本当の実力というのはわかりません。

最近のIntel関連のニュースを聞いていると、1.2GHzというのがクロックが上がらないためそうなったと言われても納得してしまいそうです。

10nmは改良が加えられていますが、高クロックの話は出て来ません。

このまま7nmも同様に推移した場合、最終的にはTSMCに生産委託したほうがマシではないかと思えてしまうほどです。

落日のIntel帝国の苦難は続きます。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.