GPU情報

AMD Radeon RX 6500 XTはPCIe 4.0 x4インターフェースに制限されています。

投稿日:

AMD モバイル GPU はデスクトップでは PCIe レーンが少なくなる

因みに、AMDのボードパートナーの1社は、デスクトップNavi 24がPCI Express 4.0インターフェイスの4レーンに制限されていることを確認している

ASRock の Web サイトでは、RDNA2 デスクトップ GPU ファミリの最新メンバーである Radeon RX 6500 XT の写真と詳細な仕様を見ることができます。このカードは、6nm プロセス技術で製造された最新の Navi 24 GPU をベースにしています。

結論から言うと、このカードはPCI-Expressインターフェイスが4レーンに制限されている。

これはGen4インターフェイスだが、Gen4 x8インターフェイスを提供する先代のRX 5500(XT)と比べると、まだ短いインターフェイスであることは明らかだ。

ASRock の Web サイトから、GPU に電気的に配線されたレーン数を示す写真をいくつか集めました。

Navi 23 および Navi 24 ベースのモデルでは、レーンが少なくなっていることがわかります。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

ASRock、RX 6500 XT が PCIe Gen4 x4 であることを確認、ソース:ASRock

 

RX 6500 XTは、4レーンしか利用できないため、PCIe 3.0 x8やPCIe 2.0 x16カードと同じ8GB/秒の帯域幅となります。

PCI-Express 速度

PCIe世代発表年速度x1x4x8x16
PCIe 1.020032.5 GT/s250 MB/s1 GB/s2 GB/s4.0 GB/s
PCIe 2.020075.0 GT/s500 MB/s2 GB/s4 GB/s8.0 GB/s
PCIe 3.020108.0 GT/s1 GB/s4 GB/s8 GB/s16 GB/s
PCIe 4.0201716 GT/s2 GB/s8 GB/s16 GB/s32 GB/s
PCIe 5.0201932 GT/s4 GB/s16 GB/s32 GB/s64 GB/s
PCIe 6.0202164 GT/s8 GB/s32 GB/s64 GB/s128 GB/s

RX 6500XTがx4インターフェイスしか搭載していないことは、実はAMDやGigabyte、ASUS、MSIなどの大手AIBでは言及されていない。

AMDも他のAIBもRX 6500 XTをPCIe Gen4 x4としてリストアップしていない、ソース:AMD/AIBs

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

また、RX 6500XTは、H264/HEVCエンコードやAV1デコードなど、他のRX 6000カードにある重要な機能を欠いていることも特筆すべき点です。

これらの欠落している機能は、すべてのNavi 2X GPUを比較する3DCenterによってまとめられている。

AMD Navi 2X GPU、ソース:3DCenter

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

さて、問題は、カードがPCIe 4.0 x4インターフェイスを備えているかどうかが本当に重要なのか、ということです。

このカードは1080p以上のゲーム用に設計されていないため、ほとんどの場合、それは重要ではないだろう。

しかし、Polaris RX570/580やRDNA1 SKUなど、同価格帯のモデルを検討しているゲーマーにとっては、重要なことだろう。

そのような場合は、中古のGPUの方が良い選択かもしれません。

重要なのは、RX 6500XTが低価格カードであるため、PCIe 4.0標準を搭載していない古いシステムと組み合わせるゲーマーもいるかもしれないことだ。

このようなシステムでは、ResizableBarがサポートされていないため、その差はより顕著になるはずだ。

ソース:Videocradz.com - AMD Radeon RX 6500 XT is limited to PCIe 4.0 x4 interface

 

 

 

 

解説:

Radeon RX6500XTはPCIe Gen4 x4になる

RX5500XTもPCIe Gen4 X8でしたが、RX6500XTはx4になるとのこと。

単純に考えて、スロットに引き回すパターンが減るわけですから、コスト的に合理性があるのかもしれませんが、PCIeの延長ケーブルが使われるようになり、PCIe Gen3.0も現役な現在、PCIe Gen4 x4と言うのはちょっと苦しいと思います。

Gen3相当で使うると4GB/sとなり、さすがにこの速度では性能に影響が出ると思います。

せめて8にできなかったのかなあと思います。

Gen4のライザーケーブルは品質が安定せずに環境によってはGen3でしか使えないことも多々あり、元々Gen3のマザーボードがまだまだ現役であることを考えると、なかなか苦しいものがあります。

メーカーとしては最新の環境を使ってくださいと言うことなのでしょうね。

 

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥80,000 (2022/08/08 07:39:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.