CPU情報 その他

AMDカスタム電源プランにより、Ryzen 3000 CPUのターボ速度が250MHz向上し、Ryzen 9 3900Xでは最大4.6GHzが可能になりました!

投稿日:

ryzen 9

AMD Ryzenの開発者であり、DRAM Calculator for Ryzenの著者である1usmusは、AMD Ryzen 3000シリーズプロセッサで平均200-250MHzの増加をもたらす新しい電源プランを明らかにしました。(sRTX4ソケットに基づいた今後のThreadripper 3000シリーズを含む)。

これは、ターボクロックが通常プロセッサ間でほぼ固定されており、AMDユーザーが既に購入済みの製品の1ドルあたりのパフォーマンスを大幅に向上できることを考えると、まったく正気の沙汰ではありません。

 

AMD Zen 2ベースのプロセッサ向けの1usmusのカスタム電源プランにより、ターボブーストが最大250MHz増加します! 3900Xおよび3950Xでうまく機能

この開発者は、かなり長い間、AMD Zen 2プロセッサに取り組んでおり、同社の新しいRyzen 3000プロセッサの電力状態を最適化し、200〜250MHzの非常に堅実なブーストクロック向上を実現できるようになったようです。

3900Xや3950Xなどのマルチコアプロセッサについては、200〜250MHzのクロック速度のゲインでさえ、すぐに積み重なって非常に有利になることに注目してください。

開発者によると、このmodは、次のThreadripperシリーズを含むすべてのZen 2ベースのプロセッサーで動作します。

https://twitter.com/1usmus/status/1190703711192076288?ref_src=twsrc%5Etfw

とはいえ、1usmusによると、modは現在、Ryzen 3900や3950Xなどの少なくとも2つのCCD(8コア以上)を備えたダイに最適に機能している一方で、他のモデルは「ポジティブゲイン」に気付きます。

これは、3つ以上のCCDを備えた今後のThreadripperシリーズでさらに高いパフォーマンスの向上が期待できることを意味します。

AMD開発者は、AMDに公式の推奨事項を送信したと述べており、AMDはすぐに公式設定の一部になることを望んでいます。

AMDは常に歴史的に提案や改善を受け入れてきたので、このアップグレードがすぐに公式に公開されるのを見て驚くことはありません(おそらくコントロールパネルの設定として?)。

興味深い部分はここにありますが、プロセッサは実際にこの新しい電源プランでエネルギー効率を向上させます。

1usmusは、最適化された負荷分散アプローチを使用してこれを達成しました。

AMDの公式スタックは不良コア(それほどクロックの高くないコア)をロードしますが、カスタムスタックは最高のコアをロードし、より高いブーストと電力効率曲線の向上を可能にします。

既存のAMDスタックはまた、1usmusのカスタムプランが2つの「良いコア」のみを利用するので、それほど負荷がかかっていない状態(全コアに負荷がかかっていない状態で)で複数のコアを使用します。

これは、AMDユーザーにとって非常に素晴らしいニュースであり、ソフトウェアスタックに関する限り、彼らの "上質なワイン"イメージに追加されるものです。

AMD製品を使えば性能や省電力性が向上すると言われていますが、このカスタムプランはそれを証明するものです。

新しい電源プランを試してみたい人は、こちらからダウンロードできます。

Ryzen 3000シリーズ用の1usmus AMDカスタム電源プランはこちらからダウンロードしてください

ダウンロードリンクと手順は、1usmusが投稿した元の記事に記載されています。

また、開発者がTechPowerUpに投稿した記事全体を読んで読むことをお勧めします。彼自身の説明以上に彼の発見を誰も説明できないからです。

通常、AMDはこのようなことに対して非常に迅速に対応することを考慮すると、これに十分早く対応することを期待しています。

 

ソース:wccftech - AMD Custom Power Plan Boosts Turbo Speeds Of Ryzen 3000 CPUs By 250MHz, Up To 4.6GHz Now Possible On Ryzen 9 3900X!

解説:

Ryzen3000シリーズ用カスタム電源プラン登場

Ryzen3000シリーズ用のカスタム電源プランが登場しました。

ダウンロードはTechpowerupからですが、この電源プランを用いれば1-2コア負荷時に250MHz程度ターボクロックが向上するようです。

そのカラクリはこんな感じです。

通常マルチコアCPUの動作クロックは均一ではなく、コアによって若干の差があります。

AMDの公式動作が全コア中、あまりクロックが速くないものをブーストコアにするのに対して、こちらのカスタムプランではクロックの速い(出来の良い)コアを選択してブーストします。

そのため、電力効率と性能が向上するようです。

AMDはソフトウェアのサポートが良くありませんので、このカスタムプランは公式のものとして取り入れられるだろうと記事中では推測しています。

いずれにしても、ユーザーと一緒に作り上げている感はかなりプラスに働くのではないでしょうか。

また、このカスタム電源プランはThreadripperにも有効であるとされています。

既にRyzen3000シリーズをお持ちの方は試してみてはどうでしょうか。

また、この電源プランを有効に機能させるには2ダイ以上必要であるとされていますので、現在はRyzen9 3900Xが対象となるようです。

1ダイのRyzen3000シリーズに使った場合はどうなるのかは書いてありませんが、多少の性能向上を期待して使ってみるのもよいと思います。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.