CPU情報

Intel Alder Lake CPUが曲がらないか心配ですか?Thermalrightはそんなあなたのために完璧な解決策を用意しています。

更新日:

日本で個人製作されている方の製品を丸パクリしている可能性があるようですので、入手しようとしている方は注意してください。

先日、Intelの第12世代Alder Lake CPUが、LGA 1700ソケットに載せた状態で曲がる可能性があるとお伝えした。

ユーザーは、同社によるIndependent Loading Mechanism(ILM)の設計に不備があると感じたが、Intelは「すべて標準的な動作仕様の範囲内だ」と回答している。

曲がっているのは設計上の問題ではない。

Thermalrightは、これらのチップを悩ませている問題のために、使用中にチップが反らないようにブラケットを設計している。

また、保証を無効にしたくない場合は、ILMを改造しないよう、ユーザーに警告している。

Intel Alder Lake CPUの「インスペック」曲げは引き続き問題、Thermalrightが解決策を示しユーザーを支援

Intelは、Intel Alder Lake CPUのILMの形状を維持するために、追加のワッシャーや同様のブラケットを使用しないよう、ユーザーに対してはっきりと警告している。

しかし、これは、サードパーティーが解決のための製品を発売することを止めることはできないだろう。

Thermalrightは、変形を防ぎ、反りを最低限度にとどめるために、プロセッサの上に嵌めるアクセサリー、LGA1700-BCFを設計しました。

ThermalrightのLGA1700-BCFブラケットの利点は、ユーザーやマニアが、IHSの変形によって温度が異常上昇することも含めて、Intel Alder Lake CPUをより長く活用できるようになることです。

このブラケットにより、チップはその形状を維持したまま、コネクターピンとマザーボードを接続することができます。

Thermalrightによるブラケットはアルミニウム製で、赤とグレーのカラー、またはグレーと白のカラーのいずれかを選択できるようになっています。

しかし、淘宝網のページでは、赤とグレーのバリエーションのみが販売されています。

さらに興味深いのは、LGA1700-BCFを入手できるのが淘宝網だけであることだ。同社のウェブサイトでは、本製品を提供しておらず、本製品を宣伝するニュースリリースもない。

Thermalright製のLGA1700-BCFアクセサリは30ドル前後で販売されている。しかし、中国市場以外で発売されるかどうかは不明です。

このデザインを見れば、他のメーカーも同様の製品を作り、パソコンユーザーが必要としていることを利用することができるだろう。

ThermalrightのLGA1700-BCFアクセサリーを購入できない場合、一部のコンピュータユーザーは、プロセッサーのソケットのネジに直接ワッシャーを追加して、反りを制限または防止することが知られています。

しかし、インテルは、この行為が保証を無効にする適格なユーザーであると見なしていることを心に留めておいてください。

ソース:wccftech - Worried That Your Intel Alder Lake CPU Might Bend? Thermalright Has The Perfect Solution For You

 

 

 

解説:

ThermalightがLGA1700のIHS曲がり対策のプレートを発売

どうもタオバオ専用のようで、他の場所では売られていないようです。

日本でも売られると良いですね。

intelが如何に問題ないと言っても、時には僅か数FPSの性能向上のために大枚を投じるこだわり派のユーザーの集まりである自作ユーザーにとって、この問題を放置することは決してできないと私は思います。

そもそも、細かいことを気にしないならば、PS5やXbox SXを買って満足しているでしょう。

そうでないユーザーが極限の快適性や性能を求めてPCを自作するわけで、こだわるのを止めることは自作の世界にとっての死を意味していると私は思います。

Intelには是非ともそのことを考えてほしいです。

一般の人にとってはたかがCPUでしょう。

4万円と8万円のCPUがあったら大部分の人はそこまでお金をつぎ込むことの意義が見いだせず、4万円のCPUを買うと思います。

しかし、そこに意義を見出す一握りの人たちに向けて製品を発売している以上、問題があることを認めることくらいせめてしてほしいです。

近年アメリカと政治的に対立している中国の市場でのみ発売されるというのは何か意味深な感じがしますが、無いよりはあった方がはるかにマシでしょう。

こういった対策品が大手のメーカーから出ないというのはIntelの影響力の強さを証明していると思います。

RaptorLakeではこの問題が解決されていることを祈ります。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.