CPU情報

AMD EPYC Genoa CPUプラットフォームの詳細–最大96のZen 4コア、192スレッド、12チャネルDDR5-5200、128 PCIe Gen 5レーン、SP5「LGA6096」ソケット

投稿日:

Zen 4コアアーキテクチャを採用するAMDの次世代EPYC Genoa Server CPUラインナップの詳細がExecutableFixによってリークされた。

詳細は、今後のラインナップの様々な仕様を指摘しており、Naples、Rome、Milanを含む3世代のEPYC CPUが続いてきたAMDの既存のSP3プラットフォームを継承するSP5プラットフォームについても言及されています。

AMD EPYC Genoa Server CPUの詳細がリーク - 最大12チプレットの96 Zen 4コア、DDR5/PCIe 5サポート、LGA 6096ソケット搭載

過去にAMDのEPYC Genoaについていくつかの小さな情報を聞いたことがありますが、ExecutableFixの最新のツイートが、これまでで最も壮大なEPYCの発売について豆をこぼしているように見えます。

AMDは新しいプラットフォームに移行し、非常に多くの新機能を導入します。

Genoaのラインナップは、今年後半に出荷される予定で、2022年頃のハードローンチが予定されている。

https://twitter.com/ExecuFix/status/1365981401808580614?ref_src=twsrc%5Etfw

詳細については、AMDはすでにEPYC Genoaが新しいソケットをもたらす新しいSP5プラットフォームと互換性があることを発表しているので、SP3の互換性はEPYC Milanまで存在する。

また、EPYC Genoaプロセッサは、新しいメモリと新しい機能のサポートを特色にするだろう。

最新の詳細では、SP5プラットフォームは、LGA(Land Grid Array)フォーマットで配置された6096ピンを特徴とする全く新しいソケットを特徴とすることが報告されている。

これは、既存のLGA 4094ソケットよりも2002ピン多い、AMDがこれまでに設計した中で最も大きなソケットとなる。

このソケットは、AMDのEPYC Genoaと将来の世代のEPYCチップをサポートする。

Genoa CPU自体について言えば、このチップは96コアと192スレッドの巨大なものになる。

これらはAMDの新しいZen 4コア・アーキテクチャをベースにしており、TSMCの5nmプロセス・ノードを利用しながら、非常識なIPCアップリフトを実現することが期待されている。

最近の噂では、AMD EPYC Genoa CPUは、Milan CPUよりも最大29%のIPC向上を提供すると予想されており、他のキーテクノロジーのおかげで40%の全体的な改善が期待されていると指摘されていました。

96コアに到達するためには、AMDはEPYC Genoa CPUパッケージにさらに多くのコアを詰め込む必要がある。

AMDは、合計で最大12個のCCDをGenoaチップに搭載することで、これを実現するという。

各CCDは、Zen 4アーキテクチャをベースに8コアを搭載する。

これは、ソケットサイズの増加と一致しており、既存のEPYC CPUよりもさらに大きなCPUインターポーザーを搭載している可能性がある。

CPUのTDPは320Wで、最大400Wまで設定可能だという。

これで大幅な増加が見られた分野の一つだ。

現在のトップパーツはTDPが280Wまでなので、TDPが400Wということは、Milanより120W多いということになります。

しかし、性能とコア数の増加を考えると、Genoaには一流の効率性が期待できるのは間違いありません。

同時に、より高速なクロック、特にTDPの増加の直接的な恩恵を受けることができるベース周波数も期待できます。

IOダイはCCDから分離され、チップ上のチップレット数は13個になります。

それ以外にも、AMDのEPYC Genoa CPUは128レーンのPCIe Gen 5.0を搭載し、2P(デュアルソケット)構成の場合は160レーンとなるとされている。

SP5プラットフォームは、DDR5-5200メモリをサポートし、既存のDDR4-3200MHz DIMMよりも非常識な改善が見られる。

しかし、それだけではなく、最大12個のDDR5メモリチャネルとチャネルごとに2個のDIMMをサポートし、128GBモジュールを使用して最大3TBのシステムメモリを使用することができます。

AMDのEPYC Genoaラインアップの主な競争相手は、IntelのSapphire Rapids Xeonファミリで、PCIe Gen 5とDDR5メモリをサポートし、2022年に発売されると予想されている。

最近、このラインナップは2023年まではボリュームランプが出ないと噂されていたが、その詳細はこちらで読むことができる。

全体的に見て、AMDのGenoaラインアップは、このリークの後、素晴らしい形であるように思われ、もしAMDがGenoaの発売までにそのカードをプレイすれば、サーバーセグメントに大きな混乱をもたらす可能性がある。

AMD EPYCのCPUファミリ:

ファミリ名AMD EPYC
Naples
AMD EPYC
Rome
AMD EPYC
Milan
AMD EPYC
Genoa
発売日2017201920212022
CPU
アーキテクチャー
Zen 1Zen 2Zen 3Zen 4
製造プロセス14nm GloFo7nm TSMC7nm TSMC5nm TSMC
プラットフォームSP3SP3SP3SP5
ソケットLGA 4094LGA 4094LGA 4094LGA 6096
最大コア数32646496
最大スレッド数64128128192
最大L3キャッシュ64 MB256 MB256 MB384 MB?
チップレット
詳細
4 CCD
(CCD毎に2CCX)
8CCD
(CCD毎に
2CCX+1IOD)
8CCD
(CCD毎に
1CCX+1IOD)
12CCD
(CCD毎に
1CCX+1IOD)
サポート
メモリ
DDR4-2666DDR4-3200DDR4-3200DDR5-5200
メモリ
チャンネル数
8 Channel8 Channel8 Channel12 Channel
PCIe Gen
サポート
64 Gen 3128 Gen 4128 Gen 4128 Gen 5
TDP200W280W280W320W
(cTDP 400W)

ソース:wccftech - AMD EPYC Genoa CPU Platform Detailed – Up To 96 Zen 4 Cores, 192 Threads, 12-Channel DDR5-5200, 128 PCIe Gen 5 Lanes, SP5 ‘LGA 6096’ Socket

 

 

 

解説:

Zen4の情報がリーク

あまりサーバー向けの情報は取り上げないことにしているのですが、Zen4の詳細が初出したので、今回取り上げることにしました。

Zen4のチップレット構成は8コアが1CCXで1CCDとなります。

それに1IODがプラスされることになるようです。

このIODはもちろんPCIe Gen5とDDR5と言う2つの「ファイブ」に対応し、6nmで製造されると噂されており、当サイトのコメント欄でも情報を書き込していただいたユーザーさんがいました。

Genoaの場合は12CCD+1IODが最大で96コア192スレッドと言うことなので、1コア当たり2スレッドになります。

以前、Zen4は1コア当たり4スレッドになるというリークがあったのですが、あれは間違いだったようですね。

DDR5とPCIe 5.0に対応し、サーバー向けのGenoaが2022年ですので、恐らくSocketAM5は前からのリーク通り2023年になる可能性が高いです。

デスクトップ向けの最上位モデルRyzen 9 7950X(仮称)は16コア32スレッドにとどまる可能性が高いです。

ラインナップの構成もほぼRyzen5000シリーズと変化はないのではないかと思います。

 

予想(2022-2023年発売?)

デスクトップSocket AM5シリーズ(Raphael)

Ryzen 9 7950X 16C32T

Ryzen 9 7900X 12C32T

Ryzen 7 7800X 8C16T

Ryzen 5 7600X 6C12T

デスクトップSocket AM5シリーズAPU(Phoenix)

Ryzen 7 7700G 8C16T

Ryzen 5 7600G 6C12T

Ryzen3 7300G 4C8T

Zen3コアもCezanneのデスクトップ版は未だにラインナップ加わっていませんが、既にベンチマークのリークが出てきており、内臓GPU無しの通常CPU版のラインナップの中ではミドルからローエンドに位置づけられる可能性が非常に高いので、Zen4も上のようになると思います。

 

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.