CPU情報

リーク:AMDが16コアおよび12コアRyzen 3000シリーズCPUをOEMに展示

更新日:

AMDの次世代7nm Ryzen 3000シリーズCPUファミリの発売が間近に迫っています。

これは、前世代のものを大幅に上回るパフォーマンスの向上を実現するように設定されています。

新しいファミリーには、エントリーレベル6コアのチップから-そう、エントリーレベル6コアです-16コアの巨大な怪物まで、多数の新しいプロセッサが搭載される予定です。

実際、AMDの最高経営責任者(CEO)は、今年の初めにすでに8コアのRyzen 3000シリーズ7nmプロセッサをCESでデモしていました。

そしてチップはかなり驚きの混乱を招き、CinebenchでのIntelのi9 9900Kを標準クロックで凌駕しながら、消費電力を大幅に削減しました。

 

AMDが伝えているところによれば、OEM向けに16コアと12コアのRyzen 3000シリーズCPU

この分野の話題は、AMDが現在、2つのハイエンドのRyzen 3000シリーズプロセッサをOEMに展示していることです。 ライン16コアチップと高クロック12コアチップのトップ。

 

jimはリークと情報源を使ってこれまでぴたりと扱ってきました。

これは、正しいリークであると信頼に値するでしょう。

16コアと12コアについての話は、私たちがさまざまな情報源から聞いてきたことに加えて、過去数ヶ月間のリークと噂から見てきたものとも非常に一致しています。

 

これまで聞いてきたことから、同社は16コアを夏に発売したときにはあらゆるメインストリームデスクトッププラットフォームで購入できる最速のマルチスレッドプロセッサとして位置付けていると聞いていた。

一方、12コアチップは、はるかに高いクロック速度を誇りますが、万能のセミフラッグシップとなるでしょう。 12コアのおかげで生産性の面ではまだパンチを詰めながら、より高いクロックのおかげで16コアよりも優れたゲームパフォーマンスを提供します。

 

AMD Ryzen 3000シリーズCPUの仕様、性能、価格 - 期待するもの

これまでに聞いたことのあるすべてのことに基づくと、今年6月のComputexの公式デビュー/発表セットでAMDは今後数ヶ月の間に約12種類のRyzen 3000シリーズプロセッサを発売する予定です。。

新しいチップは、予算にやさしい100ドルのセグメントから超ハイエンドの500ドルまでの市場の妥協のないエンドに至るまで、デスクトップ市場のほぼ全体をカバーします。

 

AMD Ryzen 3 3300X、3300および3300G - エントリーレベル6コア

エントリーレベルのセグメントでは、AMDは統合グラフィックスの有無にかかわらず、3つの新しいRyzen 3プロセッサを準備していると言われています。

すべて6つのZen 2コアと12スレッドを備えています。

 

AMD Ryzen 5 3600X、3600および3600G - ミドルレンジの8コア

ミドルレンジセグメントでは、3つのブランドの新しいチップもあります。

統合グラフィックの有無にかかわらず、すべてのRyzen5が8コアを搭載します。

 

AMD Ryzen 7 3700X、3700 - 12コア@新しいハイエンド

一方、ハイエンド製品を見てみると、我々は2つの全く新しい12コア、24スレッド製品を見ることが出来ます。

これらは、高クロックと高コア数の両方を兼ね備えており、圧倒的多数のユーザーのための過剰な生産性パフォーマンスとまともなゲームパフォーマンス備え、素晴らしいオールラウンダーになるはずです。

 

AMD Ryzen 9 3850X、3800X - 16個のコア@ 新しいスーパーウルトラハイエンド

16コアチップの予想される命名法については少々論争がありますが、Ryzen 9と呼ばれる人もいれば、12コアの兄弟と同じRyzen 7の名を持つと主張する人もいます。

これらはAMDの主力製品となり、主流のAM4互換Ryzen 3000シリーズの中で最高のコア数を誇ります。

 

製品名コア数/スレッド数ベースクロックブーストクロックTDP価格(USドル)発表
Ryzen 3 33006/123.2GHz4.0GHz50W$99CES
Ryzen 3 3300X6/123.5GHz4.3GHz65W$129CES
Ryzen 3 3300G6/123.0GHz3.8GHz65W$129Q3 2019
Ryzen 5 36008/163.6GHz4.4GHz65W$178CES
Ryzen 5 3600X8/164.0GHz4.8GHz95W$229CES
Ryzen 5 3600G8/163.2GHz4.0GHz95W$199Q3 2019
Ryzen 7 370012/243.8GHz4.6GHz95W$299CES
Ryzen 7 3700X12/244.2GHz5.0GHz105W$329CES
Ryzen 9 3800X16/323.9GHz4.7GHz125W$449CES
Ryzen 9 3850X16/32不明不明135W$499不明

ソース:wccftech - Leak : AMD Showcasing 16 Core & 12 Core Ryzen 3000 Series CPUs to OEMs

 

解説:

※ 動作クロックに関してはまだはっきりしないようです。少し先走って決定のように書いてしまいました。申し訳ありません。TDPに関しても決定ではないようです。

AdoredTVから新しいリークが出ました。

ブーストクロック5.0GHz出ましたねえ(笑

これはうれしい誤算です。

この調子だと、最上位のRyzen9 3850Xはクロック5.1GHz出るかもしれません。

ただし、TDPは135Wと水冷クーラーを用意した方が良さげな感じです。

事実上、300系、400系のマザーと互換性があるのはRyzen7 3700Xまでで、Ryzen9 3800X/3850Xに関してはX570でなくては使えないでしょう。

互換性自体はあったとしても消費電力の面でまともに動かない可能性が高いです。

断言はできませんが、Ryzen7 2700Xからの乗り換えは3700Xまでになるんじゃないかと思います。

ブーストクロックが5.0GHzということはintelはかなり厳しくなったといっていいと思います。

IPCから言っても、Comet Lakeが10nmで生産されたとしても、シングルスレッド性能でも敵わない可能性大です。

価格も16コア32スレッドで約500ドルと破格です。

やはり今年はAMDの年となりそうです。

元記事も「16 core behemoths」と興奮気味な表現が使われています。

今から予約させてくれるところないですかね。(笑

過去に何度も話を出していますが、SandyBridgeをお持ちの方はこの機会に更新できないとおそらくもう更新できません(できる機会がない)ので、PCの買い替えをお勧めしておきます。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.