その他

Intel:10nmの歩留まりは期待を上回る、7nm Ponte Vecchio GPUは順調

投稿日:

Intelは素晴らしい四半期を過ごしており、同社は製造可能なすべてのチップを文字通り販売しています。

スライドにも貴重な情報がいくつか埋め込まれていることがわかりました。

Intelは、10nmの歩留まりは予想を上回り、2020年にリリースされる少なくとも9つの10nm製品を計画していると公式に述べています。

7nmの主要製品であるIntel Xe Ponte Vecchio GPUは、Q4'21に向けて順調に推移しています。

Intelは2020年に9つの10nm製品を計画しており、期待を上回る成果を上げています

Intelは同じノードにとどまりながらアーキテクチャを改善するのに非常に熟練していますが、14nmが非常に長い間存在していることを考えると、10nmへの移行は切望されており、おそらく会社の歴史のターニングポイントになるでしょう。

以前にいくつかの噂がありましたが(Intelが容易に明らかにした)、10nm HVMが2020年に上陸すると予想されているかは明らかではありません。

※ クリックすると別Window・タブで開きます。

 

Intelはさらに、歩留まりが予想を上回るだけでなく、2020年に合計9つの10nm製品を展開することを明らかにしました。

  • 主なポイントは次のとおりです。
  • 10nmの歩留まりは予想を上回っています。
  • 9つの10nm製品が2020年にリリースされる予定です。
  • Intelは、2020年にウェーハ容量を25%増やす予定です。
  • 2021年第4四半期の7nmポンテヴェッキオGPU。

また、XeベースのPonte Vecchioでの作業は順調に進んでいるように見えます。これは、この技術が最終的にゲーム空間にも浸透するため、ゲーマーにとって朗報です。

Intelの7nm対応のPonte Vecchio GPUは、GPUプレイヤーになるという同社の野望における最初の重要なマイルストーンであり、最初の主要な多様化を構成します。

IntelのDG1 GPUは、おそらく年内に発売される10nm製品の1つです。

他の8つの製品については、CPU側とFPGA / AIベースの製品が混在する可能性があります。

要約:Intel CEOは7nmへのコミットメントを再確認し、10nmで何がうまくいかなかったかを説明します

ボブ・スワンは以前、IntelがどのようにしてAMDにCPU市場シェアの大部分を失い、需要を満たすことができない立場にあるかについての質問に答えました。

(これは、慎重を期してエラーを優先し、常に予備のファブ容量を確保するという古い哲学とは対照的です):

 

ここに到達した方法は、実際には3種類あります。

1つは予想よりはるかに速くなり、CPUとサーバーの需要は2018年に予想したよりもはるかに速く増加しました。

2018年に10%の成長を予測し、21%の成長を予測したことを思い出してください。

良いニュースの問題は、データ中心の企業への変革における製品の需要が予想をはるかに上回っていたことです。

第二に、スマートフォンモデムで100%の市場シェアを獲得し、それをファブで構築することを決定したため、さらに多くの需要を引き受けました。

3番目に、それを悪化させるために、10nmを実現することに失敗しました。それが起こると、14nmというコアの数が増え、ダイサイズが大きくなります。

したがって、これら3つは、私たちが思っていたよりもはるかに速く成長し、モデムを内部に持ち込み、10nmを遅らせた結果、柔軟なキャパシティが得られない状況になりました。
-Intel CEOボブスワン

これのほとんどは古いニュースですが、Intelが容量を満たすことができない理由について確固とした理由を示したのは今回が初めてです-すなわち、スマートフォンモデムを社内で生産することに決めたため、見返りに、CPU側に集中することができなくなりました。

また、Intelが14nmの需要に対応できなくなったのは、もっともらしい説明であり、代わりに22nm製品の拡張に頼らざるを得ません。

何が悪いのかを具体的に説明するように求められたとき、ボブ・スワンは、インテルが業界標準を破る能力に自信を持ちすぎ、結果に苦しんだと認めて、率直に答えました。

ここで「瘢痕組織」と呼んでいるのは、ボブが与えた説明です。

瘢痕組織は本当にムーアの法則から始まりました。

2年ごとに2倍の倍率であり、これは一種の単純な経験則です。

それは非常に長い間機能していました。

そして、40nmから22nmへ、そして14ナノメートルから10ナノメートルへの移行により、物理的により困難になっているにもかかわらず、パフォーマンスの面でより高い水準を設定す

ることにしました。

22から14は2倍の密度ではなく、2.4であり、途中で紆余曲折がありました。

しかし、それはうまくいきました。14から10の間、スケーリング係数を2.7まで上げて、密度とパフォーマンスを向上させることの意味を理解してください。

[問題が見え始めます]

第二に、7ナノメートルについて考えると、2.4スケーリングや2.7スケーリングをしようとはしません。競合他社の3ナノメートルとなる5ナノメートルについて考えると、2.0を歴史的な傾向に戻します。 。

2021年第4四半期の最初の7nm製品では、10 nm付近の課題のもう1つのプラスは、途中で14を改善する方法を学んだということです。

そして、ご存知のように、14 +、14 ++があり、4年間同じノードにいましたが、10に進むにつれて改善し続けるチップのパフォーマンスに変わりはありません。

-Intel CEOボブスワン

Intelが7nmの2倍のスケーリング係数を追いかけ、EUVにも移行しているため、同社は2021年の第4四半期に最初の7nm製品(TSMC 5nmに相当)を導入する準備が整っているようです。

ボブはさらに、2024年下半期までに5nm(TSMC 3nmに相当)を達成する予定だと述べました。

ソース:wccftech - Intel: 10nm Yield Is Ahead Of Expectation, 7nm Ponte Vecchio GPU On Track

 

解説:

Intelが7nmは期待以上の歩留まりが出ていると発言したとのこと。

この記事にも「瘢痕組織」の話が出ていますが、CEOの発言というのかなり多く引用されるのでめったなことは言えませんね。

特にネガティブなことを言うと後々問題になることもあるのだろうなと思います。

さて、この手の話は単に対外的に嘘(ではないが誇張した事実を言っているケース)を言ってる場合と、本当にうまくいっている場合があると思います。

企業の株価対策などもあると思うのであまりネガティブな発言はできないと思いますが、Intelの場合、供給問題で事実と違う認識をずっと述べていたという「前科」があります。

7nmの歩留まりが期待以上だったということが事実でなかった場合、苦しい状況が続くことになります。

しかし、そうでなかった場合、10nmはほとんどスキップして、7nmに集中していくということになるのではないかと思います。

10nmの現状と2020年の予定を見ると劇的に改善されるとも思えず、事実上のスキップになるのではないかと思います。

これが普通の企業だとしたら倒産クラスのダメージだと思いますが、Intelはやはりすごい企業だなと思います。

Cannon Lakeも多少製品は出ましたが、ほぼスキップしたようなものですから、開発費は回収できてないでしょう。

この上、10nmの立ち上げ費用まで回収できないということになれば、普通の企業なら深刻な状態になると思います。

しかし、Intelは10nmと7nmを同時に立ち上げて2正面作戦ができるくらいの体力があるということですね。

もちろん、Intelの言っていることが株価対策のポジショントークではなく、真実であればの話です。

実はわたくしが若かりし頃、ATARIという会社が、jagurというゲーム機を出していました。

jagurは全く売れてなかったのですが、ATARIの社長は雑誌のインタビューで「jagurは絶好調!世界をとれるよ」とゲームハードから撤退するまで発言していました。

そんなはずはないよなと当時わたくしは思っていましたが、ほどなくしてATARIはゲームハードから撤退しました。

トップが後ろ向きな発言をするといろいろ影響が出ますので、仕方ないことなのかもしれませんが、ポジショントークというかバイアスのかかった発言というのはありますので、動向には注意しておいたほうが良いです。

この書き方だと伝わらないかもしれませんからもっとはっきり書くと、客観的な証拠が出そろうまでは信用しないほうがいいです。(笑

IntelはXe GPUは素晴らしい製品になるといっていますが、第一世代のXeはAIBがどこも手を上げず、リファレンスモデルのみとなるのは性能・製造・サポートなどの総合的な性能のどこかでRadeonやnVidiaに劣っている可能性が非常に高いということです。

これも実際に出てみないと評価できないものの一つでしょう。

 

第10世代intelCore i5/7/9シリーズ

ロック解除モデル

 

通常モデル

Core i9-10900

 

Core i7-10700

 

Core i5-10600

Core i5-10500

Core i5-10400

Core i3-10320

Core i3-10300

 

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.