GPU情報 その他

NVIDIA:全GPUの3分の2はRTXであり、Intelの供給問題の影響を受けない

投稿日:

これは、Credit Suisse Annual Technology Conference 2019でのNVIDIAのプレゼンテーションの記事の第2部です。

NVIDIAのCFOコレット・クレスは、そこにいるアナリストとかなりの数のトピックについて議論し、その一部は会社に関する重要な情報を補っています。

同社はまた、RTXベースのグラフィックスカードが売り上げのどれだけを占めているかを初めて明らかにしました。

 

NVIDIA:販売されているすべてのGPUの3分の2はRTXベースです

NVIDIAのチューリングベースのRTXシリーズがより高いASPを検討している牽引力について多くの質問がありましたが、会社は最終的に質問に回答したようです:かなり良い。

コレットはRTXベースのグラフィックスカードについて質問を受けました。これはアナリストに対する彼女の回答です。

 

デスクトップで販売しているボード全体では、その3分の2がレイトレーシングに対応しています。

ですから、私たちはそれを市場で採用することに本当に満足していますし、もちろん、成長する余地は絶対にあります。

あらゆる種類の価格帯と、ゲーマー全体のあらゆる種類に適合するカードがあります。

そのため、レイトレーシングに参加するには、全体的に100ドルのカードを購入するのと同様に、最大1000ドルまでのカードを購入することができます。

将来のレイトレーシングは、ゲームとPCゲームの基盤となります。

ですから、私たちはまだ初期段階にあり、PCゲーム機などだけでなく、将来的に見られるレイトレーシングの量は、ゲーム市場全体を刺激し続けるでしょう。 -コレット・クレス、NVIDIA CFO

これは、RTXシリーズが経済的にうまく機能せず、十分な牽引力を得られないという憶測を和らげるはずです。

出荷されたすべてのボードの3分の2がRTXベースの場合、これはレイトレーシングにとって大きな勝利です。

NVIDIA:高価なグラフィックカードの販売は優先事項ではありません

次の質問は、NVIDIAがハイエンドの顧客セグメントのみに焦点を合わせているかということです。

RTXグラフィックカードは非常に高価であり、誰もがすぐに購入できるわけではありません。

RTXがNVIDIAの生計を立てるのに必要な製品になるには、平均販売価格を下げる必要があり、これはまさにアナリストがコレットに尋ねた質問です。

これに対する彼女の反応は:

平均販売価格は重要ですが、あらゆる種類のゲーマー向けにカードのポートフォリオを保持していることを忘れないでください。

そうではありません-これは、ハイエンドだけが必要な業界ではありません。

ゲームに興味がある人なら誰でもこの市場に参入できるようにしたいと考えています。

私たちが見たのは、ゲーマーは10代から始めており、40歳を過ぎてもとどまっているということです。

つまり、私たちのポートフォリオにはさまざまな種類の裁量収入があり、彼らは最高のものを得るために、NVIDIAを選択します。

私たちは市場のハイエンドの部分を保持し続けました。それは非常に重要です。

なぜなら、それらは私たちがゲームの未来であると信じるものをデザインするのを助けているものだからです。 -コレット・クレス、NVIDIA CFO

これは、驚くべきことではなく、NVIDIAがすべての価格帯に自然に集中することを考えると、同じ注意だけでなく、啓発的な反応ではありません。

しかし、NVIDIAはハイエンドGPUセグメントを優先事項とは見なしていないことを知って心強いです。

 

NVIDIA:インテルの供給問題の影響を受けません

アナリストが尋ねた別の興味深い質問は、NVIDIAが歴史的にIntel CPUがNVIDIA GPUでパッケージ化されていると考えているIntelを悩ませている供給問題と何らかの相関関係があるかどうかでした:

全体的なCPU不足について、おそらく約1年間話し合っています。

私が思い出すのは、デスクトップとノートブックのどちらにいるのかという観点では、よりハイエンドのシステムにいる傾向があります。

OEMSは一般的に、より多くのハイエンドもターゲットにしていることがわかります。

そのため、この四半期ではCPU全体の不足による実際の影響はありません。

第4四半期に入ると、私たちが知っていることを考慮し、ガイダンス(業績予測)にも組み込まれます。 -コレット・クレス、NVIDIA CFO

しかし、ここに問題がありますが、ハイテク業界を密接に追いかけてきた人なら誰でもこの答えは驚くことではないでしょう。

Ryzen CPUは現在、NVIDIA GPUで非常に高い接続率を獲得しており、Intel側の不足はAMD側からすぐに埋められます。

ただし、NVIDIAの投資家にとっては、Intelの供給問題の影響をそれほど受けていないことを知っておくとよいでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA: Two Thirds Of All GPUs Are RTX, Not Impacted By Intel Supply Issues

 

解説:

IntelのCPUが無いなら、Ryzenを使えばいいじゃない  by nVidia

nVidiaの財務担当がGeforceはIntel CPUの供給不足の影響はないと言っています。

Ryzen3000シリーズと組み合わされるGPUは依然としてGeforceが多いということが言いたいのだと思います。

RTX搭載カードの割合は2/3を占めていると言ってていますが、本当かな?という感じです。

実際にはGTX1650が一番売れてると思うのですが、違うんですかねえ。

いずれにしても7nm GPUであるNaviが発売されてもビクともしないGeforce帝国は当面安泰のようです。

一強独裁だったCPUはRyzenという強力なライバルが登場して、大きく進化し価格も下がりました。

KabyLakeまで、最高性能だつた4コア8スレッドはすでにミドルレンジ以下になりつつあります。

GPUでも同様の競争が起きるように、AMDでは是非頑張ってほしいところ。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090

価格は220,000~250,000円前後です。高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3090 24GB amazon検索リンク

 

 

RTX3080

価格は約100,000円前後です。2-3倍の高額な転売品にご注意ください。転売品には保証がありません。

nVidia Geforce RTX3080 10GB amazon検索リンク

 

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6

 

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1600SUPER

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.