その他

Google Stadiaに関する補足

投稿日:

Google Stadiaに関して、以前記事にしたのですが、その時点ではFullHD、60FPSまでという話だったと思うのですが、現時点で4K HDR 60FPSという話が出ているので、補足します。

 

Google Stadia:このサービスでPS5やXbox Scarlettのようなコンソール(ゲーム機)が強制終了されることはありますか?

 

ビデオゲーム機は目に見えない殺人者Google Stadiaに直面するかもしれない。

ストリーミングサービスはまだ開始されていませんが、あらゆる種類のデバイス上で実行するというその約束は、今後のPS5とXbox Scarlettを犠牲にしてゲームの伝統的なモデルの終わりを綴る可能性があります。

Chromeを起動し、コントローラを接続し、あなたの方法に行くことができるのに、なぜゲームをするために高価な箱を買うのですか?

 

昨年副社長としてグーグルに入社したソニーとマイクロソフトの元幹部であるフィル・ハリソンは、次のように述べています。

火曜日にサンフランシスコで開催されたゲーム開発者会議(GDC)でステージ上で述べた。

「Stadiaに対する私たちのビジョンは単純です。私たちが果たすすべての方法のための1つの場所です。」

 

Stadiaについては、サービスの価格など、さまざまな要因が知られていませんが、最初の詳細は厄介です。

200カ国以上のデータセンターがコンテンツを提供するために世界中に7,500を超えるエッジノードの場所を提供しています。

このシステムは、10月にProject Streamという名前で試運転を行い、ブラウザでスムーズに実行されたAssassin's Creed:Odysseyのバージョンをデモしました。

最終版は2019年に発売される予定です。

アナリストらは、Xbox Scarlettが発売され、PS5の発売も近いと予測している。

 

多くの詳細がなくても、Stadiaの発表は任天堂とソニーの株価の急騰を送った、とFinancial Timesが報じた。

Google Stadia:それはコンソールを撃ち負かすことができる?

生の力の面では、グーグルはそれがすでに優勢を持っていると主張している。

Stadiaは、PlayStation 4 Proの4.2テラフロップスとXbox One Xの6テラフロップスに対し、10.7テラフロップのグラフィック処理能力を約束しています。

また、カスタムメイドの2.7 GHzプロセッサと16 GBのRAMも使用します。

今後発表されるソニーとマイクロソフトのコンソールのスペックは不明のままですが、Stadiaのコンピューターの能力をどのようにして遠くのデータセンターのサーバーファームまでたどっているかを考えると、さらにパワーを追加する必要が出たときには、いくつかの制限があります。

 

NetflixとSpotifyが支配する世界では、消費者はストリーミングコンテンツを期待し始めています。

消費者はボタン一つを押してすぐ始められることを非常に好むみます。

ユーザーは自分のデスクトップに最新のグラフィックチップを搭載することを心配する必要がないので、コンソールはすでにPCよりも優れています。

ハリソン氏がYouTubeの視聴者が予告編を見た後すぐにゲームを始めることができる方法を示したので、Stadiaはおそらくこの単純化をまったく新しいレベルに引き上げる。

 

 

Stadiaの移植性も過小評価されるべきではありません。 ハリソン氏は、ユーザーがコンピュータからモバイルデバイスにシームレスにプレイを切り替えて、外出先でも同じゲームをプレイできるようにする方法を説明しました。

ニンテンドーはスイッチと同様の価値提案を提供しており、ユーザーはこれを大画面や他の場所で再生できます。

スイッチはすでにその段階でのPS4よりも多く、そして大成功を収めたWiiと同じ、市販されている36か月で3200万台を販売しました。

 

もちろん、ストリーミングの人気はソニーとマイクロソフトで失われていません。

ソニーは月額19.99ドルのPlayStation Nowサービスを2014年に発売したが、Microsoftは同様のxCloudサービスを発表する予定である。

Sonyは、PS4とWindows PCの両方を介して600以上のPS4、PS3、およびPS2ゲームへのアクセスを提供しています。

つまり、ユーザーは、始めるためにコンソールを購入する必要すらありません。

 

Google Stadia:それはコンソールと比較して失敗するのだろうか?

ディトラクターは、ゲームプレイ中の超高速の反応のための超低レイテンシーを提供するコンソールのシンプルさを依然として指摘します。

Assassin's Creed:OdysseyはStadia上では十分にスムーズにプレーできるかもしれませんが、反応時間が相手を殴るためのほぼすべての目的を達成するApex Legendsラウンドでどのように実行されるのでしょうか。

コンソールは、優位に立って周辺機器をサポートすることもあります。

Stadiaは特別なコントローラを見せ、ゲーマーは自分が好きな入力方法を使うことができると主張したが、モーションコントロールやカメラサポートのような他の入力形式でどのように機能するかは不明である。

PlayStation Moveを使用すると、プレイヤーはSkyrimで刀をつつくことやゴルフクラブを振ることができます。これはStadiaには反映されない可能性がある動作です。

 

バーチャルリアリティの台頭はまた、アキレス腱の働きを証明する可能性があります。

その設計は後日8K解像度と120 fpsをサポートすると予想されていますが、今日それは60 fpsで4K解像度を提供します。

この分野は、ソニーのPSVRやOculus Questなどに関心が高まっていますが、GoogleはVRサポートについては何も言及していません。

たとえそれがVRをサポートしていても、HTCが推奨する90 fpsより下のフレームレートは、ユーザーに悪心(おしん)を感じさせる可能性があります。

※ 悪心とは3D酔い(VR酔い)のことです。

 

コンソールの運命と暗闇の予測は前に間違っていたことが証明されました。

2013年にPS4とXbox Oneが発売される前は、当時急成長していたモバイルゲーム業界は専用ボックスに脅威をもたらす可能性があると警告していました。

Wiredはゲーム機を「死んだ」と宣言し、CNNは「死んだ」と宣言し、Complexはゲーム機の死を分析した。

ソニーは今年1月、PS4が920万台のコンソールを販売したと発表した。これはPS3を上回り、1億200万台を販売した伝説的なオリジナルのPlayStationを追い越すための軌道に乗っている。

コンソールの死の報告は以前には大げさに誇張されていましたが、今後こそそうかもしれません。

これから死ぬかもしれないコンソールにあなたのお金を入れてはいけません。

ソース:inverse.com - Google Stadia: Could the Service Kill Consoles Like PS5 and Xbox Scarlett?

 

解説:

以前、同様の記事を書いたのですが、その時点ではStadiaはFullHD 60FPSとなっていたと思うのですが、今情報をチェックすると4K HDR 60FPSとなっているので、改めて関連した記事を翻訳して解説を行うこととしました。

わざとなのかどうか正直わかりません。

しかし、日本の上場企業にとって都合の悪い記事というのは往々にして最初、意図的に誤報を流して後からこっそり訂正するというのはよくある手法なので覚えておいてください。

メディアリテラシーとして知っておくと便利です。

 

この記事もおそらくアメリカのメディアの記事なので、Googleサイドに立って書かれています。

公平中立な立場で判断するには、EUと中東の英字メディアなどの論調を見る必要があります。

リテラシーの高い方は見てみるとよいでしょう。

当然ですが、その国のメディアはその国の企業寄りの報道姿勢になります。

この世にバイアスのかかってない情報などありませんので、日本のメディアのバイアスのかけ方が間違っているとはわたくしは思いません。

受け手としてどんなふうに受け止めるか、それがすべてです。

 

もし、意図的な情報攪乱だとしたら、ソニーはこのサービスをかなり脅威に思っているということでしょう。

StadiaはCPUにZen2をGPUにRadeonを採用しているようで、Stadiaの発表を受けてAMDの株価が急騰したようです。

 

Stadiaの価格予測

Stadiaの価格は依然として不明のままですが、この記事ではSonyのゲームストリーミングサービスであるPlay Station Nowを引き合いに出しています

Play Station Nowは20ドル前後です。(日本では1か月2,315円、3か月5,463円)

StadiaはおそらくはPlay StationとXboxを標的にしていると思われます。

ゲーミングPCはアウトオブ眼中でしょう(笑

ですので、Play Station Nowの価格は一つの参考になるのではないかと思います。

また、処理能力10.7TFlopsというのもPS5の処理能力をターゲットにしているものと思われます。

おそらく現行PC最高性能の4K HDR処理には及ばないレベルで、あとはゲーム側の設定で補うという感じになるのではと思います。

 

 

問題なのは回線の遅延とどんなタイトルが含まれるかです。

日本が第一次のサービス地域に含まれていないというのは、日本からはロンチタイトルが集められなかったんだと思います。

ソニーが囲い込みをしているのかもしれませんね。

回線の遅延に関しては、固定回線はG-PONが、携帯の回線は5Gが普及すれば解決するものと思います。

それでFullHD144FPSが実現できるのかどうかといったところでしょう。

FullHD144FPSが実現できなければちょっと厳しいのかなと思います。

 

 

また日本というかアジアがサービス地域から除外されたのはおそらく、中国で許可が下りなかったのはではないかと思います。

こちらの理由がメインかもしれません、

中国がサービス地域になるのとならないのでは設備投資に必要な費用が全く違います。

正直言うとGoogleはゲーム事業は素人なので、ロンチタイトルの重要性などを理解していないと思います。

記事中でNintendo Switchが持ち歩けることの強みの例として出されていますが、任天堂には固定ファンと子供たちに絶大な知名度を誇るマリオなどのキラータイトルがありますので、ちょっと話が違うのかなと思います。

入れ物を用意するだけでは覇者にはなりえません。

この辺をGoogleがどのように考えているかですね。

この上で、Stadiaでしかプレイできないキラータイトルを用意すれば勝利は確定していると断言できます。

まあ、このサービスの料金にもよりますが・・・。

Googleは広告が主なビジネスモデルですが、さすがにこれが無料というのはあり得ないと思います。

私がチェックしているバーチャルアイドル(自称)と言い張っている廃FPSゲーマーのゲーム実況者のSiroさんのチャンネルでも紹介されていましたが、プレイしているのが変なインディーズゲームでちょっと不安になりますね。

こういうタイトルをやらせるというのはタイトルがろくすっぽ揃ってないのかなという感じです。

このタイトルを選んだのはバーチャルアイドル(自称)Siroさんの好みだったようですが、広報的にはかなりマイナスです。

ゲーム機の世界は一旦しょぼいというイメージが付くと巻き返すのが難しいです。

こんな程度のタイトルを幾つかそろえてサービスインする予定なら、ゲーム業界を舐めてるとしか言いようがないです。(笑

 

 

しかし、これだけの規模で器を用意した例は過去にありませんので、どうなるかは断言できないです。

結局はどうなるのかは結果を見るしかないのかなと思います。

アメリカなどでサービスインしたらその動向は今後も追っていきたいと思います。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.