CPU情報

AMD Ryzen 3000 CPUは1.35Vで5 GHzのシングルコアおよび4.5 GHzの全コアOC、2020年に特別なモデルのために5 GHzのオーバークロック版が発売されます

更新日:

AMD Ryzen 3000シリーズが発表された今、我々は7nmベースのZen 2製品のための様々なインサイダーからのオーバークロック情報に関するいくつかの詳細を調べています。

Zen 2 CPUの開発にTSMCを選択することは、より高い周波数を提供するだけでなく、Zen+ CPUよりも堅実なIPC上昇を実現しているため、AMDには最適の選択でした。

 

AMD Ryzen 3000 CPUのオーバークロック数を発表 - 最大5GHz、4.5GHz全コアオーバークロックでわずか1.35V

オーバークロックの詳細はチップシェルから直接来ています。

そこには、Ryzen 3000 APUの初見を私たちに見せてくれたフォーラムメンバー「One Month」がRyzen 3000 CPUのオーバークロックの詳細を教えてくれました。

新しい詳細はRedditで切り上げられているので、詳細に進む前に詳細を見てみましょう。

 

  • 4.8GHzはすべてのコアで達成可能
  • 〜4.4GHzは、Cinebenchにおいて5GHz 9900kと同様に動作します
  • 5.0GHzが可能ですが、それは挑戦です
  • オーバークロックのためのオーバークロック、Ryzen 3000はより速いです
  • 5GHzのブーストは不可能ではありません
  • 全てのコアを5GHzにするのは、ほとんど不可能です
  • 全てを4.5GHzで駆動させるためには1.35Vが必要です。
  • テストの安定性を保証するためにメモリが非常に緩やかで低速になっています

詳細から始めると、Ryzen 3000 CPUでは5 GHzが達成可能になるでしょう。

5 GHzが可能であるが、このより高い周波数数に到達することは実際の課題であり、多くの電圧が必要になるだろうとも述べられています。

数日前にリークした16 Core Ryzen 3000 CPUが4.25 GHzに達するまでに最大1.572Vを必要とし、ここでテストされているものもエンジニアリングサンプルとして明確にマークされていることをすでに見てきました

しかし、それが新しいA1なのか古いA0なのかはわかりません。

 

また、Cinebenchベンチマークで4.4 GHzにオーバークロックした場合、このチップは競合他社のCore i9-9900Kよりも高速であるとも言われています。

5 GHzのブースト周波数(シングルコア)は非常に適しており、シリコン宝くじの変種でもそれをほぼ容易に達成できるでしょう。

同時に、わずか1.35Vで4.5GHzのOCを達成することができます。これはコミュニティが非常に興奮しているべきことであり、それはリークが語っているすべてのコア周波数です。

 

最後に、Ryzen 3000 CPUのメモリは非常に緩やかで低速で動作していると語ったので、新しいX570ボードで非常に高速のメモリサポートを見たので、彼は特に彼のサンプルについて話しているのかもしれません。

 

また、これだけの噂がこの特定の時点で噂されていますが、AMDは10日以内にもっと多くの情報を表示することを確認しています。

AMDのRyzenデスクトップマーケティングマネージャであるErin Maiorino氏は、Ryzen 3000 CPUのオーバークロックとパフォーマンスについて尋ねられたとき、PCGamesNに以下のように答えました。

    「いいえ、それについてのコメントはまだありません…10日以内に、思ったよりもよくなるでしょう。」

 

AMDはすでに10日後のE3のNext Horizonイベントを既に確認しているので、詳細な情報、おそらくライブのオーバークロックのデモをご覧になれます。

 

それはAMDがRyzen 3000シリーズプロセッサのいくつかの主要なIMCアップグレードをしたことを示しています。

下のベンチマークから写真を見ることができます。

また、今のところ噂としてこれを扱いなさいが私達がAMDの第3世代Ryzenプロセッサーについて聞いているすべてのすばらしい事を考えると、これはオーバークロックの場合であるかもしれない。

 

AMD Ryzen 3000のラインナップは2020年に5 GHz Anniversary EditionのCPUを搭載すると伝えられている

オーバークロックの詳細に加えて、BitsAndChipsが2020年にRyzen 3000ラインナップで5 GHzのSKUを提供するかもしれないとのことです。

5GHz版はAthlon CPUの20周年を記念する特別な記念版として発売されます 1GHzを達成した最初のチップでした。

このチップのコア数については触れられていませんが、AMDが重い箱型のダイを使用するのであれば、これは特別なバージョンであり、大量生産される小売り版ではないので高い可能性があります。

125ワットのより高いTDPも期待できますが、Intelは2年連続で特別版プロセッサを提供しているので、そのようなバリアントを提供するのは良い動きになると思います(i7-8086Kとi9-9900KS)。

 

AMDの次世代X570チップセット - PCIe第4世代をサポートする初の主流プラットフォーム、豊富でRyzen 3000 CPU対応

X470で見たように、Ryzen 2000シリーズプロセッサには、Precision Boost OverdriveやXFR 2.0などの新しいマザーボードでのみサポートされていた機能がいくつかありました。

AMDのZen 2ベースのRyzenメインストリームプロセッサファミリが驚くべき新機能をいくつか備えていることは間違いありませんが、主なハイライトはPCIe Gen4のサポートです。

X570プラットフォームは、すべてPCIe Gen4ソリューションになるでしょう。

つまり、これはおそらく、新しいPCIe規格のサポートをフィーチャーした最初のコンシューマープラットフォームになるでしょう。

 

IOの詳細については、CPUは再び合計24 PCIe Gen 4レーンを提供し、PCHは合計16 PCIe Gen 4レーンを提供します。

CPUから最初のPCI Express x16およびPCI Express x4スロットに向かう直接リンクが1つあり、残りのIOはx5リンクを介してCPUにリンクされるX570 PCHによって処理されます。

Computex 2019の間に発表されたすべてのX570マザーボードは、すべての主要メーカー向けの主力製品であるX570ボードを含めてすでに切り上げられています。

ただし、AMD Ryzen 3000シリーズが前回と同じようにX570ボードとのみ互換性があることを意味するわけではありません。

新しいCPUは、X470およびX370ボードとも下位互換性があります。

  以下は、第3世代AMD Ryzen CPUをサポートするための、既存のマザーボード用の各マザーボードメーカーのBIOSリリースへのリンクです。

ASUS Statement on 300 & 400 Series AM4 Motherboards for Next-Gen AMD Ryzen CPUs

GIGABYTE Announces BIOS Updates For Next Gen. AMD Ryzen CPUs

MSI Next-Gen AMD CPU & APU support on MSI 300- and 400-series AM4 motherboards

Asrock New BIOS Updates To Support Future AMD Ryzen Processors For ASRock AM4 Series Motherboards

彼らは確かに新しく発売されたX570ラインナップで利用可能になるのと同じ機能セットを表示しないでしょう

かし、マザーボードを一からアップグレードする手間をかけずに、新しいCPUを取り付けてPCを使い続けたいユーザーのための、完全に安定した機能を備えています。

 AMDのX570プラットフォームとRyzen 3000 CPUは7月7日に発売が予定されているので、特に数週間後に行われるE3 Horizonイベントでは、それ以前にさらに多くのパフォーマンスの数値と詳細が公開される予定です。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 3000 CPUs Can Overclock To 5 GHz Single & 4.5 GHz All Core OC at 1.35V, 5 GHz Special Variant In The Works For 2020

 

解説:

Ryzen3000シリーズはすんごいOC出来るって話です。

1コアだけなら5.0GHzまで比較的簡単に回るという話です。

正直凄いなと思うのですが、Mini-ITXのケースがもう届いているので、私はOCとかはあまり考えません。

液体窒素を使われる方々はウォーミングアップしているんじゃないでしょうか。

是非、全コア5.1GHzくらい見せてほしいです。(笑

もう一つ凄いのはCore i9-9900Kの5.0GHzほRyzen3000の4.5GHzという話ですね。

まあ、まだリークの段階ですので、どうなるのかわかりませんが、これが事実だとしたらものすごいですね。

1-2コアくらいなら比較的簡単に回りそうですので、設定によっては常用も可能でしょうし、シングルスレッド性能が凄いことになりそうです。

ゲームとのマッチングも含めて、どんな性能になるのか今から興味津々です。

今年は本当にintelはヤバげですね。

2020年はAthlon生誕20周年ですので、記念モデルも用意されていて、そこで5GHzまで回るモデルがでるのではという憶測も出ていますね。

いずれにしても実際に出るまでこういう夢が見られるのが一番楽しい時間でしょう。

世界初の7nmデスクトップ向けCPUですので、どこまで回るのかははっきりしませんが、可能性は大いにあるので、発売日まで一緒に夢を見ましょう(笑

この話が全部本当だったら、Ryzenと書いて雷神と読むというのがピッタリですね。

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.