マザーボード関係 メモリ関係

AMD、Ryzen CPU向けメモリ自動オーバークロック・ツールの特許を取得

投稿日:

AMDが最近配信した特許には、Ryzen CPUのメモリオーバークロックを自動的に実行できるアプリケーションが記載されており、愛好家にとってより使いやすいものになる可能性があります。

この新しい技術は、オーバークロックによってストレスを受けたメモリモジュールの安定性をテストし、各ユーザーのシステム用に指定されたメモリオーバークロックプロファイルをローカルに保存することを目的としています。

AMDの新しい特許は、Ryzen CPUのための自動メモリオーバークロックツールを示唆しています。

システムのメモリをオーバークロックすることはよく知られたプロセスですが、過去10年間で新たな光を放つようになりました。

当初は、極端な周波数レベルや最小限のレイテンシで処理するために、メモリの安定性のレベルを確認するために使用されていましたが、今では愛好家が記録を破り、競争に勝つために自分のシステムにストレスを与えます。

インテルは、eXtreme メモリ プロファイルまたは XMP、チップを検出し、サポートするデバイスやコンポーネントをトリガーに、モジュールのシリアル存在に保持設定、2007 年に発表しました。

推奨設定や特定の設定、XMPプロファイルは、様々なデバイスやマシンに対応するため、ある程度オーソドックスなものとなっています。

しかし、ユーザーのマシンが同じであることはないため、経験者は最も高いデータ転送レートと最も低いレイテンシーを持つレベルを探求することになるのです。

同社の自動メモリオーバークロックテクノロジーは、ユーザーが包括的なテストをしなくても、メモリモジュールとプロセッサを最高の性能に調整する能力を、中級性能の専門家に提供しようとするものである。

この自動メモリオーバークロッキングにより、ユーザーはJEDEC標準設定の安価なメモリをSPDで利用し、オーバークロッキングリミットを自ら確認することができるようになる。

これにより、手動入力の手間なく、驚異的な性能効率を実現することができます。

メモリモジュールの設定は、ベンダーのプロファイルやユーザーが入力した仕様に従って設定することができる。これらのプロファイルは、ユーザーシステムとは異なるシステム構成で生成され、テストされることが多い。さらに、ユーザー入力の仕様は、これらの異なるシステム構成を使用して決定され、テストされたマージンを使用して制限される場合があります。

- AMDが最近提出した特許からの抜粋

AMDの新しいオーバークロックアプリケーションは、システムがオーバークロックされたメモリ周波数設定を決定し、メモリの安定性のテストをスタートし、アプリケーションによって選択された難易度を渡すために最適なタイミング設定を選択することができるようになります。

処理後、アプリはオーバークロックされたメモリ周波数とレイテンシーの決定を保有する特定のプロファイルを生成します。

以後、このプロファイルはプログラムによって毎回読み込まます。

AMDは2022年5月19日にこの特許を公開した。このプログラムがいつからユーザーに提供されるかは不明です。

それでも、この新しいソフトウェアは、新しいRyzen 7000プロセッサー・シリーズでの使用のために準備されていると考えるのが妥当です。

ソース:wccftech - AMD Patents Automatic Memory Overclocking Tool For Ryzen CPUs

 

 

 

解説:

AM5のDDR5メモリOCは全自動になる?

AMDの役員がメディアのインタビューに答えているリークが今まで散々出てきましたが、その際、RaphaelでのメモリOCについて自信満々に語ってきました。

どうも、この全自動メモリOCの機能について自信があったようです。

こちらは既に特許も申請されているようで、後はRaphaelと同時にロンチされるのを待つだけになるようですね。

Intelが似たような仕組みを出すのかどうかわかりませんが、当面はSocketAM5のウリになるのかなと思います。

何れIntelも似たような仕組みを提供してくると思いますので、しばらくすると、「昔はメモリOCは手動だったのだよ」と懐かしく思い出すときが来るかもしれません。

FSBや倍率の設定は昔は全てマザーボード上にあるジャンパピンで行っていましたが、Abitと言う既に倒産したマザーボードのメーカーが初めてソフトウェアで行えるようにして、今ではBIOS上で設定するのが常識になりましたが、そんな感じになるのですかね。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

追加された新モデル

 

従来のラインナップ

created by Rinker
AMD
¥78,980 (2022/09/30 08:00:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

 

-マザーボード関係, メモリ関係
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.