その他

経営者の楽観論が分析を明らかにしているにもかかわらず、AMDは引き続き懸念されています(85%!)

投稿日:

チップ設計企業のAdvanced Micro Devices、Inc(NASDAQ:AMD 48.59 1.00%)は、3年ぶりに今週、Financial Analyst Dayを開催しました。

※ Financial Analyst Dayは投資家向けの説明会のこと

一般的に、イベントの前にはある程度の予想があります。アナリスト以外の人が、将来のために会社が何を持っているかを判断するために調整します。

AMDは、金融モデルに織り込まれた仮定に関する詳細を提供することに加えて、イベントで製品ロードマップを強調することがよくあります。

今年のイベントも例外ではなく、チームレッドは重要な財務指標を提供するだけでなく、製品開発を垣間見せてくれました。

AMDがRyzen 4000ベースのデスクトップ中央処理装置とEPYC Milanベースのサーバープロセッサを今年中に約束しているので、まだ追いついていない場合は読んでください。

さらに、同社は、第2世代のRDNAグラフィックス・プロセッシング・ユニットのマイクロ・アーキテクチャを通じてユーザーが期待すべき性能の向上も強調しました。

当然のことながら、これらの主張は印象的であり、Intel Corporationが苦労し続けている時期に来ていますが、AMDが今後の財務指標をどのように見ているかに関する情報も同様に重要です。

同社の最高経営責任者であるDr. Lisa Suと最高財務責任者のMr. Devinder Kumarは、今週の木曜日に同社の短期および長期の将来に関する主要な指標を提供しました。

ここでは、AMDの全体像にどのように合致するかを見ていきます。

経営陣の将来への楽観にもかかわらず、AMDは引き続き過大評価されています

あなたが定期的に情報をチェックしていれば、AMDが過大評価されている件について何度か投稿していることはご存知でしょう。

1月に遡って、今年の終わりまで会社の財務実績を予測した簡単な分析により、AMDが業界で最高の株価収益率を持っていることが明らかになりました。

予想キャッシュフローと比較して同社の株価を逆転させた別の部分は、AMDが49.32ドルの1株当たり価格を正当化するために、同社が今後7年間でフリーキャッシュフローを少なくとも44%増加させなければならなかったことを示しています。

当然のことながら、このような推定値は会社の株価に不安をもたらし、AMDの経営陣がFinancial Analyst Dayにモデルの改良に役立つ事実と数値を提供することを望んでいました。

そうであり、信頼できる表計算ソフトのシートに戻って、Dr. Lisa SuとKumar氏の仮定がAMDの長期的な将来と公正価値にどのように適合するかを確認しました。

基本から始めて、AMDは、設計および販売する3つの半導体製品カテゴリの実現可能な最大収益の見積もりを更新しました。

同社は2017年のアナリストデーで、昨年末までにPC、ゲームおよびDatacenterのTAMがそれぞれ280億ドル、150億ドル、210億ドルになると予測していました。

※TAMとはTotal Addressable Marketのことで、実現可能な最大の市場規模で、市場における製品またはサービスの総需要を示す

先週、同社は2023年末のTAM値を提供しました。以下をご覧ください。

上記の推定値を使用すると、AMDの3つのセグメントの予想年間複合成長率(CAGR)を計算できます。

賢明な方なら、PC +ゲーム(または「データセンター、PC以外の市場に対するAMDの2017年分類」である「没入型」)セグメントのTAMは、昨年末から-0.58%のCAGRをもたらす要因として-2023年末までわずか10億ドルしか成長していないことに気が付くでしょう。

このレートと2019会計年度の会社の業績を組み合わせることで、市場への浸透を評価できます。 さらに、2020年度のAMDのガイダンスを使用することで、今年末までにバランスシートから会社が期待するものをモデル化することができます。

2020年以降の収益指標を予測すると、2つの方法を使用して、AMDの株価の暗黙の公正価値を計算できます。

これらの最初のものは会社の予測される将来のキャッシュフローを割引き、2番目のものは2023年に計算された予想1株当たり利益と連動して株価収益率の倍数を使用します。

価格から収益への公正価値の計算は、AMD(NASDAQ:AMD 48.59 1.00%)の現在の株価に対して7%のマイナス面を示しています。これは、すべての成長がすでに考慮されていることを意味します。

2020年に向けたAMDのガイダンスを使用すると、2020年度中に同社が投稿する予定の収益、営業利益、純利益、1株当たり利益、フリーキャッシュフローをまず推定できます。

ガイダンスに基づいて、AMDは87億ドルの収益、13億ドルの営業利益、9億8400万ドルの純利益を獲得し、約2億8300万ドルのレバレッジなしのフリーキャッシュフローを生み出しています。
前年比でそれぞれ29%、51%、188%(!)、21%の成長を遂げています。

当然のことながら、レバレッジのないフリーキャッシュフローの前年比21%の成長は、現在の株価を正当化するためにAMDが計算した必要量の半分であることがわかります。

また、以前に計算された44%の成長率の見積もりでは、13.84%の低い加重平均資本コストが使用されることに注意してください。

17.26%の更新されたより正確なメトリックでこれを切り替えると、このチップ設計企業は、まさにウォールストリートで最も過大評価されている企業の1つであることがわかります。

優先順位が変化しているIntel Corporationの背後で市場シェアを拡大できる可能性があるためです。

物事を単純化し、AMDの資料に合わせて見積もりを行うために、専用、個別、およびカスタム(コンソール)のグラフィックスプロセッシングユニットから得られる収益と、中央処理ユニットから得られる収益を組み合わせました。

これにより、データセンターの収益を分離することができます。これは、今後数年間でセグメントの重要性が高まると予想しているため重要です(上記参照)。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

公開時点で、AMDは2019年度の1株当たり利益と金曜日の終値に基づいて162の価格収益率を持っています。

一方、ほぼ間違いなくAMDの同業者であると言える企業は、以下の株価収益率を持っています。

  • Intel Corporation(NASDAQ:INTC 55.77 -2.09%):11.6
  • NVIDIA Corporation(NASDAQ:NVDA 266.04 -2.65%):57.3
  • Texas Instruments(NASDAQ:TXN 113.16 -1.36%):21.3
  • International Business Machines(NYSE:IBM 127.73 -1.41%):11.9
  • ON Semiconductor Corporation(NASDAQ:ON 17.28 -3.08%):32.8

AMDの予測では、AMDの2023会計年度末の1株当たり利益は1.66ドルです。

この見積もりは会社の見通しを使用して計算されたものであり、AMDの作業を容易にするために、2020〜2023年の利息、税金、その他の費用は同じにしています。

さらに、経営陣の予測する費用効率のセンチメントに合わせるために、マーケティング、一般管理費は今年の収益の12%に増加し、2023年までこの状態を維持します。

29の倍数の目標株価収益率を使用すると、48.25ドルの公正価値が得られます。これは、AMDの現在の市場評価とほぼ同じです。

ただし、フィラデルフィア証券取引所の半導体株の時価総額加重インデックス(PHLX Semiconductor Sector-iSOXX)の加重平均利益率25.83を代入すると、AMDの3年間の1株当たり利益に基づいて42.98ドルの公正価値が得られます。すべての将来の成長(およびその一部)がすでに考慮されていることを意味します。

これは、金曜日の終値に対して12%のマイナス面を示しています。

割引キャッシュフロー分析により、85%の驚異的なマイナス面が明らかに

12%のマイナス面がとてつもなく大きいと思ったら、次にあなたのために用意されているものを待ってください。

企業を評価するいくつかの方法の1つは、将来のフリーキャッシュフローを予測し、それらを割引して現在の価値と同等にすることです。

これにより、成長の前提を株価に織り込むことができ、AMDでこのプロセスを実行すると、控えめに言っても型にはまらない結果が得られます。

当社の分析では、管理ガイダンスを使用した将来のキャッシュフロー予測に基づくAMDの公正価値は7.16ドル/株であり、金曜日の終値に対して85%のマイナス面があることが明らかになりました。

AMDの将来のフリーキャッシュフローに影響を与える3つの指標は、この作品の最初の画像ギャラリーに示されており、可能な限り保守的になるように最善を尽くしています。

この結果が意味することは、AMDが経営陣の将来の市場パフォーマンスの推定に基づいて現在の株価を正当化することは不可能だということです。

アナリストの日に2023年まで粗利益率を改善することに関するクマール氏のストレスは、この事実を反映しており、AMDの経営陣もこの現実をよく知っていることを示唆しています。

それにも関わらず、特にインテルはパーソナルコンピューティングの中央処理装置のアドレス可能な市場全体をターゲットにすることに関心がないと明示的に述べているため、この厳しい現実を説明するために市場の価格を変更することは考えにくい。

代わりに、ブルーチームは、5Gベースステーションチップを市場に導入するという決定から明らかなように、すべての半導体のアドレス可能な市場全体をターゲットにしたいと考えています。

いつものように、読者は投資決定を下す前に、彼ら自身の正当な注意を払うことを思い出させられます。 Wccftech、そのスタッフ、およびライターは、この記事を読んだ結果としてのあなたの取引決定の結果に対して責任を負いません。

ライターはNASDAQ:AMDに出資しておらず、今後72時間で買収するつもりはありません。

ソース:wccftech - AMD Continues To Be Worryingly Overvalued (85%!) Despite Management Optimism Reveals Analysis

 

解説:

知っての通り、先日AMDのFinancial Analyst Dayが開催され、そこで様々な情報や計画が公開されました。

AMDの業績や株価に関する記事を一つは翻訳しようと思っていたのですが、まとめのような記事が出ましたので、取り上げます。

まず、あまり良い方向で書かれていませんが、これから説明します。

金融用語などがたくさん出てきてある程度株式投資などをしたことがない方には何のことなのかさっぱりわからないと思いますが、まとめると、AMDの株価はすでに未来の業績込みで過大評価されているということです。

これからAMDに投資しようと思っている方はやめとけということですね。

これの意味するところは、Intel信者が何を言ってもウォールストリートではすでにAMDに対する期待が膨らんでおり、今後しばらくはAMDのターンが続くということです。

投資に失敗すれば実際に自分の資金が減るわけで、このような判断になるのは当然といえば当然の話でしょう。

株価が上がれば当然資金調達もしやすくなります。

AMDが得た資金を何に使うつもりなのか興味深いです。

私も知らなかったのですが、Financial Analyst Dayというのは人気のない企業は開催しないようです。

考えてみれば誰も人が来ないような不人気企業が説明会を開催しても仕方ないというのはあります。

nVidiaとIntelはずっと開催していたわけですので、いかにAMDと差があったかよくわかるのではないかと思います。

この期に及んでまだ変な記事をさらしているIntel信者の方もいるようですが、とっても恥ずかしいので訂正するか非公開にしたほうが良いと思います。(笑

Financial Analyst DayでのDr.Lisa Suの説明は結果から数字を捻じ曲げた希望的観測に基づいたものだったようです。

しかし、2022年まではIntel製品はAMDにまともに対抗できないでしょうから、特に問題はないと私は思います。

また、予定通りに5nmを立ち上げて、今年AppleのSoCに搭載される見込み(というかもう生産してるかもしれません)のTSMCの工場を使うわけですから、少なくとも2021年までは製品の性能は向上し続けることが確定しています。

Intelは10nmと7nmを同時に立ち上げしているようですが、10nmはクロックの向上と歩留まりで苦戦しているようですし、7nmに関してはうまくいっているといっていますが、わたくしは出てみるまではわからないと思っています。

まあ、本当に7nmがうまくいってるなら10nmはスキップするでしょう。普通。

AMDはおそらく今、最も勢いのある企業の一つだと思います。

一つ懸念があるとすれば、nVidiaから人材が流出したという話は聞きませんが、AMDからは人材が流出しています。

Ryzen以前のAMDは完全に三流企業でしたので脇が甘いのは仕方ないかもしれませんが、CPUの設計のような知財が商品である企業にとっての最大の財産は人(もっと言えば、才能)であり、そこが流出したAMDが今後きちんと製品を展開できるのかちょっと心配です。

Intelもマネジメントの人材が流出して、Intel本社がある街にARMのサーバー向け製品を製造・販売する企業(Neoverse)を立ち上げていますが(笑、Intelは規模が大きいので、ある程度やむを得ないところはあるのかなと思います。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.