CPU情報

AMD Ryzen 9 3950X 16コアCPUがオーバークロックされ、スイートスポットと呼ばれる4.4 GHz〜4.3 GHzでベンチマークされ、24コアRyzen Threadripper 2970WXを上回る

投稿日:

X570マザーボード向けの最新のオーバークロックガイドで、ギガバイトはAMDの主力プロセッサであるRyzen 9 3950Xの潜在的なオーバークロックスイートスポットを明らかにしました。

Ryzen 9 3950Xは、マルチタスクユーザー向けに膨大なパフォーマンスを搭載し、最速のメインストリームチップであり、16コアを提供する最初のチップとなります。

 

AMD Ryzen 9 3950Xオーバークロックの可能性詳細、4.3 GHzがスイートスポット-24コアRyzen Threadripper 2970WXを上回る

Gigabyteが投稿したオーバークロックガイドは、AMDの主力プロセッサであるGigabyte X570 AORUS MasterマザーボードとAMD Ryzen 9 3950Xが16 GBのDDR4-3200メモリと共に使用されることを先に説明します。

以前にCinebenchでオーバークロック数を見てきましたが、それらはほとんど液体窒素冷却で行われました。

ここで行われたすべてのテストは、より現実的なテストケースであるEK-KIT P360水冷キット(簡易水冷ではありません)を使用して行われました。

Gigabyteによると、AMD Ryzen 9 3950Xは、1.416ボルトの電圧供給で4.3 GHzで安定していました。

AMDは Ryzen 3000シリーズCPUの1.3-1.45Vのオーバークロック電圧を推奨しています。 (ホットスポットの温度)。

X570チップセットの温度も68°Cに達し、追加のファン冷却が必要な理由を示しています。

パフォーマンスに関しては、ストックされたRyzen 9 3950XはCinebenchで3932ポイントのスコアを記録しましたが、パフォーマンスの評価には古いR15バージョンが使用されたことに注意してください。

4.3 GHzでは、同じプロセッサが4384ポイントのスコアを記録しましたが、これは452ポイントの差です。

これは間違いなく、24コアで約4300ポイント(在庫)を管理できるAMDのTR 2970WXプロセッサーのパフォーマンスをさらに上回るパフォーマンスの大幅な向上です。

Ryzen 9 3950Xチップは、Core i9-9980XEよりも優れています。これは、コアが2つ、スレッドが4つ多く、同じベンチマークで約3700ポイントしか得られません。

これは、メインストリームのRyzenプロセッサーにより、AMDは、今月リリースされるまだリリースされていないHEDT 10th Genチップの競合他社に対して理想的な立場にあることを示しています。

 

これらの結果が常にprime95の安定性を保証するわけではありませんが、少なくとも部品はCinebench R15を介して安定する可能性があります。

最良の結果を得るには、信頼性の高いデュアルラジエーター水冷、またはさらに優れたトリプルラジエーターソリューションを使用することをお勧めします。

前の手順に従い、設定を新しい値に調整するだけです。そのような結果を得るために必要なCPU電圧は非常に高く、部品を損傷する可能性があるため、お勧めしません。

実験目的のみで、Cinebench R15に合格できる部分を試しました。

残念ながら、今回は複数のパーツをテストすることができなかったため、結果はは単一のパーツのみに基づいています。

Cinebench R15は4400MHzで行いました。

また、GigabyteはCPUを4.4 GHzで実行することに成功し、Cinebench R15を問題なく実行できました。

すべてのコアに100 MHzの追加バンプが追加され、チップは4475ポイントのスコアを管理しました。

これは、LN2(液体窒素)を使用せずに実行されていることを考えると、驚くべきことです。

1.452Vの電圧供給が使用されましたが、これは安全な境界を過ぎていますが、Gigabyteは、Ryzen 9 3950X 16コアプロセッサのスイートスポットとして4.3 GHzオーバークロックを使用して、すべてのチップが4.4 GHzに到達できるわけではないことにも言及しています。

 

AMD Ryzen 9 3950X CPUの公式仕様

仕様に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xには7nm Zen 2コアアーキテクチャが採用され、Ryzen 9インターポーザーには2つのZen 2ダイと14nmプロセスノードに基づく1つのI / Oダイを含む3つのチップレットがあります。

AMD Ryzen 9 3950Xは完全に有効化され、16コアと32スレッドを提供しますが、このコア構成はAM4などの主流プラットフォームでは利用できませんでした。

12コア、24スレッドのRyzen 9 3900X構成はメインストリームプラットフォームでは見られず、AMDは、HEDT専用であったようなコア数をメインストリームユーザーにもたらした最初の製品です。

クロック速度に関しては、AMD Ryzen 9 3950Xは3.5 GHzの基本周波数で動作し、AMDのRyzen 3000シリーズプロセッサで最高の超高速4.7 GHzにブーストします。

チップは合計72 MBのキャッシュを備え、他のRyzen 9パーツと同様に105 WのTDPを備えています。

TDPは基本周波数の数値に基づいているため、チップがブーストするか、ユーザーが手動でオーバークロックすると実際に高くなります

オーバークロックに関しては、他のすべてのRyzen CPUと同様に、Ryzen 9 3950XがTIMよりも優れたサーマルを提供するはんだ付け設計を備えていることもわかっています。

AMD Ryzen 3000シリーズCPUラインアップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen5 3500XRyzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)16 MB32MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)40404040404040404040
TDP65W65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$129 US?$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)17,300程度20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

AMD Ryzen 9 3950Xは、最初に最大24コアと48スレッドを提供する第3世代Ryzen Threadripperラインナップとともに11月に発売されます。

AMDはチップを微調整しているため、Ryzenプロセッサーで100を超える改善が期待される新しいマイクロコードのローンチ時とプライムタイムに、公表されているクロック速度に達することができます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 3950X 16 Core CPU Overclocked and Benchmarked at 4.4 GHz – 4.3 GHz Stated As Sweet-Spot, Outperforms The 24 Core Ryzen Threadripper 2970WX

 

解説:

本格水冷で全コア4.3or4.4GHzまで回る3950X

3950XのOC耐性とスコアに関する情報がリークしました。

3950Xは本格水冷のキットを使って全コア4.3or4.4GHzまで回るようで、4.3なのか4.4なのかは当たりはずれによるようです。

全コア4.4GHz時のCinebenchR15のマルチスレッドスコアは4475で、32コア64スレッドのRyzen Threadripper 2990WXが5260cb程度であることを考えるとThreadripperを含めたほとんどの旧製品を抜き去ってしまう性能を持っていることは確かです。

3950XはCore i9-9980XEよりも優秀で、この性能ならば、ほぼIntelのLGA2066を喰ってしまえる性能があると言ってもよいでしょう。

コストパフォーマンスを考えると、勝負にならないと言ってもよいと思います。

メインストリーム向けとしてはまさに怪物レベルのCPUでゲームチェンジャーと言ってよいでしょう。

11月に延期されたのが残念です。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.