その他

CRYENGINE 5.7の詳細が明らかにされた - DirectX12、Vulkan、2020年春にレイトレーシング利用可能

投稿日:

Crytekは、ロードマップの最新版を発表しました。

新しいロードマップは、Crytekが、Neon Noirデモと同様に、DirectX12、Vulkan、レイトレーシングのサポートをCRYENGINEにもたらすことを明らかにした。

 

CRYENGINE 5.6 - 5.7の基盤

CRYENGINE 5.6では以下の機能が導入されます。

  • メッシュ/不透明粒子キャスティングシャドウ
  • 最適化パスをレンダリングする
  • テッセレーション粒子リボン
  • 不透明粒子Z-バッファー
  • メモリフットプリントの削減
  • CPUの最適化

CPU最適化は、コア数の多いCPUのサポートを改善する可能性が最も高いです。

これは、Zen 2のデザインを利用して将来のRyzen 3000 CPUとCRYENGINEを併用しているゲーマーにとって有益となるでしょう。

同じことが、コア数の多いIntel Core X-Series CPUを実行しているゲーマーにも言えます。

CRYENGINE 5.6はCryEngine 5.7の基礎を築き、2019年の夏にリリースされる予定です。

 

CRYENGINE 5.7 - CRYENGINEのモダンな改良

CRYENGINE 5.7は、2020年春のリリースを予定しています。

CRYENGINE5.7には、CRYENGINEの以前の亜種に対する主な改善点がいくつかあります。

 

  • Oculus Questのサポート
  • 改良されたVRサポート
  • エリアライトの実装
  • 改善されたマルチビューレンダリング
  • 不透明粒子/延期照明
  • 最適化された動的インスタンス
  • DirectX 12の実装
  • Vulkan実装
  • レイトレーシングの実装

 

CRYENGINEに最も注目すべき3つの追加機能は、DirectX 12、Vulkan、およびRaytracingです。

Crytekは、ユーザーのハードウェアから最大限のパフォーマンスを引き出す高度な最適化で知られています。

DirectX12とVulkanのサポートにより、パフォーマンスの向上はさらに大きくなります。

DirectX 12とVulkanは、Radeon GPUにきちんとしたパフォーマンスの向上をもたらすはずです。

DirectX 12とVulkanは非同期計算サポートをCRYENGINEにもたらすでしょう。オプションGCNはそれを利用するように設計されていました。

CRYENGINEがNeon Noirと同じ概念で設計されている場合、Radeon GPUにレイトレーシング操作を実行する機能が与えられることがあります。

 

CRYENGINE 5.8 - 今後のアップデート

CRYENGINE 5.8はCRYENGINE 5.7の上に構築されます。

CRYENGINE 5.8では、Multi-GPU DX12構成のサポートが追加されます。

もう1つの追加機能は、NVIDIA Anselのサポートもあります。 CRYENGINE 5.8のその他の追加機能は以下のとおりです。

 

  • RenderObjectのコンパイルをジョブの脅威に遅らせる
  • 距離LODマージ
  • GPU上の植生脊椎アニメーション
  • シェードを計算するためのピクセルシェーダ
  • 命令に依存しない透明度
  • 視差スカイボックス
  • パラメトリックサーフェスサポート
  • 物理的材料ブレンド

 

CRYENGINE - レイトレーシングパフォーマンス

CRYENGINEがレイトレーシング操作とマルチGPU構成をどの程度うまく処理できるかによっては、マルチGPU構成がパワーユーザーにとって実行可能な選択肢になるかもしれません。

CrytekはこれまでAMDのFiji GPU用にほぼ完璧なスケーリングを実装していましたが、レイトレーシングの性質上、これらの種類の操作は複数のCPUコアにも対応でき、複数のGPUに対しても同じように機能します。

ソース:wccftech - CRYENGINE 5.7 Details Unveiled – DirectX12, Vulkan, Raytracing Available Spring 2020


 

解説:

私が注目しているレイトレーシングのハードウェアアクセラレーターが無いGPUでもリアルタイムで実行可能なCRYENGINEのロードマップが公表されたようです。

それによると

2019年夏にVer5.6

2020年春にVer5.7

5.8は時期は未定となっているようです。

元記事の内容を見ると、2019年夏の5.6にはマルチコアCPU向けの最適化が入るようですので、Ryzen+Naviのためにあるようなシステムといった感じです。

2020年春のVer5.7でDirectX12やVulkanに対応し、リアルタイムレイトレーシングの実装が入るようですので、Noir Demoのような非RTX GPUでのリアルタイムレイトレーシングの実行がいよいよ現実味を帯びてきたといえるのではないかと思います。

重要なのでもう一度書いておきますが、CRYENGINEのリアルタイムレイトレーシング実装は2020年の春を予定しているようです。

現時点ではリアルタイムレイトレーシングはデモでしか稼働していないようです。

先日リークしたNaviの詳細では最新GPUとしての実力はいささか心もとないものですが、これで少しはRTX2000シリーズとの差が埋まるのではないかと思います。

参考:AMD Navi GPUの噂:Navi 20ベースのRadeon InstinctはQ1 2020に遅れる、7nm Naviは7 nmVegaのクロックに及ばない、Radeon RX Naviの仕様

何より、PS5と時期を合わせるかのようにリアルタイムレイトレーシングサポートの話が出てくるのは、そういう話は全く聞こえてきませんが、PS5がレイトレーシングと言い出した根拠はCRYENGINEにあるのではないかと邪推しています。(笑

PS5に使われるRyzen3000+NaviのAPUの一番のネックはやはりダイの面積だと思います。

あれもこれもと詰め込むとコストになって跳ね返ってきます。

過去にPS3は1台30,000円前後の赤字で売っていたという話がありますので、可能性が0とは言いませんが、やはり現実的な話としてはレイトレーシングのサポートはソフトウェアというのが妥当な線だと思います。

ソニーやAMDがここにわかりやすく大資金を突っ込んでくれるとはっきりするのですが、残念ながら今のところそういう話は聞こえてきません。

AMDのRadeonだけでなく、CRYENGINEを使えばRTX2000シリーズもレイトレーシング実行速度が上昇するということですので、同様の仕組みを搭載するintelのXeにも恩恵があるのかもしれませんね。

偶然なのか、関係があるのかは現時点ではわかりませんが、丁度、PS5発売の直前あたりにリアルタイムレイトレーシングのサポートが入りますのでCRYENGINEの動向は今後もお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.