その他

NVIDIAは、超低遅延モード、フリースタイル用の新しいシャープフィルター、整数スケーリングを追加します。 Gamescom Game Readyドライバーが登場

投稿日:

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

昨日のレイトレーシングニュースの後、今日NVIDIAはドライバーレベルの改善と追加に完全に焦点を合わせています。

まず、新しい「Gamescom Game Readyドライバー」がリリースされ、Apex Legends、Battlefield V、Forza Horizon 4、Strange Brigade、World War Zのゲームで多くのパフォーマンスが改善されました。

NVIDIAによると、これらのゲームでは最大23%のパフォーマンス向上が見込めますが、これはApex Legendsのエッジケースです。 以下のパフォーマンスチャートをご覧ください。

しかし、NVIDIAが今日発表するすべてのものとはほど遠い。 マイナーな追加により、30ビットカラーサポートと3つの検証済みのG-SYNC互換ディスプレイ(ASUS VG27A、ACER CP3271、およびACER XB273K GP)が導入されました。

今日のドライバーで利用できる主な追加機能には、ピクセルアートタイトルを可能な限り最良の方法で再生する整数スケーリング、NVIDIAフリースタイル用の改善されたシャープフィルター、レイテンシーを最大33%削減する超低レイテンシーモードなどがあります。

明らかに、最後の2つの機能は、NVIDIAがそれらの両方を却下したにも関わらず、E3 2019で導入されたAMDのシャープフィルターとアンチラグテクノロジーに対抗するためのものです。

 

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

Gamescom Game Ready Driverのリリースにより、GPUが必要とする直前にレンダリングするフレームを送信する「ジャストインタイム」フレームスケジューリングを可能にする新しい超低遅延モードを導入しています。
これにより、レイテンシが最大33%削減されます。

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

低レイテンシモードは、ゲームがGPUバウンドであり、フレームレートが60〜100 FPSの場合に最も影響があり、グラフィックの忠実度を低下させることなく高フレームレートゲームの応答性を得ることができます。

低遅延モードを選択するには、NVIDIAコントロールパネルを開き、「3D設定の管理」に進み、「低遅延モード」までスクロールします。
次の3つのオプションが利用可能です。

  • Off:ゲームのエンジンは、レンダリングスループットを最大にするために1〜3フレームを自動的にキューに入れます
  • On:キューに入れられたフレームの数を1に制限します。これは、以前のドライバーの「Max_Prerendered_Frames = 1」と同じ設定です。
  • Ultra:GPUがフレームを取得してレンダリングを開始するのに間に合うようにフレームを送信します

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

新しい低遅延モードはベータ版でリリースされ、DX9およびDX11ゲームのすべてのGPUがサポートされます(DX12およびVulkanタイトルでは、ゲームがフレームをキューに入れるタイミングを決定します)。

 

GPU整数スケーリング:レトロゲームとピクセルアートゲームのシャープなアップスケーリング

FTL、ホットラインマイアミ、テラリアなどのレトロゲームやピクセルアートゲームは、GeForceコミュニティの多くの人に愛されています。

ただし、高解像度のディスプレイでプレイする場合、多くのピクセルアートゲームはディスプレイに合わせて拡大縮小する必要があり、結果として画像がぼやけます。

これに対処するために、私たちのコミュニティは、整数スケーリングと呼ばれる画像スケーリングモードを要求しました。これは、解像度を上げてもピクセルアートゲームの詳細を保持します。

そうですね、私たちはその要請を聞いたことがあり、Turingで利用可能なハードウェアアクセラレータのプログラム可能なスケーリングフィルターのおかげで、GPU整数スケーリングがついに可能になりました!

したがって、GeForce RTXまたはGeForce GTX 16シリーズGPUがあり、新しいGame Ready Driverをインストールした場合、NVIDIAコントロールパネルの「デスクトップサイズと位置の調整」ディスプレイメニューで整数スケーリングベータを有効にできます。
NVIDIAコントロールパネルで整数スケーリングを有効にする方法

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

解像度スケーリングフィルターのないレトロゲーム、エミュレーター、ピクセルアートタイトルで有効にすると、明瞭さと忠実度の違いは劇的です。

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

左側では、従来のスケーリングで4Kで実行され、右側では整数スケーリングでFTLが実行されており、ゲームの意図したスタイルと外観を保持するはるかに鮮明で鮮明な画像になっています。

独自の画像比較を行う場合、ディスプレイスケーラーはGPUスケーラーと比較されるため、従来のスクリーンショット手法では作成できません。

代わりに、ディスプレイを撮影するか、最終画像を画面への出力として記録するハードウェアキャプチャカードを使用します。

GeForce Experienceが新しいフリースタイルシャープニングフィルターを追加

GeForce Experienceは、ゲームの最適化、ドライバーの更新、ゲームプレイの記録、ストリーミング、ゲーム内写真のキャプチャなどを行うことができます。

NVIDIA Freestyleの1つの機能により、ゲーマーはカスタムフィルターを適用およびスタックして、ゲーム体験をパーソナライズできます。

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

新しいGame Ready Driverの一部として、既存の「Detail」フリースタイルフィルターに比べて画質とパフォーマンスが向上した新しいSharpenフリースタイルフィルターをリリースします。

新しいフィルターの画質が改善され、パフォーマンスへの影響は従来のフィルターの約半分になりました。

NVIDIAフリースタイルシャープフィルターの比較

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

 

フリースタイルのシャープ化は、いくつかの点で他のソリューションとは異なります。フリースタイルは、ゲーマーにシャープネスの量を0〜100%にカスタマイズし、ゲーム内オーバーレイを使用してゲームごとにこのカスタマイズを適用する機能を提供します。

シャープネスは個人の好みに基づいており、ゲームごとに異なるため、Freestyleでは各ゲームの設定を記憶するシンプルなソリューションを設計しました。

NVIDIA Freestyleは、他のソリューションよりも幅広いAPIサポートも提供し、600以上のゲームDX9、DX11、DX12、およびVulkan APIゲームを強化できます。

また、Game Ready Driverリリースの一部として、さらに多くのサポートを追加していきます。

ゲーム内でNVIDIAフリースタイルシャープニングフィルターを有効にする方法

※ クリックで別Window・タブで拡大します。

NVIDIA Freestyleを使用するには、GeForce Experienceをインストールし、Alt + F3を押して、Freestyle In-Game Overlayをアクティブにします。

最新のゲーム対応ドライバーに含まれるSharpen Filter、およびゲームのルックアンドフィールをカスタマイズする他のフィルターを追加します。

設定はゲームごとに個別に保存され、将来のセッションに適用されます。

ソース:wccftech - NVIDIA to Add Ultra-Low Latency Mode, New Sharpen Filter for Freestyle, Integer Scaling; Gamescom Game Ready Driver Out Now

 

解説:

nVidiaの新しいドライバでかなりの性能向上が見込めるという話です。

このドライバはSUPERシリーズに最適化されているようですので、SUPERシリーズでの性能向上率が高いようです。

ドライバに関しては、AMDとnVidia、どちらもあまりよい評判は聞きません。

AMDは安定性(というかトラブルに関して)、nVidiaは画質に関する問題が大きいように感じます。

どちらもあまり評判がよくないのですが、どちらかと言えばAMDのほうが評判が悪かったように感じます。

nVidiaは描画を省略して速度を上げるというような話が度々上がっていました。

まあこれは現在に続くまでやっているとかいう話ではなく、過去にそういう話が上がったことがあるということです。

SavegeとかRenditionとかそういう時代の話ですので、その点お断りしておきます。

その他Intelのドライバでもサポートされましたが、整数スケーリングというドット絵のゲームをくっきり表示する機能が追加されたようですね。

私はメガドライブをRGB21ピンケーブルでモニタに接続していましたので、こちらの方がしっくりきます。

レトロゲームのエミュレーターにはわざとRF接続やRCA端子で接続したような表示にするフィルタついていることがありますが、私はほとんどのゲーム機をRGB21ピンで接続していたので整数スケーリングの方が懐かしいですし、しっくりきます。

まあ、こんなマニアは当時ほとんどいなかったと思いますが(笑

というわけで、最新のnVidiaのドライバは凄いぞという話題でした。

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.