CPU情報

AMD Ryzen 9 6900HX「Rembrandt」APUのスペックがリーク!強化された6nm Zen 3コア8個、20MBキャッシュ、4.6GHzブースト&Radeon 680M「RDNA 2」統合グラフィックスを搭載。

投稿日:

本日は、Ryzen 9 6900HXなどRembrandt Ryzen 6000 APUを搭載した次世代AMDノートPCをお待ちの方に、興味深いリーク情報をお届けします。

Ryzen 9 6900HX「Rembrandt」APU搭載のAMD高性能ノートPCは、6nmプロセスで強化されたZen 3コア8基とRadeon 680M 「RDNA 2」iGPUを搭載へ

AMD Rembrandt APU、特にRyzen 9 6900HXは、Ryzen 6000チップの中で最速の1つになるとのことです。

AMDの新しいAPUラインナップは、Ryzen 5000「Cezanne」シリーズに代わるもので、CPUとGPUの両方のIPがアップデートされるのが特徴です。

CPU側では、AMDのAPU「Ryzen 9 6900HX」が8コア16スレッドを提供する予定です。

これらのコアは、Zen 3コアの強化版である新しいZen 3+アーキテクチャをベースに、最新のTSMC 6nmの交互配列で構成されている。

この新しいプロセス・ノードにより、AMDはラップトップ・チップからより多くの電力を搾り出しながら、効率的に動作させることができるようになります。

キャッシュに関しては、チップは16MBのL3キャッシュと4MBのL2キャッシュが搭載される予定です。

ラップトップの3D V-Cache技術を期待している人たちに対して、それはもう数世代先まで実現されないでしょう。

クロックは、Ryzen 9 5900HXと同じ4.6GHzですが、Ryzen 9 6900HXはより低い消費電力になることが予想されます。

このCPUは、ノートPCでDDR5-4800メモリをサポートし、DDR4メモリに比べて帯域幅の大幅な増加を実現する予定です。

AMD Rembrandt Ryzen 9 6900HXのGPU側は、大幅なアップグレードが予定されています。

AMDはRDNA 2コアアーキテクチャを利用する予定で、新しいチップに搭載されるRDNA 2 CUの数は明らかにされていないが、チームレッドが統合RDNAグラフィックスの命名法を変更することを決定したとのことである。

Rembrandtから、AMDはRadeon 6**Mというブランド名を使うことになる。Ryzen 9 6900HXの特定のiGPUのバリエーションは、Radeon 680Mと呼ばれることになる。

DDR5の追加は、RDNA 2が生の帯域幅を好むため、統合グラフィックスにとって重要な役割を果たします。

しかし、AMD Ryzen 9 6900HXは高性能ノートブックに照準を合わせているため、このAPUが搭載されるほとんどのデザインには、RTX 3070 Ti(8GB)やRTX 3080 Ti(16GB)といったNVIDIAのトップGeForce GPUが搭載されると聞いています。

すでにASUSからは、ROG ZephyrusやROG STRIXなど、いくつかのデザインが先にリークされています。CES 2022の仮想キーノートで、AMDからのさらなる情報を期待したい。

AMD Ryzen 9 6900HX「Rembrandt」APUのスペック

APU名AMD Ryzen
9 6900HX
AMD Ryzen
9 5900HX
AMD Ryzen
9 4900H
コア・
アーキテクチャー
Zen 3+Zen 3Zen 2
製造プロセス6nm7nm7nm
コア数/
スレッド数
8 / 168 / 168 / 16
最大クロック4.6 GHz4.6 GHz4.4 GHz
キャッシュ容量
(L3+L2)
20 MB20 MB12 MB
サポート
メモリ
DDR5-4800
LPDDR5X?
DDR4-3200
LPDDR4-4266
DDR4-3200
LPDDR4-4266
グラフィック
アーキテクチャー
RDNA 2Vega++Vega+
グラフィック
コードネーム
Radeon
680M
Radeon
Vega 8
Radeon
Vega 8
グラフィック不明88
演算ユニット数35-54W?35-54W35-54W
発売時期2022Q12021Q12020Q1

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 6900HX ‘Rembrandt’ APU Specs Leak Out: 8 Enhanced 6nm Zen 3 Cores, 20 MB Cache, 4.6 GHz Boost & Radeon 680M ‘RDNA 2’ Integrated Graphics

 

 

 

解説:

内蔵RND2 GPUコア・・・その名はRadeon 680M

Ryzen 9 6900HX コードネームRembrandtの恐らくはフラッグシップとなるモデルのスペックがリークしました。

デスクトップに関係ないじゃんと思われる方もいると思いますが、重要な情報が含まれていましたので、取り上げました。

まず、6900HXの対応メモリはDDR5系なので、AM4では出ない(出る可能性が低い)と言うことです。

Zen4のRaphaelと同時に出たとしても一段落ちる性能と言うことになります。

よって、APUの立ち位置は今後も今までと変わらないということになります。

インフィニティキャッシュ相当のものも乗らないということになりますね。

スペックを見ると、キャッシュが20MB搭載されていますので、これがインフィニティキャッシュ相当だと言われればそれまでですが。

APUに求められているのはコストですので、これは仕方ないのかなあと言う感じですね。

あとは内蔵GPUのコードネームが公開されたことによって、具体的な位置づけがはっきりしましたね。

当初RX6800Mなのかと思ってびっくりしたのですが、一桁少なかったです。

恐らくはFullHDでいくつかオプションを落として何とか60FPSを維持できる程度の性能だと思います。

2.2TFLOPS-2.4TFLOPS程度の性能かなと言った感じです。

さすがに、CezanneのVegaよりは高性能でしょう。

20MBのキャッシュと併せて、同クロックのDDR4より1.34倍高速と言うDDR5の帯域は今までのボトルネックを解消し、内臓GPUの性能を大きく引き上げてくれるでしょう。

マイナーアップデートのみを繰り返してきたAMD製内蔵GPUにようやく新しい風が吹いたということになります。

今はIntelがdGPUの発売を控えて内蔵GPUでも厨二病の如くイキっていますが、680Mで果たす性能向上についていけるのかどうか私は疑問です。

CPUはIntelがリード、内臓GPUはAMDがリードしているなと言うのが私の実感です。

また、Ryzen 7 5700Gの後継はSocketAM5版のRyzen 7 6700G(仮称)になる可能性が高いです。

現行のCezanne版APUがSocketAM4最後のAPUになる可能性が非常に高いということです。

ただし、Zen4に内蔵GPUが搭載されることを考えると、APUのリテール版が出るのかどうかはちょっと怪しいです。

出たとしてもRenoirのようにバルク版が限定的に出回るか、完全にファン向けのアイテムになるでしょう。

After GoldenCoveの時代にZen3は完全に時代遅れで苦しいです。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・並行輸入品)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

 

Ryzen3

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.