GPU情報

NVIDIAは、RTX GPUのグラフィックス・ドライバーに、今より多くのAI最適化を組み込むかもしれません。

投稿日:

NVIDIAは、今年リリースされる将来のグラフィックスドライバ内にAI最適化を組み込むと噂されており、多くのものの中でGPUの利用を強化することができます。

NVIDIAは、Tensor コア 'RTX' GPUのためのグラフィックスドライバ内にAI-最適化を組み込む

人工知能(AI)は、技術的な進歩、特にソフトウェアやPCコンポーネントへの新しい科学的発見や医薬品の発見において、人気のある流行語になっています。

PCコンポーネントが、グラフィックス、すなわちNVIDIAのGame Ready Driversに、より深く関与するための土台を築くことができたとしても、ほとんど驚くことはありません。

この記事はあくまで噂であり、NVIDIAを通じて確認されたものではないことをご留意ください。

NVIDIA Game Ready Driversライブラリは、何百もの次世代ゲームや、いくつかの古いタイトル(Quake RTXやPortal RTX)におけるパフォーマンスと品質の向上に貢献しており、NVIDIAが昨年行った人工知能との方向性に関する主張を裏付けていることが示されています。

この面では、AIはパフォーマンスやその他の関連する指示やタスクを支援し、ゲームがより少ないグラフィックの干渉でよりスムーズに動作し、CPUからすべてではないにしてもいくつかの負荷を取り除き、その情報をより良く、あるいはより多く処理できるようになる可能性があります。

もっと頑張れば、もっと良くなる。より速くすることで、より強くなる。今まで以上に、何時間経っても、仕事は終わらない。

- より懸命に、より良く、より速く、より強く by Daft Punk

CapFrameXは今朝、今年中に発売されるであろう、おそらく予想よりも早い時期に、NVIDIA Game Ready DriversをAI強化で最適化する次期ドライバについてツイートしています。

なお、Twitterのリーク者は、これを噂として掲載しており、将来の可能性として扱う必要がある。

これらの強化は、別のスイートを介して行われるのか、AI Tensorコアに大きく依存するDLSSなどの現在のRTX技術内に追加されるのかは、まだわからないままだ。

NVIDIAは、さまざまな改良を加え、今四半期末までにDLSSのメジャーアップデートを提供すると約束した。

AMDはまた、最近のRyzen 7040「Phoenix」APUがXilinxベースのAI技術を活用してMLとDNN機能を高速化する一方で、今後のFSR 3技術でAI技術を活用する予定である。

この新しいドライバの進歩は、コンピュータの一部分に指定されたオーバーヘッドを持つだけでなく、システム全体を通じて特定のレイテンシ強化とアップスケーリングを強化するAMD Radeon Super Resolutionを利用することになります。

NVIDIAは、Tensorコア設計の登場により、AIイノベーションの最前線に立っており、このニュースが本当に真実であれば、これらのコアは重要な役割を果たすと思われます。

繰り返しになりますが、これは推測の域を出ないため、どのように動作するのか、どのようなハードウェアが必要なのかは不明です。

ソース:wccftech - NVIDIA Might Incorporate More AI-Optimizations In Its Graphics Drivers For RTX GPUs

 

 

 

解説:

nVidiaがAI最適化をドライバに組み込むという噂

この最適化がどのようなものなのかちょっと不明です。

また、最適化が本当に行われるのかどうかと言うのもわかりません。

あくまでも噂と言うことです。

これが現在のAI機能に関する私の意見です。

かなり保守的ですが、現在のところ、私はラスタライズ性能でシリコンの価値を判断しています。

理由は

  • 最もAI機能に親和的なDLSSがnVidia専用である(他社との比較ができない)
  • アップスケーラーが三社三様の技術になっており、横断的な比較が難しい
  • AIハードウェアアクセラレーター同士の性能を比較するような指標がない

と言うことにつきます。

画質についてもはっきり比較できる程度の指標がなく、最後は見る人の好みと言うことになろうかと思います。

AI機能を使ったアップスケーラーが最新技術の塊であるが故にオープンにはなっていませんし、オープンになっているFSRはAI技術が使われていません。

XeSSもAIハードウェアアクセラレーターを使っておらず、どんなに優秀なレビュワーが自作のソフトを公開してAI機能をベンチマークしても三社に跨る横断的な比較は現時点では難しいと思います。

 

ただし、この分野ではnVidiaが抜きんでており、かなりリードしていることは確実だと思います。

私は誰も目にもわかるような結果が出るとしたらRTX5000シリーズからだと思います。

理由は「その歴史で最も性能が飛躍する世代」と言われているからです。

誰の目にもわかるような差が付くとしたらこの世代からかなと私は思っています。

AMDとIntelはプロセッサにAI機能を搭載してnVidiaに遅れている自社の技術を普及させようとしているように見えます。

こちらは、x86のプラットフォームを持たないnVidiaにはできない芸当でしょう。

CPUにAI機能を搭載し、AMDの場合、Vitis AIのような環境を通じてGPUのAI機能と一本化して普及を図るというアプローチのように見えます。

私の解釈に間違いがあったら指摘してください。

これでどこまでnVidiaに迫れるのか注目したいところです。

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

created by Rinker
AMD
¥12,800 (2023/02/03 13:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥9,367 (2023/02/03 13:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.