GPU情報 その他

希少なNVIDIA Non-LHR RTX 3080カードがベトナムの自作マイニングリグに搭載される

投稿日:

NVIDIAがLHRカードを導入したことで、LHRではないモデルが値上がりしており(価格の上昇は、GPUのマイニング性能やROIと大きく相関しています)、ベトナムのある小売業者は、信じられないほど希少なASUS GUNDAM RTX 3080 GPUをマイニング用に構築済みの構成で、法外な希望小売価格で販売しています(Nguyenconpc 経由 I_Leak_VN 経由 Videocardz)。

アニメをモチーフにしたレアな限定版ASUS RTX 3080非LHRカードがマイニングリグに仕込まれている

この話が特にインパクトがあるのは、問題のカードがASUSのGUNDAMと呼ばれるアニメ風の限定版シリーズに他ならないからです。

ebayでは2312ドル前後で販売されており、本来はコレクターズアイテムであるにもかかわらず、実際には構築済みのマイニングリグに搭載されています。

これらのカードを入手することはほとんど不可能であり、ASUSが北米に数回しか出荷しなかったことを考えると、AICの関与なしにこれらの小売店がこれらのカードを受け取ったとは考えにくい。

唯一の慰めは、EthereumのProof of Stakeマイニングへの移行が今年中に予定されており、GPUマイニングにとっては終わりの始まりであるということです。

採掘者が他のコインに移行することはほぼ確実ですが、数年後には、ほとんどの正規の暗号通貨がステークに移行し、電力を消費するGPUマイニングの必要性がなくなるでしょう。

これに加えて、NVIDIAがLHRカードを推進していることから、ゲーマーは年内に手頃な価格のGPUを手に入れることができるはずです。

中国は巨大な世界市場であり、そこでの取り締まりと、NVIDIAによるLHRカードの導入、そして世界的な暗号通貨の低迷は、GPU価格の暴落に最適な条件を作り出しているように思えます。

3DCenterが発表したデータによると、ドイツでの価格は5月のピーク時に比べて50%近く下落しています。

5月21日には、希望小売価格の304%という高値で販売されていたカードもありましたが、その後は150%という比較的手ごろな価格にまで暴落しています。

言い換えれば、GPUの価格は基本的に半減しているのです。

NeweggやAmazonといった米国の小売業者は、現在のところ低迷の兆しを見せていませんが、世界の市場はつながっていますので、裁定取引によって米国市場がドイツや中国の市場を模倣することはほぼ避けられないでしょう。

パキスタンのような国では、PalitのようなAIBから直接仕入れる法外な価格で話題になりましたが、RTX 3080 Tiが300,000 PKR(1898米ドル)(希望小売価格の158%)で販売されており、希望小売価格の200~300%という標準的な価格から20%台の大幅な価格下落が見られます。

中古品を扱うフォーラムでは、すでに希望小売価格の140%まで下がっており、まだ下落しています。

大規模な暗号通貨の復活(ビットコインとイーサリアムに注目しています)がない限り、米国市場でGPUの価格が大暴落することは避けられないようです。

アマゾンの転売屋たちは、6月に入ってからすでにRTX 3080 Tiの価格を2999ドル(希望小売価格の250%というとんでもない価格)から2499ドル(希望小売価格の200%)へとわずかながらも引き下げている。

ソース:wccftech - Rare NVIDIA Non-LHR RTX 3080 Cards Ending Up In Vietnamese Prebuilt Mining Rigs

 

 

解説:

写真を見てどう思いましたか?

私はふざけるなと思いました。

ASUSのガンダム記念モデルはほとんど入手不可能らしいですね。

写真を見ると脱力しますが、LHRの制限は解除できないらしく、LHR搭載のカードがマイニングに使われる可能性は限りなく低いと言ってもよいのではないでしょうか。

GPUの価格は緩やかに下がってきており、今後は入手性も改善するのではないかと思います。

上の記事を見ると、GPUマイニングそのものが時代遅れになりそうな勢いですので、今後はマイニングの影響で極端にGPU価格が上がることも亡くなるのではないかと思います。

今在庫を抱えている転売屋は次のロットが来ると死亡ですね。

上がり続けたものが下がり始めるとやはり高値掴みをした誰かが損をすると言うことになります。

まあ、GPUは投機の対象ではないものなので、いい加減にしてほしいというのが偽らざる感想です。

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.