GPU情報 その他

AMD RX 6800シリーズは在庫切れが続出し、転売が業界の問題となっています。

更新日:

タイトルがすべてを物語っています。AMDの最新のRX 6800と6800 XTのグラフィックカードを複数のネット小売り業者のショッピングカートに追加することができたばかりですが、猫はすでに袋から出て、転売屋のポケットに入っています。

これは、DIYのPCパーツから、マイクロソフトとソニーの最新ゲーム機まで、あらゆるゲーム関連の技術で繰り返されてきたことだ。この時点では、在庫の問題や需要の問題について話したり、この2つの間の結論を出したりすることは無意味になっています。

一部の小売業者は、在庫の流れをコントロールし、購入プロセスを自動化して在庫を買い占め、NVIDIAからAMDまでのグラフィックカードを転売し、AMDの最新のRyzen 5000シリーズやXboxシリーズX、PS5ゲーム機を経由して再販するスキャルパーから身を守るための方法として、グラフィックカードを対面でのみ販売しています。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

COVID のパンデミックはまだよく進行中であり、実際にこれまで以上に普及し、世界中でこれらの冬の月に脅している時に (冬の月は今年のこの時期に適用されます, eh), 唯一の店頭在庫を運ぶための決定だけでなく、より多くの人々 が可能な感染症のシナリオを入力するように強制するだけでなく、全体の購入プロセスをひっくり返します。

おそらく、小売業者はオンライン販売ポリシーを実際に見直し、(時には笑えるような)注文メカニズムを回避するために、転売屋が可能な限り困難な状況を作る時が来ているのではないでしょうか。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

1回の購入につき1枚のグラフィックカードのみを販売すること、同じクレジットカードや請求情報を同じ商品や類似商品のコピーに使用することを許可しないこと、確定したカートごとにキャプチャーを導入すること、同じ住所への発送を許可しないこと、連絡を受けた顧客以外のすべての商品が在庫から削除されるキューシステムを設けることなどです。

これらはすべて、消費者のためにこの問題を解決するための賢明な部分的な解決策であると同時に、最新のゲーム機やグラフィックカードを手に入れるために物理的に店舗に行くことを要求するという非常に良くない選択から顧客を保護する(申し訳ありません)。

もちろん、ネット小売り業者にとっては、どこで何をしていようと、セールはセールであると思う。

彼らは、このような行為によって表面化するブランドダメージに対処しておらず、それがどんなに小さくても、同じように利益を上げることができます。

彼らにとっては、売れたものは売れたものであり、それだけなのです。

ソース:techpowerup - Surprising Absolutely No One, AMD RX 6800 Series Pretty Much Out of Stock, And Scalping Becomes a Pervasive Industry Problem

 

 

解説:

世界中で猛威を振るう転売屋

RTX3000シリーズでも繰り返されたとがまたしてもRX6000シリーズで繰り返されました。

転売屋があっという間に在庫を確保し、初期出荷は瞬時に蒸発してしまったようです。

世界中で問題化していますが、特に有効な対処法は無く、ネット小売店の方も「売れれば全部同じ」とばかりに何ら対処していないように「見える」ようですね。

これらの転売屋はBOTを使って在庫を確保しているので一般のユーザーがこれに勝つのは至難の業です。

こうした行為はCBDC(デジタル通貨)になればやがて無くなっていくと思われますが、今はまだ地道に対処する必要があるようです。

日本の販売解禁は11月20日の19:00からです。

日本ではRadeonは人気が無いので、転売の対象になるかどうかは微妙ですが。(苦笑

Navi10も地味に在庫が豊富ですが余ったら転売屋にとっても地獄ですからね。

 

転売利用者の考察

転売品は売れなければ商売する人はいません。

こうした転売の利用者とは一体だれなのか考えてみましょう。

真っ先に思い浮かぶのは著名なYoutuberやサイト運営者でしょう。

彼らにとっては鮮度の高い情報は金に直結しているので、高い金を出しても発売日に手に入れることに意味があります。

私はもちろんそんな金は出せませんので利用していませんが(苦笑、こうした著名なYoutuberやサイト運営者が転売屋を利用しないことを呼び掛けているのを見たことがありません。(笑。

ただし、「金があったら・・・」と一度は考えたことがあります。

私は弱い人間ですので(苦笑。

しかし、ツイッターで一般のユーザーがどんな気持ちなのかを散々見てきたので、転売を利用することは無いでしょう。

これは断言できます。

この、インフルエンサーたちが転売屋を利用しないことを呼びかけない理由の一つは自分たちが転売屋を利用しているからではないでしょうか。

全員が全員ではないと思いますが、かなりの人が利用しているのではないと私は見ています。

庶民派を気取っていてもインフルエンサーと一般ユーザーの間には埋めがたい立場の差と言うのがあるというのは理解しておいた方が良いです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ発売予定

11/20 19:00から販売開始(リファレンス版)

11/25 解禁(海外予定・カスタムモデル)

Radeon RX 6800 XTをamazonで検索する

Radeon RX 6800をamazonで検索する

 

12/8予定

Radeon RX 6900 XTをamazonで検索する

 

 

Radeon RX 5000シリーズ

Radeon RX5700シリーズ

Radeon RX 5700 XT 8GB

created by Rinker
SAPPHIRE
¥64,748 (2020/11/25 02:22:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

Radeon RX5700 8GB

 

Radeon RX 5600 XT シリーズ

Radeon RX 5600 XT 6GB

 

Radeon RX5500XTシリーズ

GDDR6 8GB版

GDDR6 4GB版

 

 

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.