CPU情報

AMD Ryzen 7 7800X 10コア/5.4GHzとRyzen 3 7300X 4コア/5.0GHzのCPUスペックとベンチマークがリークされる

更新日:

※ こちらの記事はフェイクであることが確認されました。

 

 

AMD Ryzen 7 7800XとRyzen 3 7300Xは、それぞれ10コアと4コアのCPUとしてGeekbench 5に掲載されました。

AMD Ryzen 7 7800X & Ryzen 3 7300X、Zen 4の10コアと4コアのCPUがGeekbench 5でリーク

AMD Ryzen 7 7800Xは、Ryzen 7 7700XとRyzen 9 7900Xの間に挟まれるようなCPUだ。Geekbenchのデータベースには、10コア20スレッドを組み込んだCPUが報告されている。

これはAMDのコンシューマ向けCPUではあまり一般的な構成ではないが、チップメーカーは今年、Ryzen 5000 Embeddedのラインアップの一部として10コアのZen 3チップをリリースしている。

AMD Ryzen 7 7800X CPUのその他のスペックは、ベースクロック4.5GHz、ブーストクロック5.4GHz、最大64MBのL3キャッシュを搭載。

キャッシュとコア数は、他のRyzen 7およびRyzen 5チップが搭載しているシングルCCDデザインとは対照的に、デュアルZen 4 CCD構成を示唆しているようです。

このCPUは、Gigabyte B650 AORUS Elite AXマザーボードに64GBのDDR5メモリを搭載してテストされた。

一方、AMD Ryzen 3 7300X CPUは、4コア8スレッドのみのエントリーレベルのパーツとなるようだ。32MBのL3キャッシュを搭載し、ベースクロックは4.5GHz、ブーストクロックは5.0GHzとなる。つまり、Ryzen 7000デスクトップファミリーの中で最もエントリーなチップでも、5GHzのクロックが得られるというわけだ。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

性能面では、AMD Ryzen 7 7800X CPUは、シングルコアで2097点、マルチコアベンチマークで16163点を記録した。

シングルコアのスコアは7700Xより若干低いものの、マルチコアテストでは7700Xを最大12%上回るスコアを記録しています。

また、マルチコアテストではIntel Core i5-13600Kよりも高速に終了しています。

AMD Ryzen 3 7300Xは、シングルコアテストで1984点、マルチコアテストで合計7682点を記録しています。

これは、マルチコアテストではRyzen 5 5600Xとほぼ同等だが、シングルコアテストではかなり速い。

 

 

 

Ryzen 7 7700Xに比べると物足りなさを感じるのは、このチップがまだ初期サンプルである可能性があるからかもしれない。

両CPUのクロックは5.4GHzと同じなので、シングルコアの数値は同等になるはずだ。

AMDは今のところ、Ryzen 7 7800Xや10コア製品の計画をまだ明らかにしていませんが、同社は間もなくNon-X CPUを発表し、さらにRyzen 7000Xチップも登場させる可能性があります。

AMDがこれらの新パーツをどのように位置づけるかは、間違いなく興味深いところです。

Ryzen 3 7300Xは、200ドル以下の価格帯になることは間違いなく、Ryzen 7 7800Xは、400ドルから500ドルの間になるはずです。

また、AMDは、CES 2023年頃に比較的近い時期に登場する3D V-Cacheプロセッサーのために、ある程度の余裕を残しておきたいと考えているようです。

AMDは、Ryzen 7000のオプションを増やして顧客を誘惑し、AM5プラットフォームへのアップグレードを促したいと考えているように見えます。

現時点では、発売から1ヶ月しか経っていないAMDのCPUがすでに割引価格で販売されており、Ryzen 7 7700Xは395USドル以下から購入可能です。

AMD Ryzen 7000 Raphael デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC 最大)
キャッシュTDP価格 (不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB
(64+16)
170W$699 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB
(64+12)
170W$549 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm10/204.5 GHz5.4 GHz74 MB
(64+10)
不明不明
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB
(32+8)
105W$399 US
AMD Ryzen
7 7700
Zen 45nm8/163.8 GHz5.3 GHz40 MB
(32+8)
65W不明
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB
(32+6)
105W$299 US
AMD Ryzen
3 7300X
Zen 45nm4/84.5 GHz5.0 GHz36 MB
(32+4)
不明不明

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 7800X 10 Core at 5.4 GHz & Ryzen 3 7300X 4 Core at 5.0 GHz CPU Specs & Benchmarks Leak Out

 

 

 

解説:

Geekbench5データベースで7800Xと7300Xが発見される。

これによると7800Xは10コアで7300Xは4コアです。

全く話に上がっていませんでしたが、10コア、4コアのモデルが準備されているようです。

Zen4も世界的にはRaptorもあまり売り上げは芳しくないようです。

そのためなのかこういった今まで発売されていなかったモデルも含めて準備されているようです。

10コアに関してはIntel対策なのだと思います。

しかし、4コアに関しては完全にローエンド向けですから、発売と同時にA620を出さない限りはあまり意味が無いのかなと思います。

Intelの場合、H610やH710と言ったローエンドチップセットが必ずワンセットで発売されているため、低価格帯もすべてカバーしています。

AMDは300シリーズ、400シリーズ、500シリーズと世代を経るにつれ、価格が上がっていきました。

AM4時代は価格的にかなりこなれているB450と言う名チップセットがありましたので、低価格帯も万全でしたが、AMDがAM5において100ドル前後の価格帯を無視し続けるならば、いくら安価なCPUを発売してもユーザーは付いてこないでしょう。

必要なのは100ドル台のB650無印と100ドル以下のA620マザーだと思います。

7700無印、7800X、7300Xの発売日がいつになるのかわかりませんが、同時に低価格帯のマザーも出さないことには話が始まりません。

4コア、6コアと言った低価格帯はRembrandtやPhoenixPointをうまく活用していった方がいいのかなと思います。

Zen2があまりにエポックメイキングだったため、価格、コスパが全て揃っていない限りはあのような熱狂にはならないのではないかと思います。

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

(AMD 100-100000926WOFはRyzen 7 5700Xです)

created by Rinker
AMD
¥11,869 (2022/11/26 13:13:57時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥10,404 (2022/11/26 13:18:02時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

 

 

<span style="color: #ff0000;">※ こちらの記事はフェイクであることが確認されました。</span>

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.