GPU情報 その他

NVIDIAとAMDのGPU価格の回復が止まり、グラフィックカードが再び高価になり始めるが、持続的な入手が可能になる

投稿日:

NVIDIAとAMDのGPUを搭載したグラフィックカードは、今期初めに回復の兆しを見せた後、再び高価になっています。

3DCenter社の最新レポートによると、GPUの入手可能性は持続可能なレベルに達しているものの、主要な価格問題はまだ解決されておらず、グラフィックスカードの価格は上昇傾向にあるとのことです。

GPUの価格が再び上昇に転じたことで、NVIDIAの価格回復は停止し、AMDグラフィックスカードも高額になっている

第2四半期の初めに、AMDとNVIDIAの両社は、GPUの供給量と、それに伴う現世代のグラフィックスカードの価格において、最大の回復を見せました。

それ以来、AMDとNVIDIAの両社は、希望小売価格の50~60%程度の価格を維持しています。

これは、まだ当初の価格には遠く及ばないものの、わずか4分の1前に店員や小売業者が要求していた2~3倍の値上げに比べれば、それほど悪くはありません。

https://twitter.com/3DCenter_org/status/1432251491583021057?ref_src=twsrc%5Etfw

GPU市場は、最近のマイニングブームやCOVID-19の供給制約が業界の足かせとなって以来、回復しようとしてきましたが、その回復が止まり始めていることを3DCenterが最新の統計で報告しています。

8月初旬と比較して、NVIDIA製グラフィックスカードは59%(対50%)、AMD製グラフィックスカードは64%(対59%)の価格になっています。

わずかな上昇ではありますが、NVIDIAの下落傾向を打ち破り、2021年5月以降では最大の価格上昇となっています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

また、今月中はまずまずの入手可能性が維持されているものの、NVIDIAおよびAMDのGPUを搭載したグラフィックスカードは依然として不足していることが報告されています。

Radeon RX 6800」、「Radeon RX 6800 XT」、「Radeon RX 6600 XT」、「GeForce RTX 3070 Ti」、「RTX 3090」などの特定のSKUが入手困難になっています。

AMD Radeon RX 6800(Non-XT)は、今一番手に入りにくいカードなので、もう存在しないも同然です。

Big Navi RX 6800シリーズも、希望小売価格の+95%以上の価格で、最も上乗せされています。

AMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカード価格(RDNA 2 GPU) 3DCenterより:

小売業者名RX6600XTRX6700XTRX6800RX6800XTRX6900XT
Curmudgeon526-630€795-1192€1846€1149-1778€1399-2099€
Alternate489-519€809-969€1129€1214-1289€1399-2099€
case king536-565€833-999€-1267-1474€1499-1789€
Computeruniverse521-529€763-980€--1259-1612€
Equippr607€----
Galaxus-850-891€1228-1663€1315€1549-1602€
Hardwarecamp24-809-889€--1589€
Mindfactory-799-839€-1149-1249€1399-1649€
Notebook cheaper-879€-1249€1499-1799€
ProShop460-550€829-879€-1499€1449-1940€
小売価格380€479€579€649€999€
上乗価格
(小売価格
超過分)
from + 21%from + 59%from + 95%from + 77%from + 26%
前回報告時
からの変化
-+15PP+14PP–1PP–7PP
入手性34134

※ 入手性は5段階評価で数字が大きいほど入手しやすく、小さいほど入手しづらい。

 

NVIDIA社では、「RTX 3090」や「RTX 3080 Ti」などのフラッグシップグラフィックスカードが希望小売価格の30%以下となっていますが、「RTX 3080」、「RTX 3070」、「RTX 3060」の3機種はいずれも70%前後となっており、状況は悪化しています。

以下は、NVIDIAによる価格の内訳です。

NVIDIA GeForce RTX 30シリーズグラフィックスカードの価格(Ampere GPU) 3DCenterより:

小売業者名RTX3060RTX3060TiRTX3070RTX3070TiRTX3080RTX3080TiRTX3090
Curmudgeon549-810€659-870€879-1639€999-1249€1249-2436€1539-1999€2279-3454€
Alternate589-754€659-779€919-1099€949-1149€1299-1529€1549-1799€2329-2599€
case king621-692€697-797€--1368-1476€1572-1862€2433-2840€
Computeruniverse-----1427-1538€2352€
Equippr-----1599€-
Galaxus629-1280€751-809€-999-1300€1468-1500€1549-1999€2500-2719€
Hardwarecamp24599-649€679-699€989€1039€-1589-1749€-
Mindfactory549-649€669-739€899€--1539-1779€-
Notebook cheaper569-619€719-749€899€-1249-1349€1549-1849€-
ProShop569-769€799€949-1099€949€1449-1499€1400-1999€1999-2699€
小売価格329€419€519€619€719€1199€1549€
上乗価格
(小売価格
超過分)
from + 67%from + 57%from + 69%from + 53%from + 74%from + 17%from + 29%
前回報告時
からの変化
+7PP+7PP+17PP+8PP+7PP+1PP+7PP
入手性4433343

※ 入手性は5段階評価で数字が大きいほど入手しやすく、小さいほど入手しづらい。

 

https://twitter.com/TechEpiphany/status/1431972529888022529?ref_src=twsrc%5Etfw

ゲーム用GPUトータルセールス 34週目

  • Nvidia 2270台 = 67.66%
  • Radeon 1085台 = 32.34%

Radeonのトップ5販売ブランドライン

  • RX 6700XT 12GB = 550台
  • RX 6600 XT 8GB=310台
  • RX 6800 XT 16GB=90台
  • RX 6900 XT 16GB=75台
  • RX 6800 16GB=50台

Nvidiaのトップ5販売ブランドライン

  • RTX 3060 TI 8GB = 590台
  • GTX 1660 Ti 6GB = 325台
  • RTX 3080 10GB = 265台
  • RTX 3080 Ti 12GB = 240台
  • RTX 3060 12GB = 225台

 

最近の報道によると、COVID-19の規制により、NVIDIAおよびAMDのGPUを搭載したグラフィックスカードの生産が再び制限され、回復の妨げになる可能性があります。

GeForce RTX 3060シリーズやRadeon RX 6600 XTなどのメインストリームのグラフィックスカードは、この影響を大きく受ける可能性があります。

さらに、TSMC社は、RDNA 2グラフィックスカードが搭載されている7nmチップの価格を引き上げると予想されています。

7nmノードの価格が10%上昇すると、GPUの製造をTSMCに依存しているAMDのグラフィックカードの価格がさらに上昇する可能性があります。

一方、NVIDIAは、サムスンの8nmノードに依存しています。サムスンはTSMCとは異なり、AMDや他のチップメーカーからの様々な注文で7nmの生産能力がフル稼働していないため、AMDのRadeon RX 6000シリーズのラインナップよりも優位に立っています。

にもかかわらず、NVIDIAのグラフィックカードの需要は増加傾向にあり、GeForce RTX 30シリーズは、現時点では暗号マイニングの観点から最も収益性の高いラインナップとなっています。

LHRはゲーミングカードの初期在庫が採掘者の手に渡らないようにしたかもしれませんが、最近のNBMinerのアップデートを見ると、長くは救われないように思えます。

AIBがどれだけグラフィックスカードを生産できるかに関わらず、ゲーミンググラフィックスカードの需要は非常に高く、暗号マイニングが緩和されないことから、複数のアナリストやNVIDIAのジェンセンCEOは、2022年になっても供給の制約が続くと考えています。

ソース:wccftech - NVIDIA & AMD GPU Prices Recovery Halts As Graphics Cards Start Getting Expensive Once Again But With Sustained Availability

 

 

解説:

欧州でのGPU価格の推移を3DCenter.orgが出しています。

それによるとAMDのRX6800無印は入手が難しくなっており、その他のモデルは多かれ少なかれプレミアが付いているようです。

そのプレミア価格は1.5-17倍弱程度となっています。

入手性についてはかなり改善されていて、特にnVidiaのGPUに関してはどのモデルも買えないということは無くなっています。

ただし、残念ながらnVidiaのRTX3060などは上乗せ分のプレミアが若干高めになっており、ミドルレンジの恩恵があまり感じられなくなっています。

AMDに関してはRX6600XTはプレミア上乗せ分が小さくなっており、RTX3060よりも性能が高いこともあって、欧州ではこちらの方がお得感が高くなっているようです。

残念ながら、前回の調査時よりも価格は上昇傾向にあり、この状況はすぐには改善することは難しいようですね。

これからクリスマス商戦に入り、需要が高まってきますので、これ以上価格が下がることは考えられず、今年は1.5-1.7倍のプレミア価格で購入せざるを得ないようです。

モデル2年目になる来年は多少の値下がりを期待したいところです。

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

RTX3080Ti

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

 

RTX3060 12GB GDDR6

約55,000円~60,000円程度

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.