GPU情報

NVIDIA Next Generation「Ampere」7nmグラフィックスカードは2020上半期に発売

投稿日:

ご列席の皆様、私たちは2020年に発売されるNVIDIAのAmpereベースのグラフィックスカードの3番目の確認です。

2020年に発売されることは以前からわかっていましたが、前半か後半かはわかりませんでした。

Igor’s Labのレポートのおかげで、上半期になるとわかっています。

リークされたEEC認定と台湾のトップテクノロジー出版であるDigitimesのレポートは、AmpereグラフィックカードをSamsungの7nmノードに搭載し、Turingの同等のパフォーマンスを大幅にアップグレードします。

 

Igor’s Lab:2020年上半期に発売されるNVIDIAのAmpere GPU

Igor’s Labでの名誉あるIgorは、NVIDIAのAmpere GPUが2020年前半に発売されることを期待していることを明らかにしました。

Igorは過去に最も信頼できるソースの1つであることが証明されており、NVIDIAのAmpere GPUの確認されたのは3回目です(1回目と2回目はそれぞれEEC認証とDigitimesレポートです)。

Ampereは、NVIDIAの壮大な野望からリーク情報が最初に飛び出し始めた2018年以来、捕まえるのが非常に難しい情報でしたが、ショータイムがついに来たようです。

NVIDIAはまた、四半期ごとの収益でかなり打撃を受け、Jensenは記録的な四半期の収益に戻ることを強く決意しているため、Ampereの主力GPUが発売されることを確信しています。

 

要約:NVIDIAの今後のAmpere GPUについてこれまでに知しられていること

台湾の大手出版(Digitimes)は、NVIDIAのAmpere GPUが2020年に発売され、Samsung 7nm EUVプロセスに基づいていることを確認しました。

これは私たちにとって非常に興味深いニュースです。

NVIDIAのロードマップについてだけでなく、プロセスに関する非常に適切な詳細も明らかにするからです。

NVIDIAのAmpere GPUがEEC認定に合格したときに聞いたことはありますが、それ以降何も出てきませんでした。しかし、現在、暫定的なタイムラインがあります。

それらは2020年に発売されます。

NVIDIAは、RTXの哲学を継続し、Ampereで次のレベルに引き上げる可能性が高いです。

現在、Turing GPUは1080p 30fpsでレイトレーシングが可能で、軽量から中程度負荷のパスレイトレーシングワークロードを実行できます。

Ampere GPUはさらに先へ進むことができます。

サムスンの7nm EUVプロセスに基づいているという事実は、パフォーマンスの利点と電力効率の利点を検討していることを意味します。

それだけでなく、信じられないかもしれませんが、実際には、7nm EUVは標準的なUVマルチパターニングの取り組みよりも製造が容易であると考えられています。

EUVは、会社が新しい光源に移行する際の難易度曲線の一種のリセットと考えてください。

ただし、これには大規模なリツールが必要になりますが、規模の経済性はほぼ確実に価値があることが証明されます。

つまり、SamsungのEUVプロセスは、TSMCベースのプロセスよりも目標を達成するのに適していると信じる理由があることを意味します。

もう1つの潜在的な理由は、TSMCが大量のボリュームを提供することができず、Apple Inc.よりも優先することは決してないことです。

同時に、AMDは多くの容量を使い果たしており、NVIDIAの好みに合わせて物事が窮屈になりつつあります。

一方、Samsungのファウンドリは十分な能力を備えており、Samsung Electronicsの巨大企業を考えると、歩留まりの問題にお金を投じて消滅させることができます。

Samsungについてすべてを考慮に入れると、NVIDIAのような野心的な企業にとっては筋の通ったパートナーです。

現在、Intel Foundriesの機能に大きな疑問符があり、TSMCは容量がひっ迫しており、SamsungはNVIDIAが活用できる唯一の最先端ファウンドリです。

GlobalFoundriesは今年初めに最先端のレースから脱落しましたが、そもそも彼らが最初に考えられていたわけではありません。

ソース:wccftech - NVIDIA Next Generation ‘Ampere’ 7nm Graphics Cards Landing 1H 2020

解説:

Ampereの情報が入ってきました。

どうもAmpereの製造は問題ないようですね。

イコールSamsungの7nmEUVも問題ないという認識で良いのだと思います。

今までの情報ではAmprere=RTX3000ではなく、Voltaの後継という扱いだったと思うのですが、元記事ではFlagShipという表現が躍っています。

このFlagshipというのがVoltaのように機械学習向けの高価なGPUを指すのか、RTX3000シリーズのような一般向けのGPUを指すのかははっきり書いてありません。

しかし、元記事の表現を見ると、どうもRTX3000シリーズのように読み取れる箇所があります。

NVIDIAは、RTXの哲学を継続し、Ampereで次のレベルに引き上げる可能性が高いです。

現在、Turing GPUは1080p 30fpsでレイトレーシングが可能で、軽量から中程度負荷のパスレイトレーシングワークロードを実行できます。

Ampere GPUはさらに先へ進むことができます。

こうあるので、「レイトレーシング」という下りがある辺り、やはりAmprere=一般向けのGPUという解釈しているというように読み取れます。

 

フッ化水素酸はどうなったのか?

前々からちょくちょく話題に出していましたが、日本からのフッ化水素が輸入できない件に関しては、8月までは許可が下りてないという情報がありましたが、それ以降に関しては不明です。

これで工場が正常に稼働できるのかどうかわかりませんが、何らかの方法で入手可能なのでしょうか。

この辺もよくわかりません。

しかし、Digitimesが生産できると言っているのですから出来るのでしょう。

今回、Voltaの後継が無いのだとすれば、7nmEUVが正常に生産できるのかどうかというのはAmpereの話が具体的にならない限りはハッキリしないということになります。

Turingの時は9月までずれ込んだわけですが、AmpereがPascalのように6月前後に出せるのか不明です。

元記事では「上半期に発売されると期待している」という表現になっています。

とにもかくにもRTX3000シリーズと目されるGPUの情報がようやく出てきたわけで、続報に注目です。

 

 

 

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.