CPU情報

Intel Cascade Lake-X第10世代XシリーズHEDT CPUの遅延が報告され、11月25日に新しい発売が予定されている

投稿日:

最新の噂によれば、IntelはCascade Lake Xファミリーの一部である第10世代Xシリーズプロセッサを遅らせたと伝えられています。

レポートは、Xシリーズのラインナップは当初来週に発売される予定であったが、発売は11月の最終週に延期されたことを明らかにしたPCDIYからのものです。

 

Intel第10世代Xシリーズ「Cascade Lake-X」HEDT CPUは11月末まで延期-AMDの第3世代Ryzen Threadripperの価格戦略が、主な理由とされているが、さらなる値下げが差し迫っているのだろうか?

Intelが10月に第10世代のCore Xプロセッサを発表したとき、彼らは来月から利用可能になると述べた。

11月にいつプロセッサが利用可能になるかについては特に言及しなかったが、ソースは11月5日の来週に発売が予定されていると報告していた。

この計画はその後変更され、現在、CPUラインアップ全体が11月25日に発売される予定です。

Intel以外の誰も、11月5日の発売日が実際にハードローンチであったのか、それともプロセッサーの情報解禁日であったのかを確認できません。

明確にするために、Xシリーズプロセッサに対するIntelの内部情報禁輸措置は、予定日より前に解除されました。

おもしろいのは、延期の原因の1つとして、AMDの第3世代Ryzen Threadripperラインアップがまだ適切に導入されていない可能性があるということです。

情報筋によると、IntelはAMDが第3世代Threadripperラインナップの公式価格戦略を発表するのを待っているという。

IntelはすでにCascade Lake X CPUラインナップの公式価格を発表しているため、IntelがAMDがプロセッサの価格を発表するのを待つ理由については、さらなる値下げを計画しない限りほとんど意味がありません。

AMDのラインナップは、マルチタスクワークロードで1ドルあたりのパフォーマンスがIntelが提供するものよりもはるかに優れているため、延期はIntelにのみ影響します。

AMDは、来週11月6日に開催される「Meet The Experts」ウェビナーで、第3世代のRyzen ThreadripperファミリーとそれぞれのHEDTプラットフォームの詳細情報を公開する予定です。

AMDが次世代のハイエンドデスクトッププラットフォーム用に明らかにしたすべての詳細を確実にカバーします。

 

AMDのエキスパートであるErin Maiorinoが、ハイエンドデスクトッププロセッサ向けのコンピューティングの未来と、AMDがクリエイター、ゲーマー、ワークステーションユーザーが日々の作業を簡単に進める方法をどのように開拓しているかについて語ります。

カバーする内容:

AMDはハイエンドデスクトップシステムを計画しています

最も困難なユーザーワークロードに取り組むために構築されたAMDテクノロジー

ハイエンドデスクトップ市場の未来

第10世代Intel Xシリーズ「Cascade Lake-X」ファミリーについて知っていること

Intel 10th Gen Xシリーズのプロセッサラインアップは、4つのSKU、18コア、14コア、12コア、および10コアプロセッサで構成されます。

すべてがオーバークロック用に完全にロック解除され、ハイパースレッディングが有効になっており、同社の最新のTurbo Core 3.0テクノロジーを備えています。

新しいラインアップは、Skylake-Xマイクロアーキテクチャと14nmプロセスに基づいていますが、次のような市場で第10世代の競争力を大幅に高めるための措置を講じています。

1-第9世代のCore Xファミリと比較して、コアあたりの価格が大幅に低い。
2-第9世代ファミリーよりも高速なシングルおよびオールコアターボクロック速度。
3- Intel Performance Maximizer、2.5G Intel i225 Ethernet、Wi-Fi 6のサポート。

Intel Core i9-10980XEは新しいフラッグシップのHEDT Xシリーズチップになり、

3.0 GHzベースでクロックされる18コアと36スレッド、4.6 GHz(1コアTB 2.0)、4.8 GHz(1コアTB 3.0)、3.8 GHz全コアブーストの最大ブーストクロックを提供します。

このチップは、24.75 MBのL3キャッシュ、最大72のプラットフォームPCIeレーン、TDPは165W、価格は$ 979 USです。これは、Intelが第9世代ファミリ全体の価格も引き下げたため、Core i9-9980 XEが最近まで使用していた価格の半分です。

 

Intel第10世代Core i9 'Cascade Lake' XシリーズCPUラインアップ

製品名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
全コア
ブースト
L3
キャッシュ
TDP価格
(USドル)
Intel Core
i9-10980XE
18/363.0GHz4.8GHz3.8GHz24.75 MB165W$979
Intel Core
i9-10940X
14/283.3GHz4.8GHz4.1GHz19.25 MB165W$784
Intel Core
i9-10920X
12/243.5GHz4.8GHz4.3GHz16.50 MB165W$689
Intel Core
i9-10900X
10/203.7GHz4.7GHz3.8GHz13.75 MB165W$590

プロセッサは11月末に小売店に並ぶ予定で、AMDの第3世代Ryzen Threadripperプロセッサに対抗する予定で、最初は24コアと48スレッドSKUを搭載します。

前述のように、Intelの主力製品は18コアと36スレッドのみを備えています。

ASUS、ASRock、Gigabyte、およびMSIは、ハイエンドデザインと今回の作成者により優しいプッシュを特徴とする第10世代Xシリーズプロセッサ用の新しいX299マザーボードも明らかにしました。

ソース:wccftech - Intel Cascade Lake-X 10th Generation X-Series HEDT CPUs Reportedly Delayed, New Launch Scheduled For 25th November

 

解説:

男なら負けるとわかっていても戦わねばならない時がある

11月5日に発売予定といわれていた第10世代Core-Xが発売延期となるようです。

新しい発売日は11月25日。

恐らく、このままではThreadripper3000シリーズとはまともに戦えないということがはっきりしたためと思います。

ブランドとして弱いAMDに対してRyzen3000やThreadripper3000を過小評価する声も市場にはありますが、Intelは極めて冷静で現実的な判断を下しています。

Intelという企業の優秀性が端的にわかる話だと思います。

私は何度も繰り返していますが、第10世代Core-Xは出る前から死産が確定しており、競争力は全くないです。

Comet Lake-Sならばシングルスレッド性能ではRyzenに勝てる見込みが高いのでまだ価値がありますが、仕様上、シングルスレッド性能が弱く、マルチスレッド性能でもはるかに及ばないCore-XではThreadripperに勝てる見込みは0です。

その上、I/O性能でもPCI Express3.0のままであり、PCI Express4.0に移行するThreadripperとは比較の対象にすらならないでしょう。

Core-XのライバルはSocketAM4のRyzen9であり、これでは価格的に釣り合いが取れません。

よって、価格を下げざるを得ないというところなのでしょう。

昔ならいざ知らず、今は、各メディアも嘘をつくわけにはいきません。

そんなことをすればツイッターやLineなどのSNSであっという間に情報が拡散し炎上して、信頼性が一気に損なわれてしまいます。

それだけ、Threadripperの性能の次元が違うことの裏返しなわけですが、さらなる値下げがあれば混乱は必至かもしれません。

2020年はGPUが大混戦になることが予想されていますが、2019年の年末商戦は一足先にHEDTで大波乱が起きる可能性が大です。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.