その他

【PS5】AMD CEO:2020年下半期には次世代ゲーム機への力強い参入が予定されています。 Radeonがどこにでもあることを望みます

投稿日:

AMDが報告した第3四半期の堅調な財務結果を受けて、CEOのLisa SuはGamesBeatにインタビューされ、投資家との決算報告で議論されたいくつかのトピックについて拡大する機会を得ました。

AMDのゲーム機事業に関しては、Suは2020年後半にソニーのPlayStation 5として強力な立ち上げを期待しています。

AMDのZen 2 / RDNA CPU / GPUアーキテクチャを搭載したMicrosoftの「Project Scarlett」Xbox対応製品は、いずれもホリデーシーズンに発売予定です。

 

ゲーム機事業は私たちにとって素晴らしい事業です。 2020年に向けて次世代のソニーとマイクロソフトのゲーム機に参加できたことを非常に嬉しく思います。

現在、製品の移行を行っています。

ほとんどのエネルギーは新しいゲーム機に向いています。

しかし、私たちの期待は、この世代が衰退するにつれて、特に2020年後半になると、次の世代への強力なランプになることです。

AMDのCEOはまた、最近の「高性能モバイルグラフィックス」のためのSamsungとの複数年にわたる戦略的パートナーシップについて議論する際に、Radeonグラフィックスを「どこでも」取得することを目標とすることを繰り返し述べました。

 

それについて考える方法は、Radeonグラフィックスがどこにでもあることです。 どこでも、データセンター、ゲーム、PC、ゲーム機、モバイルで使用できます。

Samsungはグラフィックスのパートナーとして、ライセンス機会と開発機会の両方を提供し、低電力アプリケーション向けにRadeonグラフィックスを共同で最適化しています。

繰り返しますが、これらのすべての製品セグメントにまたがるアーキテクチャを持つことは、開発者にとってもアーキテクチャにとっても良いことです。

確かに、同社の技術がすでにPlayStationとXboxのゲーム機と今後のGoogle Stadiaハードウェアに登場していると考えると、Nintendo SwitchはNVIDIA専用の唯一のゲームプラットフォームです。

とにかく、Samsungとの契約は、AMDがSamsungの7nm EUVプロセス(NVIDIAが次世代Ampere GPUに使用していると言われている)を必ずしも使用することを意味しません。

Samsungは全体的に素晴らしいパートナーだと思います。 確かに、私たちは彼らの鋳造作業に精通しています。

以前にグラフィックスを作成しましたが、今後の機会を検討します。

TSMCであろうとSamsungであろうと、それについての素晴らしい部分は、豊かな製造エコシステムがあることだと思います。

私たちの目標は、そのファウンドリエコシステムの最先端にいることです。

インタビューの他の場所で、Lisa Suはハードウェアとソフトウェアの両方にAI関連の投資を進めることを約束しました。

これは今後数年でAMDの潜在的な成長市場であると考えています。

関連するAMDニュースでは、ラップトップ向けの次世代モバイル版7nm CPUに関するレポートをご覧ください。

ソース:wccftech - AMD CEO: We’ll Have a Strong Ramp to Next-Gen Consoles in H2 2020; We Want Radeon Everywhere

解説:

AMDは来年PS5やXbox Scarlettに注力する

2019年もZen2コアのRyzenを発売し、波に乗りましたが、2020年もまたAMDの年になりそうです。

ツイッターではツイートしましたが、

次期Geforceは2021年になりそうというニュースが飛び込んでいます。

こちらは日本のメディアのニュースですから、信頼性はそれなりに高いと思います。

よって、来年はRDNA2世代のRadeonが登場すれば、nVidaに追いつくということになります。

そのため、2020年もAMDが快進撃を続けることになりそうです。

RDNA第二世代の製品でGeforceに追いつき、追い抜くことができるかどうか、ここが一つのポイントになると思います。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.