CPU情報

Intel Cascade Lake-Xの「Core-X」CPUが第2世代AMD Ryzen Threadripper HEDTチップよりも優れたドル当たりのパフォーマンスを提供

投稿日:

Intelは、次世代のCore-Xプロセッサ「Cascade Lake-X」がAMDのRyzen Threadripper CPUと比較して1ドルあたりのパフォーマンスが向上すると述べています。

最新の情報はIFA中にIntelによって明らかにされ、次世代のハイエンドデスクトップCPUが実際にHEDT市場でIntelをほぼ破壊しているThreadripper CPUに対して積極的に価格設定される可能性があることを明らかにします。

 

Intelは、AMDのRyzen Threadripper第2世代チップと比較して、Cascade Lake-Xの「Core-X」CPUで1ドルあたり2倍のパフォーマンスを提供します

Intelは、Cascade Lake-Xシリーズの一部となる新しいCore-Xプロセッサを製造していることを知っています。

新しいプロセッサは、既存の更新されたLGA 2066ソケットマザーボードと互換性があります。これは、提供する必要がある唯一の変更は、14nm ++プロセスノードに基づいて、わずかに高いPCIeレーンと高いクロックです。

インテルは来月、XシリーズおよびHEDT(ハイエンドデスクトップ市場)ラインにも劇的な変化をもたらします。

コードネームCascade Lake-Xの新しい製品ファミリは、前世代の1ドルあたり最大2倍のパフォーマンスを提供します。

これを達成する方法の詳細について話すのは時期尚早ですが、IntelのXシリーズおよびWシリーズファミリに対するコミットメントがすぐにわかるでしょう。

Intelより

Intelが共有するスライドで、プロセッサが来月に利用可能になることを確認し、Cascade Lake-Xプロセッサは、Skylake-XおよびAMD Ryzen Threadripperプロセッサと比較して、1ドルあたりのパフォーマンスがはるかに優れていると述べています。

IntelはSkylake-Xをベースラインとしており、それと比較して、Cascade Lake-Xプロセッサは1ドルあたり1.74倍から2.09倍のパフォーマンスを提供します。

これは、Ryzen Threadripper 2990WXフラッグシップ32コア、Threadripper 2970WX 24コア、およびRyzen Threadripper 2950X 16コアプロセッサーよりも優れています。

インテルは、これらのプロセッサを比較するために使用するパフォーマンスメトリックを述べていませんが、最近、レビュー担当者はテスト方法を修正し、ベンチマークを使用する必要があると言っていたため、「実際の使用」テストの1つであり、最近非常に

議論の的になっています ニッチを目的としたものではなく、実際の消費者の使用を反映しています。

HEDTのラインナップにはすでにニッチ市場に分類されており、Cinebenchやその他のレンダリングアプリケーションなど、Intelが関連するとは見なしていないベンチマークを含める必要があります。

先に話を進めると、Intelは今後のラインで大規模な価格の更新を検討していることがわかりますが、その理由はIntelは、現在のラインナップの上限に既に達しているクロック速度でしか遠くに行けないからです。

18コアのフラッグシップであるCore i9-9980XEは、32コアのAMD Ryzen Threadripper 2990WXが1800ドルであるのに対して、現在は2000ドルです。(Ryzen Threadripper 3000が間近に迫っていることを考慮した値下げにより、より低くなりました)

Intel HEDT プロセッサファミリ:

Intel HEDT ファミリーGulftownSandy Bridge-EIvy Bridge-EHaswell-EBroadwell-E
製造プロセス32nm32nm22nm22nm14nm
フラッグシップ製品Core i7-980XCore i7-3960XCore i7-4960XCore i7-5960XCore i7-6950X
最大コア数/スレッド数6.126.126.128/1610/20
クロック3.33/3,60 GHz3.30/3.90 GHz3.60/4.00 GHz3.00/3.50 GHz3.00/3.50 GHz
最大キャッシュ12 MB L315 MB L315 MB L320 MB L325 MB L3
最大PCI-Exレーン数(CPU側)32 Gen240 Gen240 Gen340 Gen340 Gen3
チップセット互換性X58 ChipsetX79 ChipsetX79 ChipsetX99 ChipsetX99 Chipset
ソケット互換性LGA 1366LGA 2011LGA 2011LGA 2011-3LGA 2011-3
メモリ互換性DDR3-1066DDR3-1600DDR3-1866DDR4-2133DDR4-2400
最大TDP130W130W130W140W140W
発売Q1 2010Q4 2011Q3 2013Q3 2014Q2 2016
発売時価格$999 US$999 US$999 US$1059 US$1700 US
Intel HEDT ファミリーSkylake-XSkylake-XSkylake-XCascade Lake-X
製造プロセス14nm+14nm+14nm+14nm++
フラッグシップ製品Core i9-7980XECore i9-9980XEXeon W-3175X未定
最大コア数/スレッド数18/3618/3628/5618/36
クロック2.60/4.20 GHz3.00/4.50 GHz3.10/4.30 GHz未定
最大キャッシュ24.75 MB L324.75 MB L338.5 MB L324.75 MB L3
最大PCI-Exレーン数(CPU側)44 Gen344 Gen344 Gen344 Gen3
チップセット互換性X299X299C612EX299
ソケット互換性LGA 2066LGA 2066LGA 3647LGA 2066
メモリ互換性DDR4-2666DDR4-2800DDR4-2666DDR4-2933
最大TDP165W165W255W165W?
発売Q3 2017Q4 2018Q4 20182H 2019
発売時価格$1999 US$1979 US~$4000 US未定

また、IntelはXeon WのラインナップをLGA 3647ソケットに切り替え、HEDT市場向けの生産と供給を容易にします。

来月にはパフォーマンスと仕様の詳細を検討する予定ですので、Intelからの連絡があり次第お知らせいたします。

ソース:wccftech - Intel Cascade Lake-X ‘Core-X’ CPUs To Offer Better Performance Per Dollar Than 2nd Gen AMD Ryzen Threadripper HEDT Chips

 

解説:

ついに価格競争に打って出るintel

intelがついに価格競争に打って出るようです。

残念ながら、LGA1151ではなく、LGA2066ですが。

今のThreadripper 2990WX以下の価格設定とするようです。

現時点で一番性能あたりの価格差がついているのがHEDTであり、新型Threadripperに対して今の価格では対抗できないと思ったのでしょう。

AMDは以前(Pentium4時代)のように露骨なマーケティング戦略は取っていませんが、明らかに発売日をCascade Lake-Xにぶつけていますので、もろに地力の差が出ることになります。

同時発売であればおそらく激しい比較にさらされると思います。

逆に言えば性能・消費電力・価格のうち、自社で下げることにできるパラメーターである価格でしか勝負できなかったということです。

 

なぜデスクトッププラットフォームでは価格競争をしなかった?

これはおそらく、製品の供給に不安があるからだと思います。

値下げを行っても売り上げが確保できないのであれば、値段を下げるメリットがありません。

まあ、「神の見えざる手」によって価格は下がってしまっていますが・・・・。

逆に言えば今が一番お得にintel CPUが買える時期と言えるかもしれません。

 

ドイツの小売り業者Mindfactoryの売上比率を見ても全体の3-5%程度しかないHEDTあれば値下げは十分可能です。

このクラスを買う層は性能のためには金に糸目はつけないという人が多いと思いますが、コストパフォーマンスを気にする人もそれなりにいるでしょうから、多少の効果はあると思います。

しかし、やはり金に糸目はつけないという人たちが圧倒的多数だと思いますので、恐らくはPCI Express 4.0に対応し、メモリ8chというThreadpiper3000シリーズが有利と言えるでしょう。

intelの値下げは嫌がらせ程度の効果しか発揮しないと思います。

やはりintelの真打はPCI Express4.0に対応するか、IPCが18%向上したIceLakeコア版だと思います。

この辺りは今のところいつ出るのかははっきりしませんが、最低でも利益率が高いHEDT版には搭載されると思いたいですので、そこからが本当の勝負ということになります。

 

Intelは今が一番苦しい時

Intelは今が一番苦しい時になるでしょう。

新しいプロセスが立ち上がってZen2コアを超えるコアを全セグメントに投入できない限りこの状態は続いていくと思います。

intelが足踏みしている間にTSMCはどんどんプロセスを進めており、このまま放置していれば致命的な差となって広がっていくと思います。

Intelがいつ頃IceLakeコアを全セグメントに投入できるかが今後のカギとなっていくでしょう。

2020年後半から2021年以降になると思われますが、ここまでどのように凌ぐかが最も注目すべき点です。

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.