CPU情報

Ryzen 3000シリーズブースト周波数問題が修正されます!

投稿日:

AMD Ryzen Logo

数日前に、der8auerのRyzen 3000シリーズのブースティングサーベイと、Ryzen 3000シリーズの全体的なブーストが宣伝された数字に恥ずかしいかについて投稿しました。

Ryzen 3000シリーズは、前世代よりも実際のパフォーマンスを大幅に向上させましたが、限られた数のチップが定格ブーストクロックに達し、AMD独自のレビュアーガイドの目標数に達していないため、少し悪い光学系に悩まされています。

いずれにせよ、AMDが第3世代Ryzen 3000シリーズプロセッサのブースティングアルゴリズムに関して公式声明を発表したことを非常に嬉しく思います。

以下の声明で述べるように、彼らは現在、彼らのファームウェアの問題を特定したRyzen 3000シリーズプロセッサのブーストに対処するボードパートナー向けの新しいBIOSアップデートを準備しています。

彼らは9月10日に、BIOSの入手可能性に関してコミュニティにアップデートを提供する予定です。

このBIOSは、マザーボードベンダーがそこから特定のボードBIOSを準備する必要があるため、その時点では消費者とエンドユーザーが利用できない可能性があります。

願わくば、この修正が第3世代Ryzen 3000シリーズプロセッサをサポートするすべてのボードに展開され、新しいX570ボードに限定されず、過去および将来これらのCPUを手にした人々が、広告されたブーストクロックが現実になるのを見ることができます

 

(原文)

AMD is pleased with the strong momentum of 3rd gen AMD Ryzen processor in the PC enthusiast and gaming communities.

We closely monitor community feedback on our products and understand that some 3rd gen AMD Ryzen users are reporting boost clock speed below the excepted processor boost freqency.

While processor boost freqency is dependent on many variables including workload ,system design , and cooling solution , we have closely reviewed the feedback from our costomers and indetified an issue our firmware that reduces boost freqeuncy in some solutions

We are in the process of preparing a BIOS update for our motherboard partners that adresses that issue and includes additional boost performance optimizations.

We will proviede an update on september 10 to the community regarding the availability of the BIOS.

 

(翻訳)

AMDは、PC愛好家やゲーム業界での第3世代AMD Ryzenプロセッサの強力な勢いに満足しています。

製品に関するコミュニティフィードバックを注意深く監視し、一部の第3世代AMD Ryzenユーザーが、例外的なプロセッサーブースト周波数を下回るブーストクロック速度を報告していることを理解しています。

プロセッサーのブースト周波数は、ワークロード、システム設計、冷却ソリューションなどの多くの変数に依存しますが、コストマーからのフィードバックを詳細に検討し、一部のソリューションでブースト周波数を低下させるファームウェアの問題を特定しました。

マザーボードパートナー向けに、この問題を解決し、パフォーマンスを最適化するための追加のBIOSアップデートを準備しています。

BIOSの可用性に関して、9月10日にコミュニティにアップデートを提供します。

 

Ryzen 9 3900X 12コア/ 24スレッドCPU、499ドル

AMD Ryzen 9 3900Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた12コアおよび24スレッドのパーツです。

このチップは、3.8 GHzのベースクロックと4.6 GHzのブーストクロックを備えています。

70 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、105 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは小売価格499ドルで販売されます。

価格の面では、このチップはIntel Core i9-9900Kに対して位置付けられており、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、PCIe Gen 4.0などの次世代I / Oのサポートを提供します。

 

Ryzen 7 3800X 8 Core / 16スレッドCPU、399ドル

AMD Ryzen 7 3800Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた8コアおよび16スレッドパーツです。

このチップは、3.9 GHzのベースクロックと4.5 GHzのブーストクロックを備えています。

36 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および105 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは399ドルで小売価格になります。 価格の面では、チップはIntel Core i7-9700Kに対して配置され、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、およびPCIe Gen 4.0などの次世代I / Oのサポートを提供します。

 

Ryzen 7 3700X 8コア/ 16スレッドCPU、329ドル

AMD Ryzen 7 3700Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを特徴とする8コアおよび16スレッドパーツでもあります。

このチップは、3.6 GHzのベースクロックと4.4 GHzのブーストクロックを備えています。

36 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および65 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは小売価格329ドルで販売されます。

価格の面では、チップはRyzen 7 3800XよりもCore i7-9700Kに対して優れた位置にあります。

これは、TDPの点でより効率的であるだけでなく、価格も低いためです。

 

Ryzen 5 3600X 6 Core / 12スレッドCPU、249ドル

AMD Ryzen 5 3600Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを備えた6コアおよび12スレッドのパーツです。

このチップは、3.8 GHzのベースクロックと4.4 GHzのブーストクロックを備えています。

35 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および95 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは小売価格249ドルで販売されます。

価格の面では、チップはIntel Core i5-9600Kに対して配置され、より多くのコア、スレッド、キャッシュ、PCIeレーン、およびPCIe Gen 4.0などの次世代I / Oのサポートを提供します。

 

Ryzen 5 3600 6コア/ 12スレッドCPU、199ドル

AMD Ryzen 5 3600Xは、7nm Zen 2コアアーキテクチャを採用したエントリーレベル6コアおよび12スレッドパーツです。

このチップは、3.6 GHzのベースクロックと4.2 GHzのブーストクロックを備えています。

35 MBのL3キャッシュ、40のPCIe Gen 4レーン(CPU + PCH)、および65 WのTDP(基本周波数から派生)があります。

CPUは、199ドルで小売価格になります。 価格に基づいて、Ryzen 5 3600は、価格/性能に重点を置いた予算のゲーミングPCを構築することを計画しているゲーマーにとって非常に人気のある6コアチップになるでしょう。

 

AMD Ryzen 3000 シリーズ CPU ラインナップ

CPU名Ryzen 5 3500Ryzen 5 3600Ryzen 5 3600XRyzen 7 3700Ryzen 7 3700XRyzen 7 3800XRyzen 9 3900Ryzen 9 3900XRyzen 9 3950X
コア数/ スレッド数6/66/126/128/168/168/1612/2412/2416/32
ベースクロック3.6 GHz3.6 GHz3.8 GHz不明3.6 GHz3.9 GHz4.1 GHz3.8 GHz3.5 GHz
ブーストクロック4.1 GHz4.2 GHz4.4 GHz不明4.4 GHz4.5 GHz4.3 GHz4.6 GHz4.7 GHz
キャッシュ (L2+L3)35 MB35 MB35 MB36 MB36 MB36 MB70 MB70 MB72 MB
PCIe レーン数 (Gen 4 CPU+PCH)404040404040404040
TDP65W65W95W65W65W105W65W105W105W
価格(USドル)$149 US?$199 US$249 US$279 US?$329 US$399 US$449 US?$499 US$749 US
価格(日本円)20,000程度26,16030,86036,820程度43,41851,25157,673程度65,61898,492程度

※ 日本価格はamazonの販売価格(マーケットプレイスは除く)。未発売の日本価格に関しては現行モデルの価格から計算した概算を示しています。

ソース:wccftech - Ryzen 3000 Series Boost Frequency Fix Incoming!

解説:

Ryzenのブーストクロックが公称値より低い問題に関して9月10日に修正するとAMDが明言しました。

※AMDが修正するのはBIOSの元で、ここから各社の修正が入りますので、正確に9月10日に修正されるわけではないと思います。検証する時間なども必要でしょうし、念のためお断りしておきます。

AMDはゲームやPC関連のコミュニティを観察していてきちんとこの問題を認識しているようです。

不具合を修正するのは当たり前と言えば当たり前で、特に自慢するようなものでもありませんが、ユーザーと密接にコミュニケーションを行い、直すべき点は直していくというのは、すでに完成しきっているメーカーよりも「楽しい」と感じる人もいるのではないでしょうか。

私はそういうタイプです。

私はAMDのファンですが、悪い点があったとしても特に隠すつもりはありません。

こうした不具合が絶対に許せない人は初物は避けるべきですし、AMDは避けるべきかもしれません。

こうしたものを楽しめる人でないとAMDは厳しいかもしれませんね。(笑

Threadripperも当初は会社の公式な製品ではなく、社員がやりたいから空き時間にやったプロジェクトであり、出してみたら当たったという製品です。

こういうプロジェクトのことをスカンクワークスと言います。

ソース: the INQUIRER - AMD Threadripper was developed by engineers in their spare time

AMDはこういった「個人の熱意でプロジェクトが変更になる」可能性がある会社であり、そこが良いところでもあるし悪いところでもあると思います。

今は良い方向に作用していますのでいずれBIOSはアップデートされ、この問題は修正されると思います。

こうした問題にブチ当たってみんなでワイワイ騒ぐのが好きではない人はしばらく様子を見た方が良いかもしれませんね。

この件に関する私の感想は「自分もお祭りに参加できなくて残念」です(笑

 

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.