GPU情報

NVIDIAは、GeForce RTX 4090 16ピンアダプタとコネクタの問題を迅速に解決するためにAIBパートナーと協働しています。

投稿日:

Igors LabのIgor Wallossekは、NVIDIAとそのAIBが、差し迫ったGeForce RTX 4090 16ピンコネクタ問題の解決策を見つけるために24時間体制で取り組んでいると報告しています。

NVIDIAとAIBは、GeForce RTX 4090の16ピンアダプタとコネクタの問題を調査し解決するために協力します。

数日前、NVIDIAのGeForce RTX 4090グラフィックスカードに搭載された新しい16ピンコネクタが燃えて溶けるという最初の数事例を報告しました。

この問題は、PCI-SIGが大きな熱分散を引き起こし、損傷につながると明言していた35mmのクリアランス内の曲がりが原因であると以前は考えられていました。

しかし、ここ数日、技術業界のさまざまな専門家によるテストにより、何が起こったのか、より多くの手がかりが得られています。

TecLabとGALAXのOCチームのRonaldo Buassaliは、2つのライブストリームを開催し、16ピンコネクタのデモと、最大1530W(持続)のさまざまな負荷によるストレステストを実施しました。

彼は、16ピンケーブルの不適切な接続が大きな温度差をもたらすことを発見し、それが実際にアダプタで起こっている可能性があることを発見しました。

ユーザーがアダプターを曲げると、一部のケーブルが緩み、不適切な接触につながる可能性があります。

これは、熱的なばらつきの原因となり、接続不良が100℃以上の温度を引き起こし、一定期間または長時間の使用でプラグが溶けて損傷する可能性が十分あることが既に確認されています。

NVIDIAは今朝、すべてのAICに通知しました...すべての破損したカードは、故障分析のためにHQに直接送られる必要があります、これは初めてのことです...数年前に2080 Tiがマイクロンチップで問題を起こしたときでさえ、彼らはこんなことはしなかったのです。

Igor's Labより

NVIDIAがこの問題の早期解決に向けて、そのAIBに積極的に参加していることは良いことです。

この問題を報告した最初のグラフィックカードの所有者も同じことを述べており、NVIDIAはGigabyteに破損したグラフィックカードの提供を依頼し、ユーザーはGigabyteから交換品を受け取ることになるそうです。

NVIDIAは、これが深刻な問題であることを認識しており、これを解決し、何が問題だったのかについてさらなる説明を提供するために最善を尽くしているところです。

イゴールも独自にテストを行い、主な原因はNVIDIAが提供する16ピンアダプタにあることを突き止めました。

https://twitter.com/aschilling/status/1584919236736081923?ref_src=twsrc%5Etfw

NVIDIAが提供する16ピンアダプタの各ケーブルの接点は簡単に緩むことがあり、このアダプタだけでなく、特定のATX 3.0 PSUでも同様の問題が発生する可能性があります。以下は、Igorが提供する概要です。

  • 12VHPWRの接続や、抜き差しの繰り返しが問題なのではありません。
  • ブランドメーカーの標準規格に準拠した電源ケーブルは、今のところ影響を受けていません。
  • 現在のところ、NVIDIAの付属品である4x8pinのアダプターが引き金となっており、その品質が悪いと故障の原因となり、すでに1件の被害が発生しています。
  • アダプタの12VHPWRコネクタの6ピンに4本の14AWGリード線をそれぞれ分割して、かなり細いブリッジにハンダ付けすると、リード線の端がハンダ接合部で折れることがあり危険です(ねじれや数回曲げた場合など)。
  • アダプタのコネクタで直接曲げたり、よじったりすると、はんだ接合部やブリッジに負担がかかり、断線することがあります。
  • ピン間の内側のブリッジが薄すぎて(結果的に断面が)、接続された4本の12Vラインではなく、2本または3本の12Vラインの電流の流れを補償することができない。
  • NVIDIAはすでに事前に報告を受けており、データと写真もbe quiet!から直接R&D部門に提供されました。

しかし、PCI-SIG自身が、長時間あるいは持続的に使用した場合、10~30時間程度でダメージが生じ始めると述べているのに、自分のカードで数時間の曲げテストを行い、問題がないように見せかけようとしている人たちがいます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

私のRTX 4090のサンプルは、テストを始めてから3つとも問題なく動作していると断言できますが、上記のケースで溶融に至った状況を100%再現することはできません。

実際に何が起こっているのかを評価するには、長時間のテストとデータが必要で、NVIDIAが公式な調査結果を発表する前に、イゴールやロナルドといった実際の専門家がこれらの事象に対処するために素晴らしい仕事をしてくれています。

ソース:wccftech - NVIDIA Is Working With Its AIB Partners To Quickly Resolve GeForce RTX 4090 16-Pin Adapter & Connector Issues

 

 

 

解説:

12VHPWRのケーブるはやはり取り回しに問題あり。

12VHPWRはやはりテストが十分ではなかったようで、取り回しに問題があるようです。

配線するにあたってはケースの大きさやマージン、レイアウトなどによってどのようにケーブルを曲げるかが決まると思いますが、RTX4090を取付する際はかなり余裕のある十分大きなケースでない限りはこのようなトラブルに逢う可能性があるようです。

こういったトラブルは初物にはつきものだと思います。

怖い方はしばらく様子を見た方がよいでしょう。

新規格の製品と言うのは使い勝手を追及されるようになるまでに数年の時間を要します。

最初はどの製品も「使えるだけで充分」と言うところからスタートします。

ケーブルマネジメントのし易さを求められるまでには時間がかかるということになります。

今回の件で言えば、電源側にも問題が発生する可能性があるようですね。

代理店に直接卸している小売店から販売された製品で無い限りは中古の個人売買扱いになり、サポートを断られることもあります。

PCパーツの新製品は転売屋からは絶対に買わないようにしましょう。

PCパーツにおいて、転売は新品についている代理店保証を切った上で高嶺販売するという迷惑行為になります。

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.