GPU情報

噂:AMDが12月にNaviにレイトレーシングサポートを提供

更新日:

AMDは最近、同社の年末年始の主要ドライバーリリースの一環として、12月に多数の新しいドライバー機能を導入すると発表しました。

れは、業界関係者によるテクスフィアでの非常に興味深いおしゃべりと相まって、AMDが実際にこの12月にRadeon NaviグラフィックスカードにDirectXレイトレーシングのサポートをもたらしたという噂を引き起こしました。

 

AMDドライバーで発見されたレイトレーシングコード、12月のフルサポートの噂

公式には、AMDのNaviはソフトウェアでレイトレーシングをサポートしていますが、レイトレーシングアクセラレーション用の特別なハードウェアは組み込まれていません。

ただし、特殊なハードウェアはレイトレーシングの高速化に役立ちますが、MicrosoftのDirectXレイトレーシング機能をサポートする必要はありません。

 

同社は、12月の大きなドライバーリリースをターゲットとして、Radeon RX 5000シリーズグラフィックスカードのレイトレーシングサポートを導入していると言われています。

実際、Microsoftが最近リリースしたGears 5のグラフィックドライバーには、レイトレーシングコードが既に発見されています。

ドライバー側でレイトレーシングの基盤を設定すると、この機能に対する本格的なハードウェアサポートの土台ができます。

来年に予定されている同社の第2世代RDNAグラフィックスアーキテクチャとともにデビューする予定です。

マイクロソフトとソニーは、次世代のXBOX ScarlettおよびPlaystation 5コンソールが、実際に専用のレイトレーシングハードウェアアクセラレーションを備えた純世代のRDNAグラフィックエンジンを搭載することを確認したと聞いています。

両方の次世代コンソールは、2020年のホリデーシーズンに発売される予定です。

 

レイトレーシングの状態、必需品ですか?

レイトレーシングは、ゲームをよりきれいに見せることに疑いはありませんが、上記のビデオで自分自身を判断してください。

そして、NVIDIAがRTX 2000シリーズグラフィックスカードのTuringファミリを中心にレイトレーシングを導入して以来、ゲームコミュニティは議論と議論で賑わっていました。

特に、機能の大幅なパフォーマンスコストに関して。

今のところ、この機能は基本的にまだ初期段階にあるため、PCゲーマーとして、ゲームでレイトレーシングを実際に体験するには、いくつかの大きなハードルを克服する必要があります。

まず、この機能をサポートするグラフィックカードが必要ですが、それだけでは十分ではありません。

GeForce RTX 2060などの一部のグラフィックカードには実際にレイトレーシング用のハードウェアアクセラレーションがありますが、カードが十分なフレームレートとグラフィック設定で機能を実行するのに十分なほど強力かどうかは議論の余地があります。

結局のところ、だれが1つのグラフィックス機能をオンにするために普通に使用するよりも低い設定と低いフレームレートで設定を下げてゲームをプレイしたいと思うでしょう。

性能のハードルを克服すると、次に非常に恐ろしいことが待っています。次のハードルとは、それは、ほんの一握りのゲームだけが、最初からこの機能を実際にサポートしているという事実です。

ゲーム開発は非常にリソースを消費します

また、ゲームスタジオがPCゲームコミュニティのごく一部の人しか使用できない機能ではなく、大半のゲーマーが気が付くゲームの機能や側面に焦点を当てることは非常に理にかなっています。

これはもちろん、レイトレーシングがまだ初期段階にあり、ハードウェアとソフトウェアの両方がレイトレーシングを改善するにつれて、誰でも使える状態に進むということは事実だと思います。

それが正確にはどれくらいかかるかは議論の余地があるでしょう。

ただし、次世代のゲーム機は、レイトレーシングがメインストリームへの本格的な推進力を提供することになっています。

それまでの間、ご意見をお聞かせください。

ソース:wccftech - Rumor : AMD Bringing Ray Tracing Support to Navi in December

 

解説:

AMDがレイトレーシングをソフト的にサポートするのではないかという話が上がってきました。

AMDは第一世代のRDNAでレイトレーシングをサポートすることに積極的ではありません。

というかハードウェアサポートは実装されていないわけですが、今のRTX2000シリーズが抱える問題点を端的に指摘しています。

4Kで60FPSを出せるゲームをわざわざレイトレーシングをオンにしてFullHDでプレイするか?ということです。

もちろんこれは出てきたばかりの最新技術によく見られる状態です。

コストパフォーマンスを気にされる方はGTX1660Tiや今月に出るSUPERなどを購入された方が良いと思います。

結局のところレイトレーシングは次世代のRTX3000シリーズで花開く技術ということなのかもしれません。

それでも8Kが実用範囲に入ってくれば、8Kを捨てて4K+レイトレーシングを取るのか?という問題はずっと付きまとってくると思います。

来年はオリンピックですので、8Kテレビでパネルが大量生産され、PC用モニターにも回ってくるかもしれません。

PCで8Kが一般的になるには、マイクロソフトがWindowsで高DPIを自然に使えるような工夫をすることが必要だとも思います。

どちらを取るユーザーが多くなるのか?それは出てみないとわかりませんが、技術は着々と進歩していくでしょう。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 5700シリーズ発売開始

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.