その他

USB 4はバスのプロトコルトンネリングをサポートし、40 Gbpsの転送をサポートします

更新日:

USB 3、USB 3.1、およびUSB 3.2が市場に浸透し、落ち着き始めると、USB Implementers Forumの良き人々は、USB 4、第1世代をリリースしました。

USB 4.0の記載されている目標は単純です。

USB 3によって提供される多くの利点にもかかわらず、フレームワークの背後にある混乱した命名法は、その採用のハードルであることが証明されています。

簡単にするために、USB-IFは5Gbps USB 3ポートをSuperSpeed USB、10GbpsポートをSuperSpeed USB 10Gbps、20GbpsポートをUSB 3.2 Gen 2x2と命名することにしました。

そのため、USB 4の概要について知りたい場合は、詳細をご覧ください。

これにより、ホストコンピューターに接続された周辺機器は、それらの間で帯域幅を共有できます。

賢明であれば、これはIoTの背後にある概念を有線デバイスにももたらすことが理解できるはずです。

ただし、USB 4の背後にある基本的なアーキテクチャは、以前のものと変わりません。すなわち、 前述のSuperSpeed USB(Gen 3.2)。

しかし、これは、USB 4がその前身を何も変えないという意味ではありません。

USB 4では、プロトコル間で帯域幅を共有するために、USBバスへのプロトコルトンネリングと呼ばれるものを介して、さまざまなプロトコルを集約できます。

これにより、PCI Expressに基づいたディスプレイポート(DP)およびロード/ストアのトンネリングが可能になります。

USB 4は、「パススルー」として機能し、トンネルトラフィックを受信してDisplayPortシンクに送信するDP OUTアダプターを組み込むことにより、ディスプレイポートトンネリングをサポートします。

新しい標準は、既存のThunderboltおよびUSB製品との互換性も保持します。

USB 4は、高スループットの信号レートをサポートするようにも設計されています。 これらには以下が含まれます。

  • 10 Gbps(Gen 2の場合)および20 Gbps(Gen 3の場合)
  • 10.3125 Gbps(Gen 2の場合)および20.625 Gbps(Gen 3の場合)のThunderbolt 3互換レートのオプションサポート。

パフォーマンスパラメータに触れたため、USB 4で最も重要なことは、最新の標準でサポートされるデータレートです。

USB-IFが明らかにした詳細によれば、USB 4はUSB 3.2 Gen 2×2データ転送速度を2倍にします。

これは、同じデュアルレーン、デュアルシンプレックスアーキテクチャを利用しながら、新しい接続で最大40 Gbpsのデータ転送が可能になることを意味します。

USB-IFで以前に共有されていた詳細については、この規格は100ワットの充電をサポートし、2つの60Hz 4Kディスプレイをサポートできます。
USB 4の正式な指定はUSB4です。

何か意見をお持ちですか? 下記のコメントセクションでご意見をお聞かせください。

引き続きご注目ください。

最新情報を随時お知らせします。

ソース:wccftech - USB 4 Supports Protocol Tunneling For Buses, Supports 40 Gbps Transfer

解説:

何かわかりにくい書き方がしてありますが、USB4=Thunderbolt3です。

参考記事:intel、Thunderbolt3をどこでも有効にするための対策を講じ、プロトコルをリリース

intelがThunderboltの仕様をUSB Promoter Groupに提供し、それに基づいてUSB4を策定、Thunderbolt3互換のチップを無償で作れるようになりましたので、ここでようやくUSB4がリリースされたということです。

intelのIcelakeにはすでに採用されているようですが、AMDプラットフォームでも今後採用が広がっていくことでしょう。

一部のメーカーではすでに採用している製品もあります。

USB3.0はUSB3.1 Gen1、Gen2、USB3.2 Gen2x2とかなり迷走しましたが、USB4がすぐに決まって帯域が3.2の倍になったのはintelがある程度広めてから公開したという要素が大きく影響していると思います。

intelは最近のAMDとの競争ではぱっとしませんし、悪いところが出てしまっていますが、良いとこもたくさんある偉大なメーカーであることは確かです。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.