その他

NVIDIAの収益–営業時間外の取引でPropelsの株価を上回ります

投稿日:

NVIDIA(NASDAQ:NVDA 157.13 5.62%)は本日終了後の収益を報告し、昨年の暗号市場の崩壊に伴い慎重な市場予想をわずかに上回り、同社の収益は大幅に落ち込みました。

NVIDIAは最近、貿易戦争での緊張が続いているためにチップメーカー(そして実際にはより広い市場)にとって素晴らしい時期ではなかったものの、より広範なPHLX SOX半導体指数を下回っていることに注意することが重要です。

ここで、暗号ブームから残った在庫を巻き戻した後に成長に戻っている会社を見ることができます。

見出し番号:

 

  • 収益は25億8000万ドルで、アナリストは25億4,000万ドルを予想しています。
  • アナリストが期待する1.15ドルに対して1.24ドルの1株当たり利益
  • 収益は四半期ごとに16%増加、年間17%減少
  • 粗利益は1.4%から59.8%増加

ゲームの収益は、前四半期の10億ドルから13億1千万ドルに増加しましたが、暗号ブームの最盛期にピークに達した18億ドルを大きく下回っています。

レイトレーシング機能のタイトルサポートが多少制限されているにも関わらず、ラップトップRTXの販売数は多いと報告されていますが、ゲーム開発コミュニティは現在、より大きな方法でレイトレーシングを採用しているようです。

RTXチップを搭載した100を超えるOEMラップトップモデルが、レイトレーシングをサポートするゲームに関するGamescomでの着信アナウンスを指す収益コールでJensenとともに利用できるようです。

しかし、大きな話題は四半期のパフォーマンスに関するものではなく、それは良好であり、NVIDIAが暗号通貨需要が失われた後も正しい方向にダイヤルを動かし続けていることを示していますが、第3四半期のデータセンターの販売のための前向きなガイダンスです。

※ガイダンスというのは株主向けの業績予想のことです。


NVIDIAの収益–次の四半期にデータセンターが順調に

第3四半期はNVIDIAにとって強力なものになると見込んでおり、同社は29億ドルのプラスまたはマイナス2%の収益予想を導き、一方マージンは62%に再び跳ね上がると予想されています。

2019年の第2四半期に暗号通貨の販売熱の高さで63.5%、収益が31億ドルだったことを考えると驚くべきことです。

営業費用の伸びも鈍化し、同社はここでさらに1,000万ドルの費用を負担するだけで、今四半期には3,800万ドルの伸びを見せました。

データセンターは、投資家がNVIDIAと業界全体の持続可能な成長を求めている重要な分野の1つです。

ゲーム事業は同社の起源であるが、この部門は不安定で周期的であると見なされており、個々の消費者の可処分所得に左右され、ビジネス環境にあまり向いていない。

NVIDIAは、長年にわたって収益の流れを多様化するために苦しんでおり、それは継続していますが、おそらく株主が望むよりは進まないでしょう。

暗号通貨によってやけどをさせられたので、これはおそらく、多様化戦略が効果を荒らしたのでしょう(もちろん、ゲーム収益の増加は、決して痛いことはありません!)

今四半期のデータセンターの収益は減少しましたが、これはより広い業界で見られ、今年後半に再び上昇する見込みです。

 

しかし、より大きな問題が景観を支配している

市場が急成長しているのは秘密ではありません。

見出し主導の株価の動きと、中国や欧州から出てくる各種の弱い数字による世界的な景気低迷の可能性など、マクロ経済の懸念が広がり、FRBは市場が望むほど金利を引き下げていないか、すぐに引き下げを続けることを示している

貿易戦争の緊張とレトリックと報復の両方のラチェットアップは、証券アナリストにとって困難な時代を生きていることを意味します。

チップメーカーは苦労しており、特にNVIDIAは約2年前の取引と同じ水準です。

その間に、Intel(NASDAQ:INTC 46.41 1.55%)は28%上昇し、AMD(NASDAQ:AMD 31.06 4.69%)は200%を超え、SOXは46%成長し、NASDAQは25%増加しました

しかし、今週市場に打撃を与えた重要な2年10年のイールドカーブの反転は言うまでもなく、すべてのセクター、特に金融株の株式全体で大規模な売りを引き起こしました。

この主要な不況指標は、リーマン・ブラザーズ、ベア・スターンズなどの終sawを迎えた金融危機の直前の2007年に最後に観察され、過去50年間米国のあらゆる不況に先行してきました。

 

まとめ

NVIDIAは成すべきことをしています。

暗号市場の崩壊後にビジネスを好転させ、ビジネスの1つのセクターへの依存度を下げます。

テスラ(NASDAQ:TSLA 220.28 2.15%)が自社チップを捨てた後に「Drive」の新しい顧客となり  おそらく、ボルボトラックがチップに登録しているオープンプラットフォームを備えた次世代の自動車の完全な自動運転機能を選択するベンダーです。

※ ボルボとnVdiaは「Drive」という人工知能を使った自動運転のプラットフォームを共同で開発しています。私の英語力の問題もあってうまく翻訳できませんが、自動運転に関する自社チップ開発を諦めたテスラが新しい顧客になるという意味だと思います。

ゲーム部門は成長を続けていますが、投資家は、来年かそこらでかなり確実になると見られる景気悪化の際に、セグメントの収益を心配しています。

さらに、メラノックスの取引は、規制当局の承認に関する計画に従って進められているようです。

メラノックス自体はまだNVIDIAがそれを購入しているレベルを下回っていますが、これまでのところ、取引成立への道に支障はありません。

※ メラノックスはnVdiiaが買収を予定しているネットワーク製品やデータセンター事業を行う会社

株式は景気後退に達するまで成長し続ける可能性が高いため、ポートフォリオに技術的な欲求がある場合、株価はおそらく保持するのに適切なものですが、市場のトップとボトムを呼び出すことは難しいビジネスです。

ある時点で、心地よい響きは止まり、収益は崩壊します。

実績のある収益性の高い事業を持つNVIDIAのような企業は存続しますが、IPOを持ち、Uber、Lyft、WeWork(IPOが間もなく)のように利益を上げなかった新しい企業のいくつかは、重大な不況によって全体の株式が打撃を受ける可能性があります

ソース:wccftech - NVIDIA Earnings – Beat Propels Stock Price Up in After Hours Trading

解説:

nVidiaの業績に関するニュースです。

最近取り上げていませんでしたので、取り上げてみました。

2020年に世界が一変するといわれていますが、来年以降景気が後退し、いくつかの新興企業は深刻な打撃を受けると元記事にはあります。

nVidiaのようなすでに成長している企業は倒産はしないでしょうが、それなりに影響を受けるのではないかと書いてありますね。

今年はAMDが大躍進していますが、nVdiiaの業績というか株価はは芳しくありません。

nVidiaがメラノックスを買収している意図であったりとか、ボルボと自動運転のプラットフォームを共同開発していたりなど、ゲームの世界だけ見ているとよく理解できないと思います。

nVidiaも来るべき時に備えて収益の多角化を行っているようです。

コンシュマー向けから若干離れた部門に投資を行っているnVidiaは10年後、今とは全く違った会社になっている可能性を感じさせます。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.